JavaScript is required to use Bungie.net

今週のBungie – 2019年2月21日

今週のBungieでは、来シーズンに向けて放浪者が準備を進めています。

錬成のシーズンがまもなく終了となります。ガーディアンたちはブラックアーマリーの秘密を暴き、これまでに多くの武器を手にしてきました。シャックスは真紅の日々が主催し、サラディン卿は今シーズン最後のアイアンバナーを開催しています。放浪者がセンターステージに上がる前に、「過去の惨劇」を中心とするレイド関連のライブ配信を予定してます。レイドの作り方を一から知りたい方は、是非ともこの機会にBungieの舞台裏を覗いてみてください。

レイド「過去の惨劇」のライブ配信
日付:2月26日(水)
時間:午前3時~午前5時

レイドテストチームの素晴らしい戦いぶりと合わせて、本作でも最大の挑戦となるこのレイドにまつわるアイデアや製作秘話について、デザイナー、アーティスト、プロデューサーなどの製作陣からのコメンタリーもお届けします。


さてさて…

 
放浪者のシーズンのギャンビット開始にあたって、これまでにいくらか環境の改善を行ってきましたが、私たちのプレイヤーとしての経験と、「孤独と影」の発売以来収集してきた多くの意見や感想をもとに、内容について少し変更を加えることにしました。本日は開発チームを代表して、シニアデザイナーのRobbie Stevensに3月5日に予定されている変更について話してもらいます。

Robbie:放浪者のシーズンのギャンビットの強化に伴い、最も意見や感想の多かったアクティビティの基本的な要素をいくつか改善します。以下にその一部ではありますが、コミュニティの意見や感想をもとに行った変更をまとめました。3月6日の放浪者のシーズン開始時に、ギャンビットのさらなる詳細と環境の変更について追加で情報を公開する予定です。

      • ギャンビットの第3ラウンドをプライミーバルのラッシュサドンデスに変更。これによりギャンビット全体がスピードアップし、最終ラウンドにリズムの変化が生まれる。
      • 侵入者のスポーン地点を見直し、各マップの侵入者のスポーン地点の数を増加。これにより敵ガーディアンの近くや目の前にスポーンする確率が大きく減少する。
      • 放置対策を実装し、プレイヤーが長時間操作していないと、対戦終了時の報酬や悪名ポイントを受け取れなくなるよう変更。
      • 勝利の道のり「光vs光」が、侵入者だけではなく、スーパースキルを使用中のガーディアンを倒すことでも進行するよう変更。これによりドレドゲンのタイトルを獲得しやすくなる。
      • 預けた量に従って出現するブロッカータイプを調整:
          • 小型のブロッカー=従来のファランクスよりも体力の少ない宿られたゴブリン
          • 中型のブロッカー=従来のナイトよりも体力の多い宿られたキャプテン
          • 大型のブロッカー=従来のオーガよりも体力の多い宿られたナイト

以上の変更は放浪者のシーズンの開始と同時に実行されます。この変更の事前準備として、錬成のシーズンの最終週にトリプル悪名イベントを実施します。

悪名ランクポイント3倍
開始日:2019年2月26日午前9時(太平洋標準時)
終了日:2019年3月5日

ドレドゲンになって放浪者を感心させたいですか?それとも、いくらか武器を手に入れてコレクションを完成させたいですか?この期間中は、全ての勝利と敗北、そしてバウンティで、悪名ポイントを通常よりも多く獲得することができます。


再びサンドボックスへ



ギャンビットの環境の変更に伴い、サンドボックスチームはDestiny 2のゲームプレイ体験を一新すべく、いくつかの武器タイプに微調整を加える予定です。Destiny更新2.2.0では以下のような変更が予定されています。サンドボックスデザイナーのVictor Andersonの開発者コメントと合わせてご確認ください。

リニア・フュージョンライフル
このエネルギーウェポンは長期間にわたってギャンビットを牛耳ってきました。はじめは模倣スリーパーで、 その次はクイーンブレーカーでした。これらに調整を加えてみましたので、また違った楽しみ方が見つかるはずです。

