JavaScript is required to use Bungie.net

今週のBUNGIE – 2021年7月29日

Bungieは今週、クロスプレイに向けて準備を始めます!  

「今週のBUNGIE」へようこそ。8月25日の情報公開イベントまで、「今週のBUNGIE」もあと4回です! ちょっと待って… 4回だけ? この記事を含めて? なんと。話したいことがたくさんあります。 

まずは今、ゲーム内で進行していることについてお話しましょう。夏季の宴です。開催中の毎年恒例イベント「夏季の宴」が8月4日(水)に終了します。アーマーの目標達成を目指す方に残された時間は5日弱です。白い輝きに期限はないので、もしまだ目標を完了できていなくても焦ることはありません。輝きを得るために必要な迷宮、レイド、対戦モードのクルーシブルの目標はいつでも完了することができます。


 
ここまではオーケーですか? 素晴らしい。では未来に目を向けましょう。数か月前にベータ版をご提供していましたが、プレイヤーの皆さんがDestiny開始当初から求めていた機能の詳細をいよいよお知らせできる時が来ました。そう、クロスプレイです。 


クロスプレイがやってくる! 

シーズン15では、クロスプレイが登場します。Xbox、PlayStation、PC、Stadiaのガーディアンたちがファイアチームを組み、一緒に暗黒との戦いに挑むことができるようになるのです。境界線が破られ、プラットフォームの壁を越えて新たな友情が築かれることになるでしょう。 
 
打ち上げ準備が進んでいる今、クロスプレイチームよりクロスプレイについて簡単にご説明します。どうやってフレンドを追加する? マッチメイキングはどう機能する? どんなUI画面になる? こういったご質問にお答えします! クロスプレイが始まったらどんな感じになるのかイメージしやすいように、ユーザーインターフェースの画像もご用意しました。備考: 今回お見せするプレビューは英語ですが、実際のクロスプレイのUIは各サポート言語に対応しています。それでは、さっそく見ていきましょう。  

クロスプレイチーム: 大きな変化が訪れようとしています。あまりにも大きいので、この先を読み進める前におやつでも食べておくことをおすすめします。もう食べ終わりましたか? では、始めるとしましょう。 

今日お話する内容は以下のとおりです。 
    • ガーディアンのアイデンティティ 
    • 名前の変更 
    • Bungieフレンド 
    • ファイアチーム招待およびマルチプレイヤー 
    • プライバシー 
    • クロスプレイマッチメイキング 
    • クロスプレイコミュニケーション 
    • クロスプレイのロードマップ 

まずは感謝を! 

シーズン14の序盤に、プラットフォームの枠を越えて、皆さんには3日間にわたってバンガードストライクのクロスプレイマッチメイキングのベータ版にご参加いただきました。新しいマッチメイキングシステムの初期バージョンを試すことと、プラットフォーム間のゲームプレイの接続性をテストすることが目的でした。数多くのガーディアンの皆さんにご協力いただき、間もなく導入予定のこの機能のバックエンドをテストすることができました。実を言うと、意図せず扉を開けっ放しにしてしまっていたようです… おっと。そのまま開けておくわけにはいきませんでしたが、プラットフォームの壁に阻まれてずっと会えていなかった友にゲーム内でようやく会え、ハグができて喜んだのは私たちだけではありませんでした。ご協力いただいた皆さん、ありがとうございました。皆さんのおかげで、シーズン15には自信を持ってDestiny 2の全プラットフォームにクロスプレイをお届けすることができそうです。

私は誰?

クロスセーブにも対応するクロスプレイの世界では、ガーディアンのアイデンティティの危機があることが早々に明らかになりました。 

ガーディアンの頭上に表示される名前が、ゲームにログインした場所によって変わることは望ましくないと考えました。統一されたこの新しいDestinyコミュニティにおけるアイデンティティのファンタジーに反すると感じたからです。さらに言えば、どこからゲームにログインしているかによって、フレンドやクランメンバーの名前が変わることも避けたいという思いがありました。誰が誰なのか、フレンドの名前をリスト化したカンニングペーパーが必要になるような事態は、せっかく下がったクロスプレイのハードルをまた上げることになってしまいます。  

そこで、全員の名前を全プラットフォームで統一されたアイデンティティに変更します。これをBungie名と呼びます。これにより一度だけ名前の変更が発生しますが、このほうが長期的にはみんなにとって良いと考えました。Bungie名の仕組みは以下のようになります。 
  • 「Bungie名」: プレイヤー名#1234 
  • 「表示名」: プレイヤー名 
  • 「ハッシュ」: # 
  • 「数字ID」: 1234 

以下はリスト画面のポップアップの一例です。異なるプラットフォームのプレイヤーが一緒に表示されています。


そしてこちらがタワーでのプレイヤー表示例です。


何が名前に含まれる?
 
