Destiny 2 更新8.0.0.1

2024年6月月4日 - The Destiny 2 Dev Team

アクティビティ

クルーシブル

  • 対戦モードでは、補給箱システムが混合型の「1-1-1」特殊ウェポン弾システムに置き換えられます。このシステムは、今後他のプレイリストでも導入されます。
  • 対戦のバランスを改善するために、「カウントダウン: ラッシュ」の「炎の祭壇」と「死の崖」のスポーンを調整。
  • 追加オプションのサポートと実用性を向上するために、プライベート対戦画面を更新。
  • 成功と失敗をより明確にするために、対戦モードでのランク昇格と防衛成功時のお祝い通知の効果音を更新。
  • レリックでレリックバーが正しく進行していない問題を修正。
  • プライベート対戦で間違ったアクティビティ戦闘条件が表示される問題を修正。

影の砦

  • ミッション「彼方」でアクティビティが正しく進行せず、プレイヤーが先に進めなくなる問題を修正。

ウォーロードの旧跡

  • 「ウォーロードの旧跡」でプレイヤーが嵐に凍結された時に、効果音が正しく再生されない問題を修正。

クロタの最期

  • 挑戦「集いし力」と関連する勝利の道のりが完了できない問題を修正。

パンテオン

  • パンテオンのエンブレムがコレクションのレイドカテゴリではなく、全般カテゴリに表示される問題を修正。

UI/UX

全般

  • ゲームプレイ中に、セリフの字幕の前に、話している人物の名前を表示するオプションを追加。
    • このオプションは、デフォルトでオフになっています。有効にしたい場合は、オプションメニューでオンに切り替えてください。
    • シネマティックの字幕はこの機能に影響されません。
  • ナビゲーターに儀式アクティビティの評価ブーストの情報を追加。
    • ナビゲーター(バンガード作戦、クルーシブル、ギャンビット)の画面上にある儀式ノードにカーソルを合わせると、有効な評価ブーストが表示されます。
  • 迷宮の統計記録がエンブレムに表示されない問題を修正。

ファイアチーム検索機能

  • アクティビティの再選択ボタンを使いやすくするために、ボタンの配置とビジュアルを改善。
  • 「クルーシブル研究室」のファイアチーム検索機能のロビーにアクティビティの最大参加人数が入れない問題を修正。
  • ファイアチーム検索機能の一部の申請で、プレイヤーのステータスが正しく表示されない問題を修正。

ガーディアンランク/旅路画面

  • 視認性と機能性を向上するために旅路画面とガーディアンランクのアイコンを更新。
  • ガーディアンランク目標「特別な存在」の称賛スコアの必要条件が正しくない問題を修正。

クエスト

  • クエストログにマイルストーンを追加。
    • マイルストーンはプレイヤーのクエスト/バウンティの最大所持数にカウントされません。
  • 追跡しているクエストは、次にクエストログをリロードしたときに、各カテゴリの一番上に固定されます。
  • 特定のクエストタブをデフォルトに設定するオプションを追加。
    • デフォルトのクエストタブは、クエストタブがロードされた時に、一番最初に表示されます。
  • クエストをクエスト詳細画面から直接開始できるかを示すクエスト専用のポップアップを追加。

ゲームプレイとインベストメント

スキル

全サブクラス

  • すべてのスーパースキルに同じダメージ基準のチャージバーを導入。
    • 以前までは、与ダメージと被ダメージによって獲得していたエネルギーがスーパースキルのパッシブチャージ速度によって決まっていたので、スーパースキルのチャージ時間が意図したよりも広いデルタになってしまいました。
    • これにより、「ドーン・ウォード」や「輝く泉」の現実での使用時間が「アークポール」や「ハボックフィスト」などのスーパースキルの使用時間に近づきます。

アークサブクラス

  • アークストライダー
    • アークポール:
      • 殴打およびエアスラムの強攻撃は敵を視力喪失させる。
    • 混乱攻撃:
      • 基本クールダウンが100秒から90秒に短縮。
    • 嵐の打撃:
      • 発動時、PvE戦闘員に対する追加のダメージ耐性を付与(攻撃後短時間継続する)。
  • ストライカー
    • ノックアウト
      • PvE戦闘員に対するチャージされた近接攻撃のボーナスダメージが25%から50%に増加。
      • 体力回復に関する挙動の再構築:
      • 近接攻撃で敵を倒した際に、体力回復の停止が解除されなくなりました。倒した標的のタイプに応じて即座に一定量の体力が回復するようになりました。
        • プレイヤー: 30HP
        • マイナー戦闘員: 50HP
        • メジャー戦闘員: 75HP
        • チャンピオン + 戦闘員: 100HP
    • 雷の造形
      • ライトニンググレネード:
        • ショックは、最初のダメージが発生する前ではなく、後に適用されるようになりました。
        • これにより、ショックが発動直後に適用されなくなるので、攻撃者のグレネードの2回目の稲妻や別の方法で追加ダメージを与えるまでショックの連鎖する雷を適用することができません。
      • ストームグレネード:
        • PvE戦闘員を標的としたときの追尾移動速度がストームグレネードの持続時間に応じて毎秒0.5~1メートル上昇。
    • 雷鳴
      • 発動時、PvE戦闘員に対する追加のダメージ耐性を付与(攻撃後短時間継続する)。
      • PvE戦闘員に対する最小ダメージが20%増加。
      • PvE戦闘員に対する最大ダメージが33%増加。
      • 敵プレイヤーに対する最大ダメージが14%増加。
  • ストームマスター
    • ライトニングサージ
      • 発動時、PvE戦闘員に対する追加のダメージ耐性を付与(攻撃後短時間継続する)。
      • これは、プレイヤーが最後の雷撃のパフォーマンスを終え、一人称視点に戻るまでの生存率を高めるためです。
    • 球電光
      • 最終的な起爆範囲が30%拡大。
      • 起爆範囲が上方にズレており、投射物の起爆時の最大ダメージ範囲よりも高い位置にあった問題を修正。
    • 連鎖する雷
      • 2連鎖目の投射物の基礎ダメージが27から54に増加。
  • アークグレネード
    • ストームグレネード:
      • PvE戦闘員に対するダメージが20%増加。
      • 雷の造形のバージョンのダメージは変化なし。
    • スキップグレネード:
      • PvE戦闘員に対するダメージが15%増加。
    • アークボルトグレネード:
      • PvE戦闘員に対するダメージが15%増加。
  • アークのかけら
    • 充電の火花:
      • スキル回復のボーナスは、シールドが再チャージされ始めたらすぐに無効化されるのではなく、プレイヤーのシールドが完全に戻るまで持続するようになりました。
    • 光線の火花:
      • 増幅の効果中にアークのパワーウェポン弾武器で標的を倒すことでも発動するようになりました。
    • 周波の火花:
      • チャージされた近接攻撃を命中させると、リロードの効果に加え、武器の安定性が15アップする。

