JavaScript is required to use Bungie.net

今週のBungie – 2017年1月12日

Bungieは今週、休暇を終えた社員でごった返し始めた。

2017年最初の週刊ブログにようこそ!プレイヤー達も休暇から戻り、無事に戦場へ帰還できているようで嬉しい。社員は1人また1人と会社に戻り、休暇という充電期間を経て新年の作業に意欲を見せている。それでは、プレイヤー間で共有している冒険の話に戻るとしよう。

最後にBungieブログの画面をリフレッシュしてから、たくさんのことが起こった。スパローがゲートを通過して加速しながらゴール地点を目指した。一新されたストライクをプレイ中にザヴァラがスコアを記録してくれるようになった。新しいアイス・ブレーカーを手にいれたプレイヤーもいるかもしれない。暁旦を逃してしまっても、楽しみが全て消えてしまったわけではない

ずっとインターネットにしっかりと耳を傾けていた。プレイヤーからの声は必ず聞いている。新年になったため、新しい質問が舞い込んでくると踏んでいるからだ。

「次の冒険は何?」

「今後についてはいつ話してくれるの?」

まず、Bungieのライブチームはまだリリースを予定している。プレイヤーに新しいコンテンツを提供できるよう、次のコンテンツ更新に向けて作業を続けている。ただ、バンガードの新しいミッションが到着する前に、プレイヤーから報告のあった問題の一部に対して修正を実装する必要がある。

とりあえず、スカーミッシュを楽しみながら待とう。



死か栄光か

これはレースではなく、戦いだ。



開始: 1月18日(水)の午前3時
終了: 開始: 1月24日(火)の午後6時

ゲームはクラッシュ!

エフリディートが最後に訪れた時は、危険なエネルギーの塊を投げるモードだった。スパークが飛び交う中、コミュニティでは暁光について活気あるトークが沸き起こっていた。多数のプレイヤーがだんだんとこのモードを楽しみ始めたようだ。今回は、最初から存分に楽しんでもらえると思う。お馴染みの銃撃戦は、お気に入りのエキゾチック武器を持ったプレイヤーが大いに楽しめるモードだ。

いつも通り、報酬も用意してある。

ピストル


ロケットランチャー


ハンターアーマー


タイタンアーマー


ウォーロックアーマー


付いてくる特殊効果が最高で、安定感を持って狙えますように。ファイアチームがいるなら、皆で挑もう!チームがいない場合は、新しいフレンドを作るという手もある。背中を任せられる仲間に会えた、と喜んでくれることだろうと思う。それを機に、ゲーマーとしての生き方を変えてくれるかもしれない。

そして、光も忘れずに。



ファンの激突

Destinyの本編が発売されて以来、自分達の首に報酬をかけてプレイするイベントを行ってきた。「Bungieバウンティ」と呼ばれるものだ。この企画への招待は至ってシンプルで、Bungie社員にマッチメイキングを通して出会い、倒すというだけ。成功したチームにはエンブレムが送られる。

そして、つい最近こう思い始めた。「自分達だけ楽しんでない?」



これから数週間、コミュニティの著名なプレイヤーの首に報酬をかけ、ターゲットになってもらおうと考えている。Bungieバウンティの日々は、あのなかなか手に入らない幸運と戦いのエンブレムを獲得するチャンスだ。平日は毎日新しいターゲットが指定される。

そして、2時間の間、各ターゲットは本人が希望するハードウェアでクラッシュをプレイする。クルーシブルに参加する時、そのターゲットは独りで、チームを引き連れていない。各対戦で、ターゲットのチームまたは敵チームが勝者となるが、勝者にはそれぞれ「反意の証」を贈ることになっている。



Bungieバウンティの日々は明日(日本時間の1月14日)に開始だ。初日のターゲットはProfessor Broman。バウンティは午前6時に開始し、午前8時に終了する。各バウンティは2時間。

ターゲットについては、Twitterで確認しよう。ターゲットのその日の戦闘が終了となったら、Bungieによって新しいバウンティが確認される。最終日は2月10日。つまり、4週間丸々楽しめる企画となっている。

一体どのプレイヤーが報酬を手中に収められるか楽しみだ。



プレイヤーのサポート



Destinyプレイヤーサポートチームは、他の社員が冬期休暇を取って州外へ旅行に行っている間も社内に残ってくれていた。どんな時間でも起きてプレイしているプレイヤーがいるため、彼らもなかなか寝る間を惜しんでいるようだ。

