JavaScript is required to use Bungie.net

今週のBungie – 2017年10月5日

Bungieは今週、スコアを発表した。

タワーには、つい最近判明した結果を知らせるバナーが掲げられている。それによって、多くのガーディアンの心を射止めたファクションがデッドオービットだということが分かったと思う。黒の方が似合うと思ったからだろうか?それとも、ただそんな気分だったからだろうか?各ガーディアンがデッドオービットに忠誠を誓って荒野に赴いた理由は、憶測の域を越えることはないだろう。

確実に言えることは、アラーハ・ジャラールが第1回目のファクションラリーを制したということ。ただ、彼も楽に勝利を手にしたわけではない。どのファクションもそれぞれかなりのポイントを獲得していた。プレイヤーに渡された報酬パッケージは6100万個にまで上り、その中でデッドオービットは200万個以上の差をつけてトップの座を獲得した。2位は僅差でニューモナーキー。3位はさらに僅差でフューチャーウォー・カルトだった。

以前言った通り、報酬は勝者であるデッドオービットからもらえるようになった。デッドオービットに忠誠を誓っていたプレイヤーはお手ごろな値段で手に入れることができる。忠誠を誓っていなかったプレイヤーも手に入れられるが、それには相当な額を支払う必要がある。忠誠を誓わないと、こんな代償があるというわけだ。

ファクションラリーはまた戻ってくるので、ニューモナーキーやフューチャーウォー・カルトに忠誠を誓ったプレイヤー達には、逆襲のチャンスがいつになるのかまたお知らせしたいと思う。来週は、別のイベントで特別ゲストを迎えるため、タワーの中を少し整理するつもりだ。



鉄の豪傑の帰還

カバル大戦の影響で、人類の英雄達は太陽系中に散り散りになった。その戦士達が1人また1人とシティに戻って来ている。今回はサラディン卿が場を取り仕切り、勇敢に戦うガーディアンに対して報酬をくれる。



開始: 10月10日午後6時
終了: 10月17日午後6時

ゲームはコントロールだ。

第1回目のファクションラリーが終わりを迎えると同時に、鉄の豪傑が次の行事を開催する。この特別イベントには様々な変更が施された。ただ、アイアンバナーが対人戦の戦火の中で戦い、自分の力を証明する場所であること自体には変更はない。

何が変わった?
  • 戦闘は4対4のチーム戦。
  • パワーレベルではなく、戦闘技術によって勝敗が決まる。
  • バウンティとランクが、アイアンバナーのエングラムに差し替えられた。

どうすれば参戦できる?
  • Destiny 2のキャンペーンを完了(タワーに行く唯一の方法)する。
  • タワーにいるサラディン卿を訪ねてアイアンバナーのクエストを始める。
  • クイックプレイモードとマッチメイキングを使ってアイアンバナーのプレイリストで戦う。

何がもらえるの?
  • 各対戦後にアイアンバナーの印が手に入る。(勝利した場合は手に入る量が増える。)
  • 栄光までの進捗を記録する日ごとシーズン*ごとのマイルストーン。
  • 鉄の豪傑の炉で鍛え上げられた新しいアーマーを獲得できる。



対戦精神を称えてガーディアンを着飾ろう。ファイアーチームを作るか、もしくは運命にチームメートを決めてもらおう。



君がベストさ!
[2017年10月9日: 新しい開始時間に更新]

他のガーディアンと戦うのはあまり好きではない?というプレイヤーにもお知らせがある。最も過酷なPvEの挑戦が10月19日の木曜日の午前2時にナビゲーターに到着する!時間をかけて問題を修正した後、カルスが威光のレイドに招待してくれる。



このアクティビティを完了できるガーディアンは、普通のモードと比べて減るだろうと思う。各戦闘のメカニックへは何かしらの変更が入っているが、その規模は最小限。威光のレイドは、もっと過酷なサンドボックスを攻略する感じのモードだ。目標はキャラクターの進行状況を促進させることではなく、もっとユニークな報酬を用意することで、個々がさらに輝くようにすること。自分がシティを守護する最強のガーディアンの1人だということを世界に知らしめるための招待だと思えばいいと思う。

世界初が誕生するのを相変わらず待っている。そして、これ以上はもうお話することはできない! 

それでは、ご武運を!



彼らの舞台で自分のストーリーを

*またこの言葉が出てきた... 「シーズン」だ。

クランを調べる時に「シーズン」という単語を目にすると思う。それを今度はブログでもお話したいと思う。これはつまりどういう意味なのか?

その質問には、おそらくTwitchConで答えさせてもらうことになると思う。



パネル討議: Destinyのシーズン
日本時間の10月21日(土)の午前8時30分
CoolCat Theater + CoolCat Channel

Destiny 2のシーズンって何?

シーズンごとにどんな変化があるの?

シーズンはいくつあるの?

シーズン2はいつ始まるの?

セッションはストリーミングされる予定だ。(というか、TwitchConなのだからストリーミングしないと逆におかしい。) なので、誰でもチャンネルに入ってDestinyコミュニティのために用意した内容を見ることができる。当日になったら、実際に劇場に訪れるか、このリンクをクリックして視聴しよう!