ソーラーサブクラス

  • ソーラー全般
    • 回復
      • スーパースキル発動時、回復の全身の視覚効果がある程度緩和される。
    • 治癒
      • 治癒の回復は瞬時に付与されるのではなく、0.1秒かけて付与されるようになりました。
        • この変更は治癒の効果を影響するためではなく、戦闘中の治癒のUIの視認性を改善するためです。
  • ガンスリンガー
    • 軽量ナイフ
      • デフォルトで近接チャージが2回になりました。
      • 投射アニメーションの速度が33%上昇。
      • 連投時の抑制時間が短縮され、両方のナイフを素早く投げられるようになりました。
      • エキゾチック特有のエネルギー再チャージがあるため、追加の近接チャージはオフィディア・スペイスとは累積しません。リリース後に変更の影響を見ながら、状況を評価する予定です。
    • 一網打尽
      • 投げナイフによるエネルギー返還の内的クールダウンが1秒から0.2秒に短縮。
    • ガンパウダーギャンブル
      • 「ガンパウダーギャンブル」がストランド・タングルにダメージを与えることができない問題を修正。
    • ゴールデンガン: マークスマン
      • 精密ヒット時に生成される力のオーブの効力が以下のとおり減少しました。
        • ボス以外の敵に命中したときに生成される力のオーブから得られるスーパーエネルギーが、通常の力のオーブの0.75倍から0.5倍に減少。
        • ボスに命中したときに生成される力のオーブから得られるスーパーエネルギーが、通常の力のオーブの0.75倍から0.4倍に減少。
        • 星喰らいの鱗を装備している場合、ボスにヒットしたときに生成される力のオーブから得られるスーパーエネルギーが、通常の力のオーブの0.75倍から約0.35倍に減少。
  • サンブレーカー
    • 聖別
      • 聖別のスラム攻撃はステイシス・クリスタルを粉砕できるようになりました。
      • 聖別の点火効果がPvE戦闘員に20%の追加ダメージを与えるようになりました。
      • 聖別のスラム攻撃で、浮遊タイプの戦闘員が接地状態だとダメージを与えられないことがある問題を修正。
      • 聖別のPvEダメージ耐性が意図されたとおりに適用されていなかった問題を修正。
    • サンハンマー
      • ソル・インビクタスを装備していない場合の投射物の子弾の数を以下のとおり増やしました。
        • 投射物が飛翔を始めてから0.7秒以内に爆発した場合、榴弾4発が生成される(3発から増加)。
        • 投射物が飛翔を始めてから0.7秒より後に爆発した場合、榴弾6発が生成される(5発から増加)。
        • ソル・インビクタスを装備している場合、飛翔時間に関係なく榴弾は3発しか生成されません。
      • ソル・インビクタスを装備していない場合、榴弾は追加ダメージを与えるようになる。投射物が飛翔を始めてから0.7秒経つと、追加ダメージがさらに増加する。
  • ドーンブレード
    • 熱上昇
      • 「熱上昇」が装備された状態で一部のグレネードを投げた時に、プレイヤーの手にボイドの視覚効果が現れる問題を修正。
    • 輝く泉
      • プレイヤーが輝く泉の範囲を出てからも8秒間は発光効果を付与するようになりました。
      • 輝く泉の範囲内にいるプレイヤーの生存性が低下。
        • 1秒あたりの体力回復量が100HPから50HPに減少(回復2スタック分に相当)。
        • 発動時の体力回復量が40HPから300HPに増加。
        • ボス以外の戦闘員に対するダメージ耐性が40%から20%に減少。
        • ボス戦闘員に対するダメージ耐性が40%から10%に減少。
        • 敵プレイヤーに対するダメージ耐性に変更はありません。
      • プレイヤーの輝く泉の範囲内から標的を倒すことで得られる力のオーブの最大数が4から5に増加。
    • ソーラーグレネード
      • スワームグレネード
        • 追尾範囲のサイズを4メートルから6メートルに拡大。
        • 継続時間を7~8秒から10~11秒に延長。
        • PvE戦闘員に対するダメージが20%増加。

ボイドサブクラス

  • ボイド全般
    • ボラタイル効果を適用したダメージイベントが標的を倒したときに、ボラタイルが自動爆発しないことがある問題を修正。
  • ナイトクローラー
    • スネア爆弾
      • 爆発後の煙の滞留時間が3秒から5秒に延長。
      • 煙の中にいる敵に時間の経過とともに少量のダメージを与える。ダメージは煙の中にいる時間が長いほど大きくなる。
    • 罠師の奇襲
      • 爆発後の煙の滞留時間が4.5秒から6秒に延長。
      • 煙に巻き込まれた敵に、スネア爆弾の時間の経過とともに生じるダメージを与える。
      • 罠師の奇襲の煙のエフェクトが地形の影響で正しく表示されないことがある問題を修正。
    • 粋な処刑人
      • 粋な処刑人の弱体化効果がグレイブの近接攻撃でも適用されるようになりました。
  • センティネル
    • シールド投げ:
      • 最大反射回数が4回から5回に増加。
      • 最大持続時間を3秒から4秒に延長。
      • 跳ね返るたびにトラッキング対象範囲のサイズと強度が増し、新しい標的を安定して見つける能力が向上。
      • 跳ね返るたびに重力の影響がわずかに増加し、推進速度が低下。
      • PvE戦闘員に対するダメージが20%増加。
    • ドーン・ウォード:
      • 光のアーマー:
        • 光のアーマーの2つ目のシールドを削除。ドーン・ウォードは使用者とそのドームに入った味方に対して、即座に完全なボイドの2つ目のシールドを適用するようになりました。
        • 代わりに、光のアーマーはドーン・ウォード内にいるプレイヤーに追加のダメージ耐性を付与するようになりました(敵プレイヤーに対して30%、戦闘員に対して60%)。
          • PvE戦闘員に対しては、ドーン・ウォード内にいるプレイヤーの有効体力は以前とほぼ同じです。
          • PvPの敵プレイヤーに対しては、ドーン・ウォード内にいるプレイヤーの有効体力は以前よりも大幅に低下します。ドーム内でバスティオンのバリケードを積み重ねて2つ目のシールドの層を追加しても、有効体力はそれ以上増加しません。
        • デフォルトで光の武器が提供されることはなくなりました。この挙動は「セイント14のヘルム」の効果に移されました。
        • ドーン・ウォードの近くにいる味方は、バスティオンのバリケードの背後のエリアと同様に、ボイドの2つ目のシールドが時間経過とともに少しずつ溜まるようになりました。
          • PvPアクティビティでは蓄積率が減少します。
        • ドーン・ウォードの使用者は、ドーム内やその近くで近接攻撃で敵を倒すことで力のオーブを追加で生成できるようになりました。最大5個。
    • 攻勢防壁
      • タイマー不良が引き起こされる問題を防ぐために、ボイドの2つ目のシールドのタイマーは通常の最大時間までしか延長できなくなりました。
      • 近接攻撃で敵を倒すたびに、プレイヤーの有効なボイドの2つ目のシールドの一部が回復するようになりました。
  • ボイドウォーカー
    • カオス促進剤
      • 磁気グレネード
        • 物理的なノックバックの衝撃の最大強度が10%増加。
        • PvE戦闘員に対するダメージが20%増加。
        • カオス促進剤を装備中、プレイヤーの磁気グレネードのクールダウンが自動的に10%短くなる。
    • 懐中特異点
      • PvE戦闘員に対する爆発ダメージが約50%増加。
    • ノヴァボム
      • 大変動バージョン:
        • シーカーの数が4から6に増加。
        • シーカーが生成時に環境内の物体に衝突することがある問題を修正。
      • ボルテックスバージョン:
        • ボルテックスの継続時間が7秒から10秒に延長。
        • 継続中の視覚効果が早期に終了していた問題を修正。
    • ボイドグレネード
      • サプレッサーグレネード
        • ダメージ範囲が抑制範囲と同じになりました。
        • この変更はグレネードのダメージを影響するためではなく、プレイヤーが標的を抑制させたことをわかりやすくするフィードバックを追加するためです。
      • ボイドウォールグレネード
        • 中心のダメージ量が左右のダメージ量と比べて、大幅に少ない問題を修正。
    • ボイドのかけら
      • 不安定の残響
        • 「フォアランナー」のグレネード「ロック」で標的を倒すことでも発動できる。
        • ボイド武器を構えている場合のみHUDの強化テキストが表示される。

