JavaScript is required to use Bungie.net

ストーリープレビュー - プライムギャンビット

「これは何だ?」ジョクサーは尋ねた。

タイタンは放浪者として知られる寝返った光の戦士の向かいに座った。弾が込められていないライフル、ハンドキャノン、そしてシティの塗装材料がデレリクトの錆びついた甲板の至るところに転がっていた。ジョクサーの足元で船のエンジンが唸って、部屋全体に響き渡っていた。

「仕事の面接ってとこだ」放浪者は答えた。「新しい仕事が始まろうとしているんだ。ギャンビットでは大分しのぎを削ってもらった。その中でも特にお前は秀でていた」

ヘルメットの下で、ジョクサーは眉毛をあげた。「本当か?俺は、カバル大戦の英雄なんかじゃないぜ」

放浪者は低い声で笑った。「何でお前ら皆、俺が奴にお熱になってると思ってんだ?」

ジョクサーは首を横に振った。「お前ら一緒に銃を鍛えたらしいじゃないか」

放浪者は眉をひそめた。「誓ってもいい、アレは俺達じゃない。近頃はどいつもこいつもマリフィセンスを持ち歩いてやがる。俺の祖母ですら持ってるんだ」

「あのプライミーバルはかわし方をよく知っているんだ」ジョクサーは甲板で罵るように言った。

「いいか、よく聞け」放浪者はもたれかかりながら言った。「仕留められないのはお前が下手糞だからだ」

ジョクサー立ち上がって見下ろすように放浪者を見た。

「おい!落ち着けよ、相棒!」放浪者は手を上げてたしなめた。「お前の集めるかけらにはいつも感謝している。お前がマリフィセンスを使ってるかどうかに関係なくな。俺がしなくっちゃならない事は、お前の様な、プロにしかできないことだ」

ジョクサーは彼をまだ見下ろしている。「どういう意味だ?」

「お前のことを見させてもらってきた。どうやら宿られた兵の気持ちが分かってるみたいだな。暗黒がどうやって... 広がるかをな。分かるか?楽しんでいるだよ。お前は」

ジョクサーは落ち着いて、椅子に座った。

「お前は生まれながらの侵入者だぜ、相棒。最高のな」笑ってはいるが放浪者の目に光は灯っていない。「それでだ。お前みたいな奴に試してもらいたいんだ。他の奴らに紹介する前にな...その...俺がプライムギャンビットって呼んでる新しい計画をよ」

「地元のスパロー代理店の宣伝みたいな言い方だな」

「ひと稼ぎしたくないのか?」

「分かった。で、どいつを今度はヤるんだ?」

このコンテンツはご覧いただけません。
preload icon
preload icon
preload icon