JavaScript is required to use Bungie.net

今週のBungie – 2018年5月31日

今週のBungieは、未来への準備を進めています。

最近、開発作業の予定表の更新を行うと共に、新たな目標をいくつか設定しました。そして9月に、「(まだ明らかにされていない)今後の計画」の一部を発表できるよう作業を進めてきました。その全容をお披露目する時が来ました。今回は、近々開催される超巨大なショーについて詳しく紹介します。

DeeJ: 2年目を迎えるDestiny 2の今後の計画について、その一部を紹介したいと思う。私達には大きなアイデアがいくつかあり、それをもとにしてガーディアンのゲーム体験を変化させ、惑星間の英雄としてより一層ゲームを楽しめるように調整を行っている。今回はその内容を紹介し、是非とも私達の生の声を届けたいと思っている!

数多くの開発チームメンバーから話を聞くことができるだろう。彼らは9月をめどに、複数の大きな作業を完成させる予定でいる。これまでの発表ですでにお馴染みの2人、ゲームディレクターのスティーヴ・コットンプロジェクトリーダーのスコット・タイラーと共に、新たに掘り下げていきたいと思う。数多く寄せられているコミュニティの意見と感想に答え、プレイヤーが予期すらしていなかった新たな情報も明らかにしていきたい思う。まずは期待に応える発表と共に、新たな開発作業の予定表を見ていきたい。


今回が初回となるこの対談は、今夏一杯まで続く予定だ。是非とも楽しんでもらいたい。コメントにみんなの名前が表示されるのを楽しみにしている。思いついたことや皆の意見もどんどん伝えてもらいたい。



フレンドリーなライバル関係

見逃した方のために、今回のBungie VersusストリームはTwitchのスタジオで行いました。これは私たちにとって二度目の挑戦であり、今回もDestiny 2のプライベート対戦を実施しました。今回はVicarious Visionsにフレンドを招待して対戦を行いました。これは彼らにとって初めてのTwitchストリームです。彼らのできたてホヤホヤのチャンネルを是非ご覧ください! 非常に素晴らしい内容で、フレンドリーな対戦を何度か行いました。接戦が繰り広げられ、最終的にはチームBungieが勝利しました。再戦が行われるのは間違いないでしょう。彼らもリベンジの機会を望んでいるはずです。 



対戦ありがとうございます! 恋愛と戦争に関しては手段を選びません。次の機会を楽しみにしています…



ラリーの復活


更新1.2.1では、シーズン3のためにファクションラリーに修正を加えました。3月 に、このイベントの全体的な目的について、シーズンチームで話し合いを行いました。今日はその目的を再検討し、その目的を果たす過程の変更点について大まかに確認していきたいと思います。

ファクションの選択を意味のあるものにしなければなりません。
  • プレイヤーは現在、ファクションラリー中は、1つのアカウントで1つのファクションにしか忠誠を誓えません
  • 評価の進捗状況は複数のイベントを通して保持され、忠誠先を変更しても、シーズン中はリセットされません
  • エキゾチック・アマーやエキゾチック・ウェポン用のマスターワークの媒体など、各ファクションは独自の報酬を用意しています
  • シーズン3ではファクションラリーを3回開催する予定です
 
  • デッドオービットの報酬はアナザーワールド・アイの装飾とグラビトン・ランスの媒体です
  • ニューモナーキーの報酬はアルファ・ルピの紋章の装飾とスイートビジネスの媒体です
  • フューチャーウォー・カルトの報酬はナックルヘッドレーダーの装飾とサンショットの媒体です

シーズンのベンダー進捗
  • 各ファクションに新たなランクが追加され、プレイヤーはファクションの印を手に入れることでランクアップできます
  • ファクションのランクが30を越えるまで、ランクアップ報酬としてレジェンダリーのアーマーと武器を手に入れることができます

デッドオービット

ニューモナーキー
フューチャーウォー・カルト

ファクションラリーは、内容が充実しているのはもちろんですが、より良い報酬を手に入れるためだけでなく、普通とは異なるゲーム体験ができなければなりません。さらに、失われたセクターとアーマーの装飾に興味が出るように工夫する必要があります。
  • ファクションラリーでは新たに、「名声」システムを採用しました
    • ファクションに忠誠を誓った後、プレイヤーは公開イベントやパトロールを完了したり、各地にいる重要目標を倒したりすることで名声を獲得することができます
    • 名声が発動状態の時に失われたセクターを探索すれば、プレイヤーは通常よりもかなり多くのファクションの印を手に入れることができます。名声が高ければ高いほど、より多くの印を獲得できます
    • 名声は敵に倒されると失われてしまうので、名声が上がった状態で失われたセクターを探索する時は注意してください!