ステイシスサブクラス

  • ステイシス全般
    • 新しい特徴的作用「フロストアーマー」:
      • 何層もの頑丈なステイシス物質に包まれ、被ダメージを軽減する。スタックが追加されるほどフロストアーマーのダメージ耐性が増加する。
      • PvE戦闘員から受けるダメージを1スタックあたり4.5%軽減し、敵プレイヤーから受けるダメージを1スタックあたり2%軽減する。
    • ステイシス粉砕
      • PvEにおける基本の粉砕ダメージが200から400に増加。
      • ボスが自動粉砕によって受けるダメージが2倍になっていた問題を修正。
      • スーパースキル発動中のプレイヤーが自動的にステイシス凍結状態から抜け出す際に、ダメージを受けない状態になっていることを示すポップアップが表示される問題を修正。
  • レベナント
    • 無慈悲な収穫
      • 新しい挙動を追加:
        • 「無慈悲な収穫」が装備されている場合、ステイシスの破片が少量の体力とフロストアーマーのスタックを付与する。
        • 「無慈悲な収穫」から得られる大きなステイシスの破片は、より多くの体力とフロストアーマーのスタックを付与する。
      • 大量の破片を短時間で生成した場合には標準的なクールダウンが発生する。
    • 冬の帳
      • 新しい挙動を追加:
        • 標的を遅延させると、短時間クラススキルのエネルギー回復速度が向上する。
          • PvPゲームモードではボーナスが減少する。
        • PvEでは、発動中はダメージ軽減が付与される。
      • 冬の気配
        • コールドスナップグレネード:
          • 冬の気配を装備中、追加で連鎖することはなくなりました。
          • 代わりに、シーカーは標的を凍結させると複製されます。
          • 各連鎖で小さなステイシス・クリスタルが生成されるのではなく、2連鎖目と3連鎖目のシーカーがそれぞれ中型と大型のステイシス・クリスタルを生成するようになりました。
        • グレーシャーグレネード:
          • リング状に形成されるステイシス・クリスタルを1つ追加し、合計数を6から7に増加。
          • グレーシャーグレネードのリングは瞬時に形成されるのではなく、0.27秒かけて形成されるようになりました。
      • 沈黙と悲鳴
        • 「悲鳴」の最大移動速度が10%上昇。
        • 「悲鳴」の嵐は、標的を通り過ぎてしまう可能性を減らすため、その効果範囲内に標的がいる場合は減速するようになりました。
        • PvE戦闘員に対するダメージと遅延のティックレートが約40%増加し、凍結時間が約0.8秒から約0.5秒に短縮。
  • ベヒーモス
    • 構造的収穫
      • 新しい挙動を追加:
        • 「構造的収穫」が装備されている場合、ステイシスの破片が少量の体力とフロストアーマーのスタックを付与する。
        • ステイシス・クリスタルの粉砕に加え、凍結状態の標的を粉砕したときにもステイシスの破片が生成されるようになりました。
      • 大量の破片を短時間で生成した場合には標準的なクールダウンが発生する。
    • 氷河の揺れ
      • プレイヤーが前進すると自動的にダッシュを開始するようになりました。
        • この変更により、戦闘中にプレイヤーのステイシス・クリスタルを粉砕しやすくなるはずです。
      • PvE戦闘員に対する発動時の凍結爆発の範囲が6メートルから8メートルに拡大。
    • 氷結の一撃
      • PvE戦闘員に対するダメージが10%増加。
      • 近接攻撃の標的捜索範囲が50%拡大。
      • 突進時の追尾の最大角速度が毎秒7度から毎秒21度に増加。
        • これらの変更により、「氷結の一撃」の命中率が上昇し、突進で捜索範囲内にいる標的を狙いやすくなります。
    • ダイアモンドスピア
      • 投射されたダイアモンドスピアの爆発半径が3.5メートルから5メートルに拡大。
      • PvE戦闘員に対するダイアモンドスピアのスラム攻撃の爆発半径が6.75メートルから8メートルに拡大。
      • ダイアモンドスピアは、ステイシス・クリスタルに直撃した場合、ステイシス・クリスタルを粉砕するようになりました。
      • ダイアモンドスピアを拾うのにかかる時間が0.2秒から0.1秒に短縮(ストランド・タングルと同じ)。
      • ダイアモンドスピアを拾える半径が0.7メートルから3メートルに拡大(ストランド・タングルと同じ)。
    • クライオクラズム
      • ダッシュの条件を削除。クライオクラズムは延長スライディングの実行後、4秒間のクールダウンが発生するようになりました。
  • シェードバインダー
    • 氷河の恵み
      • 新しい挙動を追加:
        • 「氷河の恵み」が装備されている場合、ステイシスの破片が少量の体力とフロストアーマーのスタックを付与する。
      • 大量の破片を短時間で生成した場合には標準的なクールダウンが発生する。
    • アイスフレアボルト
      • クールダウンに入る前に発生させるシーカーの最大数が5から7に増加。
  • ステイシスのかけら
    • 「霧氷の囁き」の再構築:
      • ステイシスの破片を回収しても、ステイシスの破片の2つ目のシールドは付与されなくなります。
      • フロストアーマーの最大持続時間と最大スタック数を増加させるようになりました。
    • 束縛の囁きの再構成:
      • ステイシス・クリスタルまたは凍結状態の標的の近くにいるときに、パッシブのダメージ耐性が付与されなくなります。
      • フロストアーマーのスタックが1つ以上ある場合、標的を倒すと一定確率でステイシスの破片が生成される。
    • 破壊の囁きの再構成:
      • 敵に囲まれているときに、近接エネルギーの回復速度が増加しなくなります。
      • 凍結状態の標的を近接攻撃で粉砕すると、フロストアーマーが1スタック付与されるようになります。
    • 苦痛の囁き
      • グレネードエネルギーの獲得量が現在の体力値に依存しなくなりました。ダメージを受けた際のグレネードエネルギー基本回復量が5%から7%に増加。
      • フロストアーマー有効中は、ダメージを受けた際のエネルギー回復量が7%から12%に増加。
    • 新たなかけら「冷気の囁き」:
      • ステイシス武器でトドメを刺すと、一定確率でステイシスの破片が生成される。
    • 新たなかけら「反転の囁き」:
      • フロストアーマー有効中、物理的な近接ダメージ(投射物による近接ダメージではなく)を与えるか受けるかすると、プレイヤーが攻撃した相手またはプレイヤーを攻撃してきた相手が遅延状態になる。