Bungie名の作成の一環として、全てのプレイヤー名が文字フィルタリングおよび差別用語チェックにかけられます。まず、ゲーム内で表示できない文字や、コンソールのバーチャルキーボードでプレイヤー検索ボックスに入力できない文字を全て削除します。これは、Steamでプレイヤー名としてサポートされていた拡張文字セットの一部が使用できなくなることを意味します。[ハンドキャノン][スナイパーライフル][ロケットランチャー]などをお使いの皆さん、その名前が見られなくなることは残念です。ですが、コンソールプレイヤーがプレイヤー検索で皆さんのことを見つけられるようにするには必要なことなのです。



これらの文字が削除されることで、結果としてプレイヤー名が全くの無名になってしまったり、差別用語になってしまったりする可能性もあります。無名になった場合、または不適切な用語を含む場合は、キャラクターの頭上に「Guardian[ランダムな数字]」というかなり平凡な名前が表示されることになります。クロスプレイ開始時には名前の変更機能はありませんが、この冬にはこの機能の初期バージョンをお届けできるように鋭意取り組んでいます。名前の変更機能が実装された時にあまり気に入らないハンドルネームで妥協しないためにも、Destiny 2でどんなカッコいい名前を使うか、早めに考えておくことを強くおすすめします。  

君はともだち

リスト画面の体験は、Bungieのゲームにとって不可欠な要素です。クロスプレイでも、フレンドがどこでプレイしているかに関係なく、これまでと同じシンプルな体験を提供したいと考えました。これを実現するために、「Bungieフレンド」というプラットフォーム間の橋渡しとなるシステムを作りました。あまり複雑にはしたくなかったので、一度にフレンド全員を一覧で見られる点はそのままにしています。特定のフレンドを簡単に見つけられるように、プラットフォームのフィルターを追加しました。自分と同じプラットフォームにログインしているフレンドだけを表示することもできます。

Destiny 2ではこれまでも複数のプラットフォームでクランメンバーを有することができましたが、クロスプレイの開始に伴い、ついにオンラインになっているメンバーの誰とでもチームを組んでクランの報酬を獲得できるようになります。願わくば、皆さんのクランに新しい仲間が増えますように。 

フレンドの探し方

フレンドを簡単に追加できないのでは、クロスプレイも台無しです。全てのプラットフォームのフレンドをBungieフレンドに追加する方法は3つあります。 

    • プラットフォームフレンドをBungieフレンドに変えたいデバイスでDestiny 2にログインし、リスト画面からリクエストを送信する。 
    • 招待画面でプレイヤー検索を使ってフレンドを検索する。  
    • Bungie.netのフレンド検索機能を使い、自分が使用するプラットフォームを全てリンクした上で、プラットフォームフレンド全員に対してBungieフレンドのリクエストを送信する。  

Bungie.netのフレンド検索機能は、クロスプレイの開始と同時にhttps://www.bungie.net/friendsで利用可能となります。

では、ゲーム内のオプションについてお話しましょう… 

ファイアチーム招待、フレンド承認

全てのプラットフォームでファイアチーム招待が使えるようにするために、招待インフラをゲーム内に取り込みました。ファイアチームの招待が届くと、ゲーム内に招待通知が表示されます。招待を受けるには、リスト画面から招待セクションを開きます。招待を受けるとファイアチームに参加できます。なお、招待画面では、他のガーディアンの検索や、フレンド依頼およびクラン招待の承認を行うことができます。


新しいフレンド候補とのチーム編成

Destinyには数多くの最難関コンテンツがあります。プレイヤーが一緒にプレイする人を見つけられるように、コミュニティは外部のグループ検索フォーラムやツールを構築してきました。その中には私たち独自のファイアチーム検索もあり、今回、全プラットフォームにファイアチーム招待を送ることができるようになりました! クロスプレイの構築にあたって、私たちは新しいファイアチーム招待システムがファイアチームを結成する際の障害にならないようにしたいと考えました。そのため、招待画面ではプレイヤーがお互いを検索し、ファイアチームの招待を送ることができます。  

 