  • 名声レベルによりゲームプレイの難易度が上昇します
    • 体力の回復速度が大きく低下します(全レベル)
      • 敵を倒すと一定確率で体力オーブが出現します(全レベル)
    • プレイヤーの攻撃力が低下します(レベルに応じて5段階)
    • 被ダメージが増加します(レベルに応じて5段階)

名声がアクティブになっていると、他のプレイヤーはそのプレイヤーがどのファクションに所属しているか見ることができます。


注: 名声はそのガーディアンの所属ファクションを表示しますが、それは第三者だけ が見ることができます。この機能は全プレイヤーに適用されます。

ファクションラリーは継続イベントで、最終的には、このイベントで最も多くランクパッケージを獲得したファクションに勝者の贈り物が与えられます。この報酬は次回のイベントで、ランクアップ報酬として手に入れることができます。シーズン1と2では、ニューモナーキーが他者を圧倒する結果となりました。デッドオービットとフューチャーウォー・カルトの今後の活躍に期待しています。


ファクションラリーは、6月6日水曜日、午前2時から次の週一のリセットまで開催される予定です。ファクションラリーが始まり次第、断続的にフィードバックの収集を行い、その内容を精査していきます。



研究室の仕事

昨日、クルーシブル研究室が使用可能になり、特殊なゲームモードを実行できるようになりました。このモードに関して、フィードバックの方法や今後の展開などについて、かなり多くの質問をいただいています。いくつかの質問について、PvPデザインリーダーのデレック・キャロル答えてくれました。

デレック: 現在、クルーシブル研究室でテストを行っているゲームの種類はショーダウンです。これは4v4のチームゲームで、ダブルをプレイしたことのあるプレイヤーにとっては馴染みのある内容だと思います。あえて言えばダブルの2倍でしょうか? とにかく、ルールは単純です。各ラウンドの制限時間内にできるだけたくさん敵を倒したチームがそのランドを制し、5ラウンドのうち3つを制したチームが勝利となります。4ラウンド終わった時点で2対2の同点になった場合、純粋なサバイバルマッチであるファイナルショーダウンが始まり、勝者に王冠が授けられることになります。
 
クルーシブル研究室は現在開発中で、私たちも作業を進めながら色々なことを学んでいます! 来週6月6日の週一リセットまでには使用可能になる予定ですが、追加で作業が必要になった場合は、先にそのテストを終わらせなければなりません。ショーダウンのテストのためだけでなく、問題が発生しないようにするために、研究室の開発は慎重に進めています。
 
私たちは皆さんになじみ深い、RedditやTwitterといった場所でも情報を収集していますが、今回は是非とも、 Bungie.netのフィードバックフォーラムで、皆さんの意見をお聞かせください。いずれ全体の進捗状況などをもっと詳しくご報告できると思いますが、今はとにかく皆さんの生の反応を心待ちにしています。
 
フィードバックであればどのようなものも歓迎ですが、できれば以下のような点をお聞かせください:
    • このモードをどう思いましたか?
    • 分かりにくい点はありましたか?
    • 何か足りないと感じたことはありますか?
    • プレイしやすい/しにくいマップはありましたか?
    • スポーンに関して問題はありませんでしたか?
    • 短すぎる/長すぎるラウンドはありましたか?
    • ゲームプレイの質の低下に繋がるような武器や特殊な状況などはありませんでしたか?
 
ご覧いただきありがとうございます。皆さんにご協力いただくことで、クルーシブルをより一層楽しめるものにできると考えています!




プロトコルの調整

ウォーマインドが発表されて以来、エスカレーション・プロトコルは大きな話題になっています。難易度やファイアチームの人数などに関するフィードバックを多数いただいています。現在、デザインリーダーのジェイコブ・ベネトンデザインリーダーのベン・ウォマックが調整を行っています。

ジェイコブ/ベン:この週一の更新を適用することで、ウェーブ4~7のエスカレーション・プロトコルの敵のレベルが下がります。ウェーブ1~3のレベルは370のままです(つまりレベル2のウィザードボスには今後も注意が必要です)。

このアップデート以前から火星にいたプレイヤーは、一度オービットに戻ってからまた火星に行くことで、以下のような変更が適用されます。


変更前の数値
    • ウェーブ1:370
    • ウェーブ2:370
    • ウェーブ3:370
    • ウェーブ4:385
    • ウェーブ5:385
    • ウェーブ6:400
    • ウェーブ7:400

変更後の数値
    • ウェーブ1:370 
    • ウェーブ2:370
    • ウェーブ3:370
    • ウェーブ4:380
    • ウェーブ5:380
    • ウェーブ6:385
    • ウェーブ7:385


注: 変更前のイベントが実施されているエリアに入るのを避けるには、アップデート後に少し待機してから、再度火星に移動してエスカレーション・プロトコルに参加してください。

今回の変更について
敵のパワーレベルを変更する場合、通常はパッチが必要ですが、開発段階で、エスカレーション・プロトコルの敵を異なるパワーレベルに即座に切替えられる、特殊なサーバーフラッグを作成しました。これは、このアクティビティをより一層難しいものにすることを決定したコミュニティサミットを経て作成されました。このフラッグの切替えには一切ダウンロード必要としないため、変更を素早く行うことができます。