ストランドサブクラス

  • ストランド全般
    • グラップリングタングル
      • グラップリング時に持続時間がフルリセットされなくなりました。
      • グラップリング1回につき持続時間が最大5秒延長される。同じグラップリングタングルに5回連続でグラップリングした場合は追加される時間が最大1秒まで減少する。
    • グラップリング近接
      • ダッシュやスライディングで発動する近接スキルと同様に、武器を発射した後に発動することができなくなります。
    • タングル
      • タングルを拾う時に、「拾う」ではなく「タングルを拾う」と表示されるようになります。
  • スレッドランナー
    • エンスネア・スラム
      • 対プレイヤーの爆発範囲が、半径8メートルの球状から半径6.5メートルの円柱状になりました。
        • これにより、標的となったプレイヤーが適切にジャンプして対処したつもりが、空中の高い位置でエンスネア・スラムの爆発に巻き込まれる、といった現象が減るはずです。
    • スレッドスペクター
      • PvE戦闘員に対する起爆範囲がより早く拡大することで、接近戦で使用したときの爆発の反応が早くなります。
    • スレッドスパイク
      • 敵プレイヤーに対するダメージが79から70に減少。
      • スレッドスパイクをキャッチしたときに不可視性が失われなくなります。
  • バーサーカー
    • 騒乱の渦中
      • PvEアクティビティにおける近接エネルギーの回復スカラーが4倍から3倍に減少。
      • PvPアクティビティでは変更なし。
    • 戦旗
      • 最大タイマーが30秒から24秒に短縮。
      • シンソセプスの使用時、近接、グレイブ近接、スーパースキルのダメージボーナスが以下のように減少するようになりました。
        • 近接ボーナスが1.4倍から1.15倍に減少。
        • グレイブ近接ボーナスが1.25倍から1.125倍に減少。
        • スーパースキルボーナスが1.4倍から1.2倍に減少。
      • ワームゴッド・カレスの使用時も、近接とグレイブ近接のダメージボーナスが減少するようになりました。
        • 近接ボーナスがスタック数に応じて1.4倍から1.1倍に減少。
        • グレイブ近接ボーナスがスタック数に応じて1.4倍から1.05倍に減少。
    • 狂乱の刃/ブレードフューリー
      • 近接突進の目標地点の前方方向のズレを0.4メートルから0.18メートルに縮小。
        • これにより、接近戦で標的に向かって突進したときに、キャラクターが後ろに向かって突進してしまうケースが少なくなります。
  • ブルードウィーバー
    • 織り手の呼び声
      • 新しい挙動を追加:
        • ストランドダメージで標的を倒すと、一定確率で自分の元に留まるスレッドリングが生成される。より強力な標的を倒すと、その確率が高くなる。
        • 他のスレッドリングを含め、ダメージ源は問わない。
  • ストランドのかけら
    • 守護の糸
      • 力のオーブを拾ったときに得られるウィーブメイルの持続時間が10秒から5秒に短縮。
    • 伝播の糸
      • ストランド武器を構えている場合のみHUDの強化テキストが表示される。