とはいえ、コミュニティの中には、ハラスメントの標的にされた経験があるメンバーもいます。プレイヤーが自分の身を守ることができるように、ブロックシステムを追加しました。また、プレイヤーが幅広いハラスメントから身を守ることができるように、プライバシーツールも追加しました。ソーシャルプライバシー設定のほとんどは、リスト画面からアクセス可能です。この画面では、どのような種類の招待を表示・検討するかをコントロールすることができます。なお、当面の間、クラン招待に関するプライバシー設定は引き続きhttps://www.bungie.net/ja/Profile/Settings?category=Privacyの個人のBungie.netプライバシー設定を通して管理されます。


話題に上がったところで、この機会に行為規範を今一度ご確認ください。特定の対象を標的とするハラスメントは、アカウントの制限や禁止に繋がる可能性があります。ガーディアン、どうぞお互いへの思いやりを忘れないでください。 

公平なプレイ環境

クロスプレイの導入によって、私たちは包括的なガーディアンコミュニティを構築することを目指しています。クロスプレイは同時に、入力方法や、対戦モードでの公平なプレイ環境をどうやって作るのかといった多くの疑問に向き合う機会を私たちに与えてくれました。以下は永遠に変わらない答えではないかもしれませんが、クロスプレイ開始時の対戦モード(クルーシブル、アイアンバナー、オシリスの試練、ギャンビット)におけるマッチメイキングに対するアプローチです。 

  • PCプレイヤーは他のPCプレイヤーとマッチメイキングされる。 
  • コンソールプレイヤーは他のコンソールプレイヤーとマッチメイキングされる。 
      • 備考: Stadiaはコンソール枠に入ります。
  • PCプレイヤーとコンソールプレイヤーが入り混じったファイアチームは全て、PCプレイヤーの枠でマッチメイキングされる。 

PvEモードでは、1つの包括的マッチメイキングプールになります。  

フレンドとのチャット

クロスプレイのリリース時、プラットフォーム間でのボイスチャットは利用できません。これは、開発中に新たな問題がいくつか見つかったためです。現在、ボイスチャットを有効にする前にこの機能が正しく準備できているかを確認するための作業を行っています。このことから、クロスプレイ開始時点でのプレイヤーエクスペリエンスが理想的とは言えないことが予想され、クロスプレイ全体の延期も検討しました。しかし、多くのプレイヤーが楽しみにしていることや、コミュニティが当面の間、この問題を回避する方法を見つけてくれることがわかっているので、延期はしないことに決定しました。プラットフォーム間でのボイスチャットに関する問題は、クロスプレイ開始後すぐに予定されている更新で修正することを目指しています。 

私たちのアクションMMOゲームにおいて、テキストチャットはプレイヤーコミュニケーションの重要なツールと考えています。クロスプレイ開始時には、テキストチャットは引き続きSteamで利用可能です。クロスプレイ開始後から「漆黒の女王」の発売までの間に、コンソールプラットフォームでもテキストチャットに対応していきます。まずはテキストの表示から始めて、コンソールプレイヤーが少なくともPCのフレンドが話している内容を確認できるようにする予定です。その後、誰もがチャットに参加できるように、USBキーボードに対応することを計画しています。注: コンソールのUSBキーボードはチャット専用で、キャラクターの操作に使用することはできません。  

導入はただの始まり

クロスプレイは導入して終わりではありません。「漆黒の女王」に向けて、クロスプレイのソーシャル体験を向上させるために様々な改善を行っていきます。  

      • シーズン15初期 
          • Bungie名およびBungieフレンド 
          • プラットフォーム間の招待、マルチプレイヤー、マッチメイキング 
          • プレイヤー検索およびソーシャルプライバシー 
      • 開始後間もなく – プラットフォーム間ボイスチャット 
      • 今冬 – Bungie名の変更 
      • 今冬 – コンソールのテキストチャット表示 
      • 今冬 – コンソールのUSBキーボードによるテキスト入力 
      • さようなら、クロスプレイでまた会う日まで! 