今週の報告は以下の通り。

臨時修正2.5.0.1
暁旦のリリースの後、Destiny更新2.5.0で発生した問題の報告を監視していました。#Helpフォーラムに報告を投稿していただいたお陰で、以下の問題が2017年1月18日(水)午前2時半にリリースとなる臨時修正2.5.0.1によって修正されます。
  • 災いの地の一部のパトロールミッションで、要求されているアイテムがきちんとドロップされないことがある。
  • シュールの「希少品」のアイテムが、スペースに限りがあるため週ごとに変わる。
  • ノヴァ・モルティスとアバドンという2丁のマシンガンの安定性が一貫していない。

正式なパッチに関する詳細は、この臨時修正のリリースに合わせて公開となります。

Destiny更新2.5.0の既知の問題
以下の問題が#Helpフォーラムの既知の問題スレッドに追加されましたが、今回の更新では修正されません
  • サバイバルのゲームモードで、ファイアチームのプレイヤーを全員倒してもラウンドが終わらないことがある。
  • 骸骨の鍵がキャラクターの所持品メニューから誤って削除されることがある。
  • 「バンガードのエリート」バウンティからアイス・ブレーカーを手に入れても、それに関連するグリモアカードが解除されない。
  • 「ボイドが奏でる歌」のクエストを完了したプレイヤーに対し、タワーのイコラの頭上にマークが表示されるが、次のクエストを受け取るにはザヴァラ司令官と話す必要がある。



歓迎委員会: 白い手袋、金色の水準
#Helpフォーラムに報告を投稿する時は、プレイヤーをサポートするために奮闘しているチーム全体に宛てて書くことになります。そのサポートに、歓迎委員会の勇敢なメンバー達も協力してくれています。例えば、このコミュニティのボランティア達が既に回答が提供されている質問について広めたりすることで、プレイヤーへのサポートの手を広めたり、役立つヘルプ記事について知らせたり、ゲームをプレイできなくしている新問題を突き止めるための調査に手を貸したりしてくれています。

今週、歓迎委員会に新しいメンバーを追加しました。新メンバーを温かい拍手で迎えてましょう!
  • Metni
  • Vincenzo2xs

他のプレイヤーへの絶え間ないサポートが評価され、コミュニティの先輩という「称号」が授与されることになりました。この昇格を通して、彼らにはBungie.netバッジ、特注のフォーラムアバター、そしてDestiny内で使える特別なエンブレムが渡されます。もし彼らにバッタリ会ったら、お礼を言ってあげてください。

一丸となって問題解決に臨むコミュニティとして、道を失ったガーディアンを導く仕事を手伝ってくれているので。もっと先輩を増やさないといけなくなった時は、コミュニティで手助けが好きなプレイヤーの中から候補を選んでいます。優しさと自発力で作られる道はどこへ導いてくれるのでしょうか?Destinyプレイヤーサポートチームにも、元歓迎委員会というメンバーが2人います。

Destinyの世界で先輩を見つけたら、お気に入りの感情表現で挨拶しましょう。たくさんサポートしてくれる存在なので、感謝の気持ちでいっぱいです。新先輩、歓迎委員会へようこそ!今後も新しい先輩を迎えられるのを楽しみにしています。



「動画に関連してるんだよ!」
――Cozmo (このセクションの題が下品と受け止められた時に発した台詞)



コミュニティのリーダーを狩る前に、バウンティまがいのことを毎日行っているこの男の話を聞くことにした。アーマーを身に着けたプレイヤー達によって作られた動画を引っさげて早速登場だ。

Cozmo: 「今週の動画」が戻ってきました。コミュニティがどんなものを作成したのかを見るため、それぞれがお気に入りの機器を通して集まるのは数週間ぶりですね。久しぶりで興奮します!

あの大人気のエンブレム「封印の証」ももちろん戻ってきましたよ。勝者と特別賞に贈られます。動画の作成を手伝ってくれた人がいたら、そのプレイヤーのアカウント名も動画の内容部分に含めてください。そのプレイヤーにもエンブレムを贈りたいので。あぁ、そうそう。勝利した動画の背景にたまたま映っていただけでは作成に携わったことになりませんよ。

次週は勝利のチャンスが巡ってくるように、作品ページに自作の動画を投稿してください。ただ、たくさんエントリーされてくるので、承認までに時間をください。エントリーと言えば、今週の勝者を発表しましょう。

今週の動画: ミッションの終わり方。


特別賞: 黄金のたわみ。(警告: 汚い言葉遣いと笑い声。)

特別賞: Destinyのモンタージュ-失敗編#2。




今週はこの辺で。

2017年はこうして幕開けした。新しい1年の始まりだ。

プレイヤー達がずっとゲームを楽しんでくれているのはとても有難い。これからももっと楽しんでほしい。新しいコンテンツについて何か分かったら、すぐにその詳細を共有し始めたいと思う。

それまでは、現コンテンツで大いに盛り上がろう。
このコンテンツはご覧いただけません。
preload icon
preload icon
preload icon