エキゾチックアーマー

  • エキゾチックアーマーは、フルマスターワーク化済みの後にアップグレードでき、戦略的改造パーツスロットが付与されます。
    • これには、エキゾチック暗号と10,000グリマーのコストがかかります。
  • ハンター
    • 再誕のグラスプ
      • 一般的なダメージ耐性をフロストアーマーに置き換えました。
        • ダスクフィールドグレネードの範囲内に入ると、自分または味方にフロストアーマーが1スタック付与されます。
        • 約0.9秒ごとにフロストアーマーの追加スタックが付与され、タイマーがリセットされます。
    • トリトンの万力
      • グレイブの射撃による最後の一撃は、グレイブが装備しているサブクラスと一致していない場合でも、常にグレイブのダメージタイプと一致する爆発を引き起こすようになりました。
      • トリトンの万力がグレイブを装備している間に与える包囲効果は、包囲されなくなった後も5秒間プレイヤーに残るようになりました。
    • 6番目のコヨーテ
      • これまでの挙動に加え、クラススキルを発動した後に、トドメの一撃が力のオーブを生成するようになります。
        • これは、エキゾチックがアーマー改造パーツ「死神」効果を無料でコピーすることで実装されています。
    • 星喰らいの鱗
      • 最大の効果を得るために必要な力のオーブの数を4個から6個に増やしました。
      • ゴールデンガンを装備している場合、力のオーブ1個あたりのスーパーエネルギーの増加量を2%から0.5%に減らしました。
      • 近距離での「シャドウショット」など、発動直後に適用されるスーパースキルによる攻撃のダメージブーストが適用されない問題を修正。
      • プレイヤーが「星喰らいの鱗」をしまった後もダメージボーナスを持続できてしまう問題を修正。
    • エネミートレーサー
      • 標的に与えるボーナスダメージを武器に付与するようになりました。また、ダメージタイプは、常に装備しているサブクラスと一致するのではなく、その標的にダメージを与えるために使用したスキルと一致するようになりました。
    • 暗殺者のフード
      • 発動するには、近接チャージを消費する(またはフィニッシャーで敵を倒す)必要があります。
    • バクリスのマスク
      • 発動するにはステイシスサブクラスではなく、ステイシススーパースキルを装備する必要があります。
      • クラススキルがチャージされていない時の「光の転移」デバフをHUDに再度有効化。
        • これは、視認性を向上するためにダメージブーストが適用されない武器を持っているときでもクールダウンが表示されるようにすることが目的です。
      • 「バクリスのマスク」がレベル4ではなく、レベル2のダメージバフを適用し、一部のソーラー武器では残り時間が表示されない問題を修正。
        • また、ソーラーダメージバフはクルーシブルでも機能するようになります。
    • 爆撃手
      • 装備中のサブクラスではなく、スーパースキルの属性と一致した効果が発動するようになります。
    • セレスティアル・ナイトホーク
      • スーパースキルを発動した後に、「セレスティアル・ナイトホーク」から「間抜け探知機」に切り替えた場合、両方のエキゾチックの効果を受けることができてしまう問題を修正。
    • ドラゴン・シャドー
      • 「エンスネア・スラム」や新しいアーク特性「飛翔」を使用したときに効果が発動するようになります。
    • ライアーハンドシェイク
      • カウンター攻撃がアークダメージではなく、キネティックダメージを与えるようになります。
  • タイタン
    • セイント14のヘルム
      • 使用者の「ドーン・ウォード」が味方に光の武器のバフを適用するようになります。
    • アーサ・フリオーサ
      • 新たなボイド特性「難攻不落」でガードしている間、移動速度が上昇するようになりました。
      • また、「難攻不落」のシールドが吸収する被ダメージ量に基づいてスーパーエネルギーを付与します。
    • エターナル・ウォリアー
      • アークでのトドメがアーク武器のダメージボーナスを付与するようになったため、アークのサブクラスを必要としなくなりました。
    • 医療設備
      • これまでの挙動に加え、グレネードでのトドメが力のオーブを生成するようになります。
        • これは、エキゾチックがファイアパワーのアーマー改造パーツの効果を無料でコピーすることで実装されています。
    • ケプリの角
      • PvEでソーラー爆発のダメージを100%増加。
      • ソーラー爆発は、1回だけスコーチするのではなく、標的にヒットするたびにスコーチするようになりました。
      • ケプリの角は、爆発の名残と灰の名残の恩恵を受けるようになりました(PvEでは+30スコーチ、PvPでは+15スコーチ)。
    • シンソセプス
      • そのため、包囲されなくなった後のバイオニック強化の持続時間を8秒から5秒に短縮しました。この持続時間は、バフ上のタイマーとして表示されるようになりました。
    • 断絶の囲い
      • 発動するには、近接チャージを消費する(またはフィニッシャーで敵を倒す)必要があります。
      • そのため、爆発がダメージを与えるには、敵を直接見る必要になります。また、これらの爆発のノックバック強度を減らしました。これにより、敵はより一貫して垂直に打ち上げられるようになります。
    • 深部の光の心
      • 以前使用していた2~3個のアイコンの代わりに、1つの統合されたステータスエフェクトアイコンがHUDに表示されるようになります。
        • このエキゾチックの効果は変更されていません。
    • 片目のマスク
      • 「片目のマスク」によって標的に適用されたマイナスの効果が死んだ後に持続しなくなります。
    • 大義の傷跡
      • 装備中のサブクラスではなく、スーパースキルの属性と一致した武器が必要になります。
    • ホアフロストZ
      • 発動するにはステイシスサブクラスではなく、ステイシススーパースキルを装備する必要があります。
    • カドマス・リッジのスピアキャップ
      • 発動するにはステイシスサブクラスではなく、ステイシススーパースキルを装備する必要があります。
    • ローレライの輝き
      • 発動するにはソーラーサブクラスではなく、ソーラースーパースキルを装備する必要があります。
    • 代替案なし
      • 発動するにはボイドサブクラスではなく、ボイドスーパースキルを装備する必要があります。
    • 燃え盛る歩みの道
      • 発動するにはソーラーサブクラスではなく、ソーラースーパースキルを装備する必要があります。
    • ハロウファイアの心
      • 発動するにはソーラーサブクラスではなく、ソーラースーパースキルを装備する必要があります。
  • ウォーロック
    • バリドーズ・ラスウィーバー
      • ステイシスの破片の2つ目のシールドをフロストアーマーに置き換えました。
      • フロストパルスを装備している状態でリフトを発動すると、プレイヤーと近くの味方に最大スタックのフロストアーマーが付与されます。
      • 冬の怒りの粉砕攻撃を発動すると、近くの味方に最大スタックのフロストアーマーが付与されます。冬の怒り終了時には、最大スタックのフロストアーマーを獲得します。
    • 戦いの調和のマントル
      • 倒した対象の種類に応じて、+1.5%から+4.5%の範囲でスーパーエネルギーを付与するようになりました。
      • パークの発動に2秒のクールダウンを削除しました。
      • 装備中のサブクラスではなく、スーパースキルの属性と一致した武器が必要になります。
    • セカント・フィラメント
      • 「セカント・フィラメント」を発動するにはボイドサブクラスではなく、ボイドスーパースキルが必要になります。
      • 「セカント・フィラメント」の「強化のリフト」は、以前の挙動に加えて、リフトに入ったプレイヤーの既存の吸引のバフの持続時間を11秒にリセットするようになります。
      • 「セカント・フィラメント」のオーバーロードリフトがアーティファクトによって付与される対チャンピオン効果を取り消してしまう問題を修正。
    • サンブレーサー
      • そのため、ソーラーグレネードの持続時間の増加を4秒から2秒に減らしました。
      • 効果が有効な間に許容できるグレーネードの量を最大5個から4個までに減らすために、グレネードの再充填率の増加を減らしました。
      • グレネードを投げた時に、「サンブレーサー」のバフ「サンブレーサーの準備完了」がなくならない問題を修正。
    • 慰霊碑のマスク
      • そのため、複数のプレイヤーが慰霊碑のマスクを単一の敵ターゲットを使っても、その効果を発動させることはできなくなりました。
      • 慰霊碑のターゲットロックの視覚マーカーは、このエキゾチックの装備者には非表示になり、装備者の味方にのみ表示されるようになりました。
    • ベリティ・ブラウ
      • 装備しているサブクラスと一致する武器ではなく、グレネードのダメージタイプと一致する武器でのトドメを必要とするようになりました。
    • フェルウィンターのヘルム
      • 発動するには、近接チャージを消費する(またはフィニッシャーで敵を倒す)必要があります。
    • 聖なる暁の翼
      • すべてのソーラースーパースキルではなく、「ドーンブレード」を装備している時にのみ効果が発動すると表記されるように説明画面を更新。
    • コントラバース・ホールド
      • 特性「カオス促進剤」でチャージされたボイドグレネードでのみ発動すると表記されるように説明画面を更新。
    • クロマティックファイア
      • 装備中のサブクラスではなく、スーパースキルの属性と一致した効果が発動するようになります。
    • プロメチウムの誘発
      • すべてのソーラースーパースキルで発動するようになります。
    • サンギン・アルケミー
      • 装備中のサブクラスではなく、スーパースキルの属性と一致した武器が必要になります。
    • ベスパー・ラディウス
      • 衝撃波の視力喪失効果を発動するには、アークサブクラスではなく、アークスーパースキルを装備する必要があります。
    • カルンシュタインのアームレット
      • カルンシュタインのアームレットの視覚効果が正しく機能していない問題を修正。
    • 壊死のグリップ
      • 「壊死のグリップ」の発動に近接が必要であり、戦闘員とプレイヤーの両方に影響を与えると表記されるように説明画面を更新。