      • リニア・フュージョンライフルのエイムアシストの超長距離に対する補整を弱体化。
          • クイーンブレーカーはデフォルトでエイムアシストがかなり利きやすくなっており、同じ武器タイプの他のリニア・フュージョンライフルのエイムアシスト値を参照していないことが判明しました。その結果、クイーンブレーカーは想定よりも2倍以上エイムアシストが利きやすくなっている状態となっていました。
      • 上記の変更を補うため、PvEでのリニア・フュージョンライフルのダメージを10%増加。

ショットガン
放浪者のシーズンで、連射タイプのショットガンとフルオートPERKにいくつか変更を加えます。これにはいくつか理由があり、ひとつは、PvEでショットガンを使用する際に、フルオートPERKがあまりにも重視されているからです。このPERKを使用すると連射速度が上昇し、ショットガンの与ダメージが実質的に2倍になります。

武器に優秀なPERKをつけるのは重要ですが、ショットガンに対するこの効果の影響はあまりに大きく、PvEでは連射タイプ以外は候補にすら上がらなくなっています。以下の変更が放浪者のシーズン開始時に実施された際には、PvEでアグレッシブショットガンやスラグショットガンなどを選択するプレイヤーが増えることを願っています。

      • ショットガンはPvEではダメージが増加し、実質的に与ダメージが2倍になる。
          • ただしアクリウスの伝説はこれに該当しない。
      • フルオートのショットガンに対する連射速度ボーナスが100%から10%に減少。
          • さらに、ショットガンの弾の拡散範囲も上昇しなくなる。
      • デフォルトの連射速度も修正:
          • アグレッシブは45RPMから55RPMに上昇
          • 精密は55RPMから70RPMに上昇
          • 軽量は80RPM(これまでは誤って90RPMに設定されていた)
          • 速射タイプは200RPMから140RPMに減少(これまでは本来100RPMだったが、フルオート機能により実際は200RPMになっていた)
          • サブ武器タイプをもとにした連射速度の調整に伴い、ショットガンの基礎ダメージ量も一律減少。
      • 1発当たりのダメージ効率上昇に合わせてショットガンの装弾数を変更。

今回の変更を実施するに当たって、クルーシブルでのショットガンにも少し調整を加えました。今後もショットガンはクルーシブルで活躍できますが、確実に一発で仕留められる範囲を狭くしました。

さらに、更新2.2.0ではエキゾチックアイテム「片目のマスク」のバランスも調整します。

片目のマスク
片目のマスクは幅広い戦闘状況においてあまりにも有用なため、PvPではタイタンに必須のエキゾチックとなっていました。以下の変更を実施した後も、使いこなせばこれまでと同様に強力ではありますが、以前よりも対策しやすくなります。

      • 復讐のマーク効果時間を15秒から8秒に短縮
      • キルをしたあとの体力回復を変更。これまでは、体力が全回復し、時間経過でシールドが回復していた。 今後は体力がシールドと平行して時間経過で回復する。これにより、複数のプレイヤーが片目のマスクを装備している相手1人と戦うような状況になった時により楽に対処できるようになる。
      • スーパースキル使用中は復讐が発動しなくなる。 この変更により、強力になりすぎていたスーパースキルを調整。

新シーズンではより激しい戦いがあなたを待っています。今後も意見がある際は遠慮なくお知らせください。皆さんがDestinyを楽しめるよう、引き続きサンドボックスの調整を行っていきます!


あなたの導き手


Destiny内での目的地を目指すうえで、クエストラインをたどっている時に行き詰まったり、敵が現れなかったりするなど、時折問題に直面することがあるかと思います。ですがご安心ください。そんな時は、皆さんが目的を達成できるよう、プレイヤーサポートチームが進むべき道の先を光で照らします。

今週の報告は以下の通りです。

Destiny 2更新2.2.0解決済みの問題のプレビュー – パート2
先週の続きになりますが、3月上旬の更新2.2.0で予定されている、プレイヤーに発生している不具合修正の第2弾を以下にまとめます。