一つの包括的コミュニティに全てのガーディアンが集合する日を心待ちにしています。異なるデバイスでプレイしているために何年も一緒にプレイできていない友人や同僚、クランメンバーはいませんか? 長く離れ離れになっていた友人たちと一緒にレイドやナイトフォール(玄人)をプレイできるようになるのが待ちきれません。いつものように、皆さんからのフィードバックをお待ちしています! 皆さんにクロスプレイを体験してもらい、その感想をお聞きできるのを楽しみにしています。 

クロスプレイチーム 

 
さて、一つお答えしていない質問がありますね。クロスプレイの開始日はいつ? 現在、チームは漏れや落ちのないよう、細心の注意を払いながら導入に向けて取り組んでいます。日付が確定したらお知らせしますので、お楽しみに。



(今シーズン)最後のバナー 

次週、シーズン最後のアイアンバナーを開催するためにサラディン卿がタワーに戻って来ます。夏季の宴の紙吹雪や飾りの片付けが終わったら、次はクルーシブルの戦闘で力が試される時です。シーズンが始まって大分経つので、既に最高峰パワーの上限に達している方も多いでしょう。未到達の方もご安心ください。アイアンバナーのバウンティはまだ完了できます。 

アイアンバナー
開始: 8月4日午前2時(日本時間)
終了: 8月11日午前2時(日本時間)

アイアンバナー報酬を入手できる今シーズン最後のチャンスです。クエストを通してリースウォーカーとアルコン・サンダーを獲得できます。また、対戦やバウンティを完了することでもゲットすることができます。シーズン15でもこれらのアイテムは入手可能ですが、サラディン卿は鉄の豪傑に相応しい武器を新たに用意するつもりでいます。

さて、これくらいにしておきましょう。エリア制圧の準備をしなければ。それでは水曜日にお会いしましょう!  


Bungie財団法人の最新情報: 慈善キャンペーンの合計額 

次のトピックに移る前に、少しお祝いをしたいと思います。全世界への思いやりを示すという点で、皆さんは何度も何度も私たちの期待を遥かに大きく超えてきました。今月初めに開催された慈善キャンペーンについて、Bungie財団法人より、集まった寄付の合計金額をお知らせいたします。先に言っておきます。すごい金額になりました! 

Bungie財団法人: 今月初めには、Bungieの日がありました。Bungieの日は、友情、競争、そして思いやりの絆によって結ばれているコミュニティの素晴らしさを祝う大切な伝統行事です。今年は、このイベントに合わせて慈善キャンペーンを行うことをお知らせしたところ、皆さんから多大なサポートをいただきました! 

皆さんのご協力のおかげで、822,000ドルの寄付が集まりました! この寄付金は全額、子どもたちの健康と福祉の向上、全ての個人とコミュニティの権利の向上、そして危機に直面している世界中の人々への支援に充てられます。 

寄付にご協力いただいた方の多くには、そのお礼としてゲーム内アイテムが贈られます。種類は以下のとおりです。 
      • 10ドル以上: エンブレム「Bungie財団法人」 
      • 25ドル以上: 上記 + 新しいエンブレム「概日警備」 
      • 50ドル以上: 上記 + 新しいエキゾチック「浮揚のシェル」  
      • 75ドル以上: 上記 + 新しいエキゾチック「小型戦車」  

今日現在、これらのコードは皆さんのメールボックスに送られています。寄付をした際にお使いいただいたEメールアドレスに、Bungie財団法人からのメールが届いているはずです。受信フォルダにない場合は、迷惑フォルダや広告フォルダなどをご確認ください。コードを引き換えると、コレクション>フレアー>全般にエンブレム「Bungie財団法人」が表示されます。エンブレム「概日警備」、ゴースト「浮揚のシェル」、感情表現「小型戦車」については、タワーのクリプトアーキから受け取ることができます!   

上記のゲーム内アイテムを受け取ることができるのは、7月8日から7月21日午後3時59分(日本時間)までの間にこのキャンペーンに寄付をしていただいた方が対象となります。対象となる寄付をいただいた方には、1つのメールアドレスにつき、1つの引き換えコードをお送りしました。 

身近なコミュニティやより広範なコミュニティを支援するための呼びかけに応えてくださった皆さんには、「ありがとう」という言葉では足りないほどの感謝の気持ちでいっぱいです。Bungieコミュニティは、本当に素晴らしい形で人々の生活に救いと変化をもたらしています。皆さんにも、自分が一端を担った素晴らしい貢献に大きな誇りを感じていただけていれば幸いです。 

愛を込めて、 
Bungie財団法人 
 

プレイヤーサポートの毎週更新 

 

「今週のBUNGIE」では毎週、プレイヤーサポートチームが重要な情報をリストにして皆さんにお伝えしています。追跡中のバグの状況、調査中の問題、臨時修正のお知らせなど、内容は様々です。彼らがいなければ、私たちは暗闇の中で道に迷ってしまうでしょう。 