アーマー改造パーツ

  • 戦略的改造パーツソケットのアイコンを特徴づけるために更新しました。
  • レイド固有のアーマー改造パーツからエネルギーコストを削除しました。
  • すべてのハーモニックアーマー改造パーツが装備中のサブクラスではなく、スーパースキルの属性と一致するように更新しました。
    • この効果が表記されるように説明画面を更新しました。
  • ストランド耐性の改造パーツが追加されました。
    • また、ハーモニック耐性がストランドに対応するようになります。
  • ヘビーウェポン弾および特殊ウェポン弾の探知機のアーマー改造パーツは、死亡しても弾薬箱に向けての進行状況がリセットされません。
  • クルーシブルではヘビーウェポン弾および特殊ウェポン弾の探知機のアーマー改造パーツを無効にし、ギャンビットでは敵チームによるキルから弾薬探知機の進行が得られなくなりました。
  • ファイアチームに参加しているガーディアンは、ヘビーウェポン弾および特殊ウェポン弾の探知機のアーマー改造パーツのキル条件が20%上昇します。
    • ソロのガーディアンの必要条件に変更はありません。
  • スーパーエネルギーが満タンの状態で、力のオーブの改造パーツがオーブを拾わない問題を修正。影響を受ける改造パーツは次の通りです。
    • 療養(レッグアーマー改造パーツ)
    • 既に良好(レッグアーマー改造パーツ)
    • 神経刺激(レッグアーマー改造パーツ)
    • 活性化(レッグアーマー改造パーツ)
    • 絶縁(レッグアーマー改造パーツ)
    • 赦し(レッグアーマー改造パーツ)
    • 回復のオーブ(レッグアーマー改造パーツ)
    • 強力な仲間(ヘルメットアーマー改造パーツ)
  • 稀に、「致命的打撃」が複数回同時に発動できてしまう問題を修正しました。
    • また、スタック効果を得られないという誤ったポップアップ情報を修正しました。

その他

  • ストランドかステイシスのスーパースキルを使用した際に、古い夏季のアーマーの輝きの色が正しく表示されない問題を修正。

武器

  • ヘビー、順応、そしてアグレッシブバースト武器の内在効果名がすべての武器タイプのバースト数と同じになるように変更しました。機能性に変更はありません。 
    • 2点バースト: ヘビーバースト 
      • ピストル、ハンドキャノン、パルスライフルを含む。 
    • 3点バースト: 順応バースト 
      • ピストル、リニア・フュージョンライフル、順応パルスライフルを含む。 
    • 4点バースト: アグレッシブバースト 
      • パルスライフルを含む。 
  • バイストの速射、ハッケの精密、そしてオモロンの順応武器の内在効果から鋳造所名を排除。

武器タイプ

  • エキゾチックメインウェポンとトレースライフル
    • マイナー標的に対するダメージボーナスが40%から30%に減少(「ファイティング・ライオン」を除く)。
    • エキゾチックメインウェポンとトレースライフルに以下の対マイナー戦闘員バフが適用されます。
  • 全戦闘員に対する基本PvEダメージが増加。 
    • パルスライフル:20%  
      • 例外: 「グラビトン・ランス」と「リビジョン・ゼロ」のヘビーバーストモード。(これらの武器には、すでにPvEダメージ強化が備わっています) 
    • ペレットショットガン: 10%  
      • 例外: 「アクリウスの伝説」、「トラクターキャノン」、「条件付き終局」、「第四の騎士」。(これらの武器のパフォーマンスにはすでに満足しています) 
    • スラグショットガン: 9% 
    • フュージョンライフル: 7%  
      • 例外: 「無数の声」。(この武器は最近強化されました) 
    • スナイパーライフル: 7%  
      • 例外: 「イザナギの覚悟」の「磨かれた刃」と「クラウドストライク」の嵐。(これらのパフォーマンスには満足しています) 
    • グレイブ投射物: 7% 
    • リニア・フュージョンライフル: 5% 
  • マイナー(赤い体力バー)に対するダメージを増加。これは、基本PvEダメージ増加にスタックします。 
    • ピストル、トレースライフル、スカウトライフル、弓。20% 
    • オートライフルとパルスライフル: 15% 
    • パルスライフルは先ほどの強化と相乗し、「グラビトン・ランス」と「リビジョン・ゼロ」のヘビーバーストモードもこの強化に影響されます。 
      • 例: パルスライフルは赤い体力バーに対して、1.2 × 1.15 = 38%のボーナスダメージを与えます。 
    • サブマシンガン: 10% 
    • ハンドキャノン: 5% 
  • メジャー戦闘員(オレンジの体力バー)に対するダメージを増加。 
    • トレースライフル: 20% 
  • 全体的にダメージを増加(PvPを含む)。 
    • マシンガン: 7% 
    • 剣: 7% 
  • これらのダメージ増加に伴い、以下の特化改造パーツを廃止にします。
    • ボス特化、宿られた兵特化、マイナー特化、メジャー特化、大物技術兵(熟練)。
  • スカウトライフル
    • 命中精度と照準補佐の状態がより明確に表示されるように腰だめ撃ち時の照準を更新。
  • ハンドキャノン
    • 全般
      • ハンドキャノンの投射物が衝突した際の画面の揺れ具合を33%減少(戦闘員へのひるみは影響されません)。
    • ヘビーバースト
      • このサブファミリーの安定性を向上するために、基礎反動を軽減。
    • 好戦的フレーム
      • 現在のコンテンツに後れを取らないように、「最終形態」で復活する2つの好戦的ハンドキャノンのステータスを向上。
        • クリミルのダガー(アイアンバナー) 
          • 安定性: 23 → 31 
          • ハンドリング: 23 → 31 
          • マガジンサイズ: 8 → 9 
          • 空中効果: 10 → 21 
        • サムシング・ニュー(夏季の宴) 
          • 安定性: 27 → 30 
          • ハンドリング: 24 → 30 
          • マガジンサイズ: 8 → 9 
  • スナイパーライフル
    • 最小予備弾薬を14から17に増加。最大予備弾薬は変更なし。
    • プレイヤーからダメージを受けた際のひるみに変更を加えました(戦闘員からの被ダメージは影響されません)。
      • 画面の揺れ時間を25%増加。
      • 画面の揺れ具合を350%増加。
      • カメラロールが25%減少。
  • リニア・フュージョンライフル
    • 順応リニア・フュージョンライフルの射撃時のアニメーションの弾みと反動を減少。
  • キネティックダメージタイプの武器
    • ボスにボーナスダメージを与えなくなります。他のランクの戦闘員に対するダメージは変わりません。 
      • 例えば、同じサブカテゴリーのキネティックスナイパーライフルとステイシススナイパーライフルはボスに同じ量のダメージを与えます。 
  • 波動グレネードランチャー
    • 衝撃波の大きさは、爆発範囲の数値に影響されるようになります。一番強く影響されるのは衝撃波の幅ですが、長さと高さも少しだけ影響されます。 
      • 爆発範囲のデフォルトの表示数値が100から50に変更されます(50はこれまでの基本値と同じで、それよりも大きな数値は、以前よりも大きな衝撃波を生み出します)。 
    • 特殊ウェポン弾の波動 – 現在の状態では、波動フレームのグレネードランチャーがモブ集団一掃武器として優秀すぎるので、波動の長さを少しだけ短くします。 
      • 波動の長さを22メートルから15メートルに短縮(「デッドメッセンジャー」を除く)。 
    • チャージの状態をより明白にするために、剣の照準を更新。剣エネルギーが消費された際に、再びエネルギーをチャージできるまでの遅延が簡単に照準に表示されます。 
    • いくつかのミッションで、デバフ「圧倒的な戦歌」によって、ガード中に剣がチャージしなかったり、エネルギーを失ってしまう問題を修正。 
    • チャージされていないキャスターフレームの剣での強攻撃が剣のエネルギーチャージの遅延をリセットしない問題を修正。 
    • チャージされていない順応フレームの剣での強攻撃が、チャージされた強攻撃と同じ量の弾薬を消費してしまう問題を修正。今後は、他のチャージされていない強攻撃と同様に、弾薬を1発だけ消費します。 
  • ロケットピストル
    • 発動条件が精密キルのパークを考慮し、起爆をわずかに遅らせました。