変更を行う理由
ウォーマインドを発表して以来、私たちはエスカレーション・プロトコルに対する皆さんの意見を聞きながら、内部データを観察し続けてきました。その情報を確認していたところ、主にウェーブ6、7の難易度が原因で、私たちが想定していたような、3名のファイアチームでエスカレーション・プロトコルに参加するプレイヤーがあまりいないことが分かりました。ウェーブ6、7のパワーレベルの変更であれば、先ほどサーバーフラッグについて説明したように、数週間掛けてパッチを開発しなくても、すぐに実行できます。

後半のウェーブのパワーレベルを下げたのは、385レベルのプレイヤーたちが、全世界にいる他の仲間たちと3人組のファイアチームを組んで、エスカレーション・プロトコルに参加しやすくするためです。9名のプレイヤーが参加することは可能ですが、最高レベル、またはそれに近いプレイヤーであれば、以前より人数が少なくても問題ないことに気付くはずです。このイベントが簡単になりすぎるのではないかと懸念している方もいるかもしれませんが、ご安心ください、高難易度のエンドゲームコンテンツとしての楽しさが失われることはありません。仕組み、制限時間、敵の行動などは一切変わっていないので、クリアするためには今後も、最高のチームと最高の装備、そして最高の作戦が必要になります。 



新たな1ページ

明日、マーク・ウェイド(ドクター・ストレンジ)とデイヴィッド・A・ロドリゲス(Destiny 2: ウォーマインド)の共著であり、クリス・アンカ(ランナウェイズ)が作画を担当した、ウォーマインドの電子コミック第二弾が発売されます。午前2時に発売予定ですが、正式な発表はTwitter@Bungieでご確認ください。




私立探偵

更新1.2.1で、Destiny 2のゲームプレイに影響を及ぼす様々な問題を修正しました。発売以来、いくつかの問題が発見されています。ゲーム内の問題に関する最新情報や、その内容を確認できるのは、Destinyプレイヤーの協力があってこそです。

今週の報告は以下の通りです。

更新1.2.1の既知の問題

更新1.2.1のリリース以降、次のような問題が報告および確認されています:
    • ナイトフォールの特有の報酬:DLCなしのDestiny 2とオシリスの呪いのストライクで獲得できるナイトフォール限定報酬がドロップしないという問題が確認されています。現在、調査を行っており、問題が解決次第、アップデートを行います。
    • Xbox Oneのログイン: Xbox OneでDestiny 2にログインできない、もしくはソフトの起動ができない場合があり、その原因について調査しています。この問題発生時の動画を提供しただける場合は、#Help forumまでご連絡ください。
    • プロトタイプのエングラムと強力な報酬:レベルアップをしてプロトタイプのエングラムを入手したにも関わらず、強力なエングラムを受け取れない問題について調査しています。また、この問題は、レベルアップ後に時間を置いてから、マイルストーンを完了することで回避することができます。
    • マスターワーク付きファイナイト・インパクターで倒した敵の数: アイアンバナー・ハンドキャノンのファイナイト・インパクターで敵を倒しても、倒した敵の数を正確にカウントできない場合があります。
    • マスターワーク付きブレイ・テク RWP Mk. IIで倒した敵の数: マスターワーク付きブレイ・テク RWP Mk. IIで敵を倒しても、倒した敵の数を正確にカウントできない場合があります。
    • 勝利のベテランのキル数: 勝利のベテランのクルーシブルエンブレムが、プレイヤーのキル数を正確にカウントできない場合があり、その原因を調査しています。
    • 火星のアドベンチャーが解放されない: プレイヤーが火星の通常のアドベンチャーに参加できない場合があり、その原因を調査しています。
以上の報告を、#Help forumにあるウォーマインドの重要情報および既知の問題のスレッドに追加しました。更新に関してはTwitterの@BungieHelpで確認してください。



その他の情報 


Destiny 2のアクティビティには、その週の人気映画のような体験をできる可能性が秘められています。レイド、クルーシブル、様々なロケーションで、一生忘れられないような楽しい体験や、究極のチームワークが試されるような試練が待っているかもしれません。どうぞご着席を、間もなくショーが始まります:  

今週の動画: チームワークが夢を成就させる

特別賞: 私に近付きすぎないで



私たちは開発作業の予定表の上で新たな一歩を踏み出しました、今後数カ月にわたって新たな情報を公開していく予定です。最新情報を見逃したくない方は、購読することでBungie.netのアップデート情報をEメールで受け取ることもできます。常に情報を受け取れる状態にしておけば、皆さんのプレイスタイルに応じた情報を提供できるかもしれません。また、情報通だけが手に入れられる、エンブレムも獲得できます。


Eメールの認証方法はここで確認できます。すでに購読している方には、そのお礼として特別なエンブレムを送らせていただきます。このエンブレムは、購読を続けてくれた方々に、今年の夏が終了するまで、定期的に配布する予定です。

良い週末を、火曜日にお会いしましょう!

それでは、今後ともよろしくお願いします。
Dmg04

このコンテンツはご覧いただけません。
preload icon
preload icon
preload icon