ガーディアンに仕えて



help.bungie.net/jaにはDestinyのゲームプレイに関して挙げられる質問への回答が掲載されており、誰でもそこへ行けば情報を得られるようになっている。また、リアルタイムで行われている話し合いもある。ただ、プレイヤーが勝てるようにアドバイスするのが目的ではなく、サポートチームがプレイヤーから報告される問題を調査することを目的としている。なので、質問する前にまず検索してみると、彼らが掲載した記事に既にその回答が載っている可能性もある。

今週の報告は以下の通り。

臨時修正1.0.3.1
火曜日、Destiny 2に臨時修正1.0.3.1をリリースするためのメンテナンスが行われました。メンテナンス終了時に、一部のプレイヤーが本来とは別のサービス環境下で新しいキャラクターを作成するよう促される、という問題が発生しました。この問題が原因で削除されたキャラクターやアイテムはありません。解決策としては、Destiny 2をいったん閉じて再起動すれば、キャラクターが正常な状態に戻ります。

イベントのベンダー: 出現しない問題
9月26日、週一のリセット後すぐにタワーを訪れても、一部のプレイヤーに対してファクションラリーのベンダーが出現しないことがありました。この問題の原因究明と共に、その解決策も模索中です。同様に、10月10日に開始されるアイアンバナーのベンダー、サラディン卿もこの問題の影響を被るのではないかと予測しています。週一のリセットの後、タワーでサラディン卿を見つけられない場合は、オービットに戻ってもう一度タワーに行くことをお勧めします。

Destiny 2のエラーコードに関する調査
現在、一部のプレイヤーに対して、Destiny 2のキャンペーンを進められない、もしくは別のアクティビティからオービットに戻されるという現象を引き起こしているcabbageのエラー報告を引き続き調査しています。
上記リンクのヘルプ記事が最近更新されましたが、一部のプレイヤーはこの新しくなった修復手順に従うことで、このエラーの頻度を減らすことができています。掲載されている手順のいくつかは、インターネットサービス業者を通してネットワーク機器のセキュリティ制限を変更する必要があるかもしれません。この調査に関する新情報は、判明し次第共有させていただきます。

さらに、Destiny 2のゲームプレイに影響を与えるnewt、beaver、guitarとpermissionsのエラーの増加も調査中です。ゲームプレイ中にこの様な問題に遭遇した場合は、#Helpフォーラムに以下の情報を記載して報告してください。
  • このエラーが発生した時、ファイアチームに属していましたか?
  • このエラーが発生した時、どのアクティビティをプレイしていましたか?
  • Destiny 2のゲームプレイに必要なネットワーク設定になっているかを、ネットワーク修復ガイドの手順を通して確認していますか?

これらのエラーの頻度上昇について調査を継続しますが、その間、Twitterの@BungieHelpをフォローするか、help.bungie.net/jaを確認することで、サーバーの状態、既知のダウン時間、問題の調査などの更新情報を確認してください。



「参加したい場合は、この男を通すしかない」



何年か前のこと。プレイヤー達が楽しんでくれている様子が見えてとても嬉しいということを伝えるため、いつもの週刊ブログの締めとして、この一文を書いた。勝者に贈るエンブレムは思い出の品としていいものだが、何よりも大事なのは、作品ページが今後もコミュニティおよびコミュニティのメンバーと触れ合える楽しい場所であり続けることだ。

今週の動画: 幸せなら手を...


特別賞: 美しきかな: Destiny 2 - 「新しいフロンティア」


特別賞: Desitny 2 - 「Be Brave」のメタルカバー。

[注: このチャンネルを聞きながら、このブログを書き上げた。作成者に感謝。]



Cozmoがいなくて寂しく思っている人は?実は私もその1人。たった独りなので、コミュニティに向けて書くと寂しくなる時がある。来週、いつもの猫の写真と、あの淡々としたニュース口調で戻ってきてくれる。ブログを書けるのは楽しく、有難いと思っているが、彼はこのコミュニティの管理者としての地位をかなり確立している。なので、私はプレイヤーを助ける彼を助けている感じだ。

ゲームをプレイし続ければ、様々な展開をゲームを通して見ることができるだろうと思う。マイルストーンを通しても、週一のリセット後に「秘密」が明かされるはずだ。少し先のマイルストーンについても計画している。既に、憶測を呼びそうなことをいくつか上に述べたが。Destinyは荒れ狂った自然界のようなもので、常に変化し続けるもの。だからこそ、こうして1週間ごとにフォーカスしながら進めている。話したいことがたくさん残っていて、ゲームに戻るたびに新しい挑戦がプレイヤーを待っている。これから数週間、PCというプラットフォームで新たなガーディアンがコミュニティに加わることになる。今年中に、ストーリーやロケーションなどをもう少し広げる予定もある。

個人的なことになるが、この間の夜、クルーシブルで戦った後に、Bungieのゲームを通して出会った11年前来のチームメートと食事に行った。私はBungieコミュニティの産物だ。私のガーディアンに対する挑戦は、プレイヤーにもう1度プレイしたいという思わせるDestiny 2の人的要素に目を向けることにある。最高の報酬は、このようにゲームの外で育まれる友情。早くて来週にも新しい装備を手に入れることができるが、私の言う報酬は、このゲームを大いに楽しんでくれるコミュニティの人々だ。宇宙を股にかけて光を操り栄光を賭けて戦う英雄、という趣味が、コミュニティがいることでさらに楽しくなってくれればと思う。

その実現を手伝ってくれているプレイヤー達に心から感謝したい。

 
このコンテンツはご覧いただけません。
preload icon
preload icon
preload icon