エキゾチック

  • 非精密モブ集団一掃エキゾチックメインウェポン:
    • 次の武器の爆破ダメージを10%減少。
      • サンショット
      • トリニティ・グール
      • ポラリス・ランス
      • グラビトン・ランス
  • ラットキング
    • 他のオート発射ピストルと同じアニメーションに変更。
  • デッドマンズテイル
    • 基本:  
      • 「クラニアル・スパイク」のスタックが照準補佐と射程距離に加え、安定性も付与するようになります(スタックにつき +2)。 
      • 「クラニアル・スパイク」のスタックから得られるリロード速度を増加。 
    • 腰だめ撃ち(媒体有り):  
      • 命中精度の恩恵をわずかに減少。 
      • 磁性の減衰スカラーを増加(1.6 → 1.7)。 
      • 基本連射速度を130 RPMから140 RPMに増加。 
      • PvE限定の「クラニアル・スパイク」のスタックから得られるダメージ強化が撤廃され、「クラニアル・スパイク」のスタックが最大になると、15%のダメージボーナスが付与されるようになります。 
  • コロニー
    • トドメを刺すと、追加で昆虫型ロボットを出現させる。強力な戦闘員からは最大で5体のロボットが出現する。
  • 悪意の手
    • 暗黒の球体が戦闘員に付与する熱傷効果の持続時間を2秒から3.5秒に延長。
  • ネクロカズム
    • 精密キルの後にリロード速度が増加する固有パークを追加。 
    • 「カースド・スロール」の爆発が戦闘員に付与する熱傷効果の持続時間を2秒から3.5秒に延長。 
    • 媒体を再構築。 
      • 一人はスロールのため: 素早く連続で3体の戦闘員にダメージを与えると、一定時間ダメージ、射程距離、そして照準補佐が上昇する。 
  • トゥルース
    • 衝突ダメージを与えなくても、総合ダメージが大幅に減少しないように、範囲ダメージを増加。
    • 予備弾薬数を3増加。(これは、更新7.3.5で実装された高威力型ロケットランチャーの予備弾薬の変更に累積されます)
  • クイーンブレーカー
    • ボス、ミニボス、チャンピオン、そしてビークルに対するダメージを12%増加。
    • 予備弾薬を3増加。
  • シンメトリー
    • 媒体は既存の効果に加え、リロード速度とハンドリングを10増加させ、パーク「渦流」を付与します。
  • ケルベロス+1
    • 「集中砲火」はキルの直後の特殊ウェポン弾のリロード時に発動することができ、射程距離や連射速度は減少されなくなりました。
    • 武器の拡散具合をより明確にするために、腰だめ撃ちの照準を更新。
  • バスティオン
    • パーク「セイントの拳」の再構築: 近接でダメージを与えると、一時的にチャージ速度、ダメージ、そしてリロード速度が上昇する。バーストのペレットをほぼすべての当てると、近接ダメージが増加する。
  • エリアナの誓い
    • 同属性のシールドを破壊するか、チャンピオンのバリアを貫くと、標的が点火する。
  • 悪魔の残骸
    • 「悪魔の残骸」を射撃中に武器を切り替えると、射撃時のアニメーションを他の装備されたピストルに適用することができてしまう問題を修正。
  • ギャラルホルン
    • ウルフパック弾のビジュアルが武器のダメージタイプに合うように更新しました。例: 
      • 「ギャラルホルン」ではソーラー効果が使用されます。 
      • 「ギャラルホルン」に強化されたボイドロケットランチャー「ロイヤル・エントリー」では、ボイド効果が使用されます。 
  • 壮麗なる序曲
    • 引き金を引けばロケットを発射できるということをより明確にするために、「壮麗なる序曲」の特殊リロードをした際に「ロケット準備完了」ではなく「一斉射撃準備完了」と表示されるように更新。
  • オステオ・ストライガ
    • キル時の毒の爆発に4秒のクールダウンを適用。(このクールダウンは、持続ダメージによる毒の爆発には適用されません)
  • 悲嘆
    • 回復効果を20%減少。 
    • 剣への全体的な7%のダメージ強化はこの武器に適用されますが、連続強攻撃の最大ダメージはそこから20%減少されます。 
      • つまり、スタックの少ないコンボよりも、スタックの多いコンボのほうがこの変更に影響されるということです。 
  • 決定的混沌
    • この武器はアンチバリアが内在効果になります。 
    • パーク「ヘビーメタル」と「ベックサデシマル」の位置と効果を入れ替えました。 
      • 「ヘビーメタル」は弾薬4発ごとに標的を不安定状態にします。 
      • 「ベックサデシマル」は16発ごとに標的を弱体化させることもできます。 
  • 神性
    • 戦闘員に対してケージを生成するのにかかる弾数を75%増加(PvPは影響されません)。
  • 切り札
    • ダッシュを終了したときに、「メメント・モリ」の効果音が再生されてしまう問題を修正。
  • 決意の果て
    • 「決意の果て」の回復タレットが「預言者の視覚」の回復タレットと一致するように更新。
    • 「決意の果て」の代替武器アクションの投射物が床ではない地形や壁に跳弾しないように更新。
    • 回復タレットが着弾した接線上にスポーンします。
    • 回復タレットが「治癒」と「回復」を付与するようになります。特性「炎の囁き」を装備している場合、これらの効果は強化されます。