      • 勝利の道のり「ミント・コンディション」:勝利の道のり「ミント・コンディション」が解除されない。
      • 勝利の道のり「苦難の先」:勝利の道のり「苦難の先」が解除されない。
      • 勝利の道のり「マスタースミス」:レアリサーチフレームを完了しても勝利の道のり「マスタースミス」がアップデートされない。
      • 勝利の道のり「計算された軌道」:アイアンバナーで「計算された軌道」の勝利の道のりとメダルが反応しない。
      • エンブレム「エターナルリターン]:夢見る都市でダル・インカルを倒してもエンブレム「エターナルリターン」がアップデートされない。
      • エンブレム「シニアリクルーター」:仲間紹介イベントを完了してもエンブレム「シニアリクルーター」がアップデートされない。
      • バウンティ「ブラックアーマリー愛好家」:ノンフレームのブラックアーマリー武器を使用していると、バウンティ「ブラックアーマリー愛好家」が進行しない。

更新2.2.0で予定されている第3弾および最終修正については、来週にお知らせします。Destiny 2の更新2.2.0の詳細なパッチノートについては、リリース後に更新ページでご確認ください。

黄金時代の遺産
更新2.2.0では、シュトゥルムのクエスト「黄金時代の遺産」で混乱の原因となっている問題も修正されます。

現在、このクエストである段階を迎えると、5つのレジェンダリーエングラムと1つのエキゾチックエングラムを「解読」するように求められます。更新2.2.0では、このクエストの説明文がアップデートし、上記のエングラムを「拾う」ように指示されます。これにより、2年目のワールドドロップエングラムとの整合性が取れるようになります。

混乱が起こらないようにするために、このステップを完了させる上で気をつけるべき特殊な事例を以下にまとめます。

      • プライム・エングラムはこのクエストのステップではカウントされない。
      • ベンダーのランクアップ報酬とクリプトアーキから購入したエングラムはこのクエストのステップではカウントされない。
      • 運命のエングラムとシュールから直接購入したエキゾチックはこのクエストのステップではカウントされない。
      • アクティビティ中に拾い忘れポストマスターに送られたエングラムは、このクエストのステップではカウントされない。
      • プレイヤーの所持品内にある、手動の解読が必要な1年目のレジェンダリーおよびエキゾチックエングラムは、このクエストステップではカウントされない。これらのエングラムはかなり特殊な事例にはなりますが、今でもいくつかの方法で入手可能となっています。

問題に遭遇したプレイヤーは、#ヘルプフォーラムにご報告ください。



ご着席ください


レイドボスを倒した1人のタイタンでも、伝説のクルーシブルの一団でも、たとえどのような動画であれ、コミュニティの皆さんが今週の動画に提供してくれるものを私たちは心の底から楽しみにしています。シャペロン、囁き、ミッドナイト・クーが次々と敵を圧倒する勇姿をぜひご覧ください。

今週の動画: Destinyファン警察—再生


特別賞: 皆の誇り

エンブレム「運命のレンズ」を手に入れたい方は、bungie.netのメインページにあるコミュニティ作品に動画を投稿してください。


放浪者のシーズンまであと12日となり、開発チームもDestiny 2更新2.2.0に向けて懸命かつ慎重に作業に取り組んでいます。

最後に、ハンターの皆さんから質問のあった件についてご報告します。これまでに「シェーダーのプレビュー中にクローク全体を見られたら最高なんだけどな」と考えたことのある方に朗報です。更新2.2.0では、キャラクター画面でクロークを確認する際の視点に変更を加えています。


放浪者のシーズンが始まる前に、今後もパッチノートのプレビューをお届けする予定です。それでは良い週末を!

今後ともよろしくお願いします。
Dmg04

P.S.—砕かれた玉座をソロでクリアしたガーディアンの皆さんに報告があります。私も火曜日に、ついにこのチャレンジを制覇しました。言い換えれば、やってやったぞということです。

[編集者メモ—先にCozmoがクリア済み。Dmgはそのことを絶対に忘れないように]

このコンテンツはご覧いただけません。
preload icon
preload icon
preload icon