今週の報告は以下のとおりです。 

クロスプレイの準備

シーズン15の初めに、クロスプレイが実装されます。どのプラットフォームであれ、シーズン15に初めてログインした際に使われた名前が、クロスプレイ開始時にBungie名となります。名前の変更機能はクロスプレイ開始時点ではまだ利用できないため、今のうちから使用したい名前を考えておくことをおすすめします。 

Bungieストアの更新

新しくなったBungieストアへのアカウントおよび注文の移行に、予想していたよりも時間がかかりました。その影響で、パスワードのリセットや注文の確認ができないなどの問題が発生しました。現在も全てを移行させる作業を続けており、できるだけ早く問題を解消したいと考えています。  

これを受けて、無料の限定ゲーム内エンブレム「ニューブルー」の受け取り期限を8月14日午後3時59分(日本時間)に延長します。コードが記載されたEメールは8月21日に送られます。8月1日午後3時59分(日本時間)までにパスワードをリセットした方には、8月7日にEメールでコードをお送りします。 

臨時修正3.2.1.3のリリース

本日、更新3.2.1.3をリリースしました。以下の内容が含まれます。 

      • Steamで、少数のプレイヤーがファイアチームのプライバシー設定を回避できる問題を修正。  
      • エキゾチックゴーストシェル「ゴイスター」の目が全てのプラットフォームで正常に表示されるようになる。 
      • ガラスの間の難易度「普通」と「達人」には、異なる戦利品のロックアウトが適用されるようになる。どちらも毎週別々に獲得できるようになりました。最高峰報酬は、難易度に関係なく、その週で最初にクリアした時にのみドロップします。 

既知の問題

様々な既知の問題の調査を継続中ですが、ヘルプフォーラム(#Help)で報告された最新の既知の問題をお知らせします。  

      • 総督のクロークの装飾を使用していると、ヘルメットにビジュアルの問題が起こる。 
      • 爆撃手の爆弾の爆発が、スーパースキルを発動中のプレイヤーに対してダメージを与えない。 
      • 1年目のシェーダーバンドルを購入しても、シェーダー「メトロカラー」が解除されないことがある。 
      • オフにした映像設定が、Destiny 2を再起動すると元に戻る。 

Destiny 2の重大な問題に関する詳細情報は、既知の問題記事でご確認ください。他の問題に遭遇した場合は、ヘルプフォーラム(#Help)に報告してください。 


レトロ 

 
かなり長い間ゲームをプレイしてきた方もいるでしょう。グラフィックの進化はすさまじく、もはや現実とゲームの見分けがつかないレベルになってきました。今週選ばれた最初の動画は、少し前のピクセルっぽさが懐かしさを感じさせる作品です。でも楽しいものは時代が変わっても楽しいままですね。 

今週の動画: Destiny 1993


今週の動画: 一撃必殺


作品の動画説明欄にBungie.netプロフィールへのリンクを含めることもお忘れなく。リンクがないと、勝者に贈られる「今週の動画」のエンブレムの送り先がわからないので。

夜の再来 

 
ここアメリカでは夏至が過ぎました。徐々に日が短くなっています。夜は失われた時間を取り戻しつつあります。間もなく、シアトルにはまた長い夜に支配される季節が訪れるでしょう。光が失われ始めたこの時期にぴったりの、コミュニティアーティストによる素晴らしい作品をご紹介します。 

今週のアート: 祈祷者

今週のアート: 暗黒

作品を投稿する際には、#DestinyArt または #Destiny2Art のタグを付けてください。「今週のBUNGIE」で紹介された方には、ゲーム内エンブレムを差し上げます。 


この記事が公開される頃には、私は空港に向かっている予定です。今週末は地元に帰り、2019年後半から一緒に過ごす機会がなかった家族と過ごします。かなり久しぶりなので、楽しみで仕方ありません。今回の帰省の後には8月25日の披露イベントが控えており、ワクワクすることばかりです。 

正直、今回の帰省は嬉しさと悲しさが入り混じったものになるかもしれません。隔離生活の話やワクチン接種の空き状況などについて話したり、昨年新型コロナウイルスおよびその変異型ウイルスによって亡くなった人たちを偲んだりする時間になるでしょう。 

このパンデミックを乗り越えるために、どうか安全に気を付け、周りの人を思いやってください。マスクをして、可能であればワクチンを接種し、感染拡大を防ぐために自分にできることをしましょう。みんなで力を合わせ、それぞれが役割を果たせば、きっと乗り越えられるはずです。 
 
愛を込めて、 
dmg04 
このコンテンツはご覧いただけません。
preload icon
preload icon
preload icon