パーク

  • 迅速
    • ランブルで機能しなくなる。
  • アーチャーのギャンビット
    • レジェンダリー武器でも使えるように、少しだけ下方修正しました。
      • 発射時間のバフを66%から60%に減少。
      • 効果の持続時間を8秒から4秒に短縮(8秒までスタック可能)。
  • 墓荒らし
    • 通常の近接キルだけでなく、チャージされた近接でダメージを与えることでも発動する。
  • 基本仕様
    • 死亡したり、リスポーンしても「基本仕様」の状態が保たれる。
  • 連鎖反応
    • ヘビーウェポンと特殊ウェポンで効果を分割。
      • 特殊: 範囲ダメージの大きさが15%、ダメージが20%減少。
      • ヘビー: 範囲ダメージは変わらず、ダメージが30%増加。
  • 渦流
    • 3秒間ではなく、1.5秒間のダッシュで発動。 
    • 通常状態では、ハンドリングにボーナスを付与し、各ステータスに5%のスカラーを適用する。 
    • 増幅状態では、即座にパークの最大効率を発揮する。
  • 負け犬
    • 「負け犬」を「パルスモニター」と交換。
  • 浸透とパーミアビリティ
    • これらは、ゴーストを呼び出すなどの行動をしても効果が消えなくなる。
    • 発動時に武器のマガジンの一部を補給するようになる。
  • チルクリップ
    • 武器の性質を基に、適用される遅延スタックの数を調整。
      • これにより、「リップタイド」などの速射フュージョンライフルは凍結に3発必要なのに比べ、連射速度の遅いフュージョンライフルは2発でできます。
    • その他のタイプも下方修正が撤廃され、2発で凍結することができます。
  • タリーキリング
    • オリジナルのマシンガン「デリリアム21%」のパーク「タリーキリング」が、ランダムロールの武器と正しく一致するように更新されました。
  • ハイグラウンド
    • いかなる状況下でも(暴れん坊など)キルを達成すると、スタック可能なダメージボーナスを付与し、高所から敵にダメージを与えると、即座に最大スタック数を獲得できるように再構築。
    • PvEの最大ダメージボーナスを25%、PvPは15%に増加。
  • 装備中のサブクラスと一致するパークには次の変更が加えられます。
    • 「浸透」と「テッセレーション」は装備中のグレネードとダメージタイプが一致する。
    • 「パーミアビリティ」と「属性コンデンサ」は装備中のスーパースキルとダメージタイプが一致する。
  • 解体
    • これで予備弾薬が正しく消費され、すべての武器タイプでより確実に発動できるようになります。
  • 墓石
    • 「墓石」のクールダウンメッセージがステイシスのバフアイコンを使用していた問題を修正。「墓石」は他のクールダウンと同様に、クールダウンアイコンが使用されます。
  • 拳闘士
    • 持続的な近接ダメージによって「拳闘士」を発動すると、近接バフの視覚効果が点滅する問題を修正。
  • ドリームワーク
    • 他の武器タイプと連動するように更新。
  • 精密機械
    • このパークをバースト射撃のリニア・フュージョンライフルですぐに発動できてしまう問題を修正。
  • ヘビーバースト内在効果
    • 受けるひるみをわずかに軽減。

全般

  • スカウトライフル「ウィキッド・インプリメント」を「失われた光の記念碑」に移動します。
    • 媒体は儀式プレイリストの対戦後の報酬のランダムドロップで入手できるようになります。
  • 「クロタの最期」と「ナイトメアの根源」のレイド新・武器の新たなドロップの特性欄に2つの特性が備わるように更新。
  • 「門弟の誓い」と「邪神、滅びる」のレイド新・武器に武器強化を追加。
  • 基本武器パターンを入手することで、武器セットごとに新たなドロップの特性欄に3つ目の特性を獲得できる確率が高くなります。
    • これは、各レイドのコレクションの新たな勝利の道のりから追跡することができます。
  • 記憶のスタックサイズの上限を1から3に増加。
  • 記憶は所持品タブで追跡することができなくなります。
    • 今後は、記憶の確認、追跡、適用を強化版武器または形成武器の詳細画面で行うことができます。
    • 薄れた記憶を分解すると、詳細画面内で使用できる記憶が1つ増えます。
    • 新たなスタックサイズ上限である3つの記憶を所有している場合、記憶が3つ以下になるまでその記憶はドロップしなくなります。
  • パンテオンの勝利の道のりからパークが選択されていないレイド新・武器がドロップする問題を修正。これらのアイテムにはパークが適用されているはずです。
    • 今後、これらの武器の悪いマスターワークや強化内在効果オプションを適用されるべきだったロールと置き換えます。
    • 強化版にアップグレードするときにそのステータスのメリットが適用されるように、武器タイプで機能するマスターワークを選択することを推奨します。
  • 共振合金および調和合金を廃止。
  • 武器の「新」バージョンを入手すると、その武器の基本バージョンの集束が解除されます。
  • 対チャンピオン改造パーツが他の武器パークを妨げていた問題を修正。
  • キル達成時に「マインドベンダーの野望」が輝かない問題を修正。
  • 光過敏性を引き起こす恐れのあるダメージの画面効果と一部の投射物の過激な視覚効果を修正。

パワーと進行

  • パワー帯を更新しました。
    • パワー下限: 1900
    • ソフト上限: 1940
    • 強力上限: 1990
    • ハード上限/最高上限: 2000
  • パワーの変更に関する詳細は、4月25日の今週のDESTINYをご覧ください。

スパロー

  • スパロー「アルプス・ダッシュ」の自動リロードパークを常に利用可能にするために、他のスパローと同じ速度オプションを利用できるように調整。
    • 2019年のスパローの強化の進行システムに則り、左右へのブーストのパークは暁旦の期間中にのみ利用可能です。

勝利の道のり

  • すべての過去のレイドにストランドファイアチームの勝利の道のりを追加。
    • これらは印や称号の入手条件ではなく、興味があるファイアチームへの追加の挑戦になります。

全般

  • タワーの武器ベンダーのバンシー44は、他のベンダーと同様に、午前2時(日本時間)に武器とパークをリセットするようになります。
  • プレイヤーにスパローの召喚方法を教えるチュートリアル画面がたまに表示されない問題を修正。
  • 「外観のカスタマイズ」にあるシェーダーのライブラリーが他の画面のレイアウトと一致しない問題を修正。
  • 「特殊物資配給」にある亜空間合金のヘッダーが他のアイテムのフォーマットと一致しない問題を修正。
  • 「超宇宙の戦利品」がコレクションに表示されない問題を修正。
  • ボーナス目標の進行バーがステータス効果のUIに重なってしまう問題を修正。
  • 感情表現選択画面で複数の感情表現が関連する品質レベルに正しく整理されていない問題を修正。
  • 暁旦のシーズンの回想から入手可能なアイテムに暁旦のシーズンのアイコンが適用されていない問題を修正。
  • エバーバースでパターンを解除した関連するエキゾチック武器装飾をプレビューするときに、「作成可能」ではなく「未入手」と表示される問題を修正。
  • シーズンパスの説明に、プレミアムトラックを解除したときに20%のXPボーナスがエキゾチック武器と一緒に解除されると表記されていない問題を修正。
このサイトでは、できる限り最高のユーザーエクスペリエンスを提供することを目的にクッキーを使用しています。「承諾」をクリックすると、クッキーに関する方針およびプライバシーポリシーに記載されている方針に同意したことになります。