JavaScript is required to use Bungie.net

今週のBungie – 2016年4月28日

Bungieでは今週、パンチを感じた。

4月の更新がリリースされてから数週間。太陽系中のあちらこちらで、ガーディアン達がクロマで輝きを増しながら活躍を見せている。宿られた兵の生き残りが焦って逃げ出している。リーフが英雄達でごった返している。今この瞬間は、アイアンバナーに押し寄せているようだ。

次の水曜日(5月4日)に、更新2.2.0.2をリリースしていくつかバグの修正を行うつもりだ。 修正が入るのは宝箱、クエスト、報酬などで、大きなものはない。また、このリリースには敵に与えるダメージに関する修正も含まれている。

これらの変更がどのようにしてBungieの作業場からプレイヤーのテレビへ届けられるのか、少し話そうと思う。



いいバグだけ
[ネタバレ: ダメージのバグ。]

魔法とエキゾチック武器で敵を翻弄するゲームでも、拳を使った古風な攻撃方法は依然存在する。だよね、タイタン?

とりあえずDestinyの世界だけ見て、パンチが当たったのにダメージが入らなかったという経験をしたプレイヤーがいると思う。Bungieでも同じだ。

パンチやショルダーチャージをして、必ず当たると思ったのに空振りして標的を通過してしまったという経験をしたプレイヤーもいると思う。これも、Bungieで体験したバグだ。なので、その道のエキスパート2人に見てもらうことにした。

次の更新で、この近接の苦悩を解消できればと思う。サンドボックス・エンジニアのジョン・ケーブルを覚えているプレイヤーも多いと思う。バグ修正に関して、ジョンの右に出る者は少ない。Destinyの1年目で、死亡時にヘビーウェポン弾を失ってプレイヤーがストレスを溜めていたが、それがジョンの働きによって緩和された。今回、問題排除のためにジョンをプログラムの深淵に送り込んだところ、見事ラスボス... ではなくバグを倒して帰って来てくれた。

最近、ジョンは適切な近接攻撃の複雑さについて調査をしているそうだ。その調査報告はこちら。

ジョン:近接攻撃を浴びせた時、当たったように見えたのにダメージが全く入らなかった場合は、大抵の場合でネットワークの問題になります。自分の位置をゲームをプレイしている他のハードウェアに適切に伝達できていない時、または相手のプレイヤー側で同様の問題が発生している時に、この現象が頻発するようです。近接攻撃中のプレイヤーの位置に関連するネットワーク機能を調整したので、それによってこの問題を対処できればと思います。インターネットは完璧ではないので、この問題が全く発生しなくなったわけではありませんが、症状は軽くなったはずです。

近接攻撃で空振りした場合は、大抵の場合でサンドボックスの問題です。間違った位置から標的探しを始めていたバグがあったので、修正しました。通常は、攻撃するプレイヤーの頭の位置から標的を探し始めますが、このバグが発生していたため、標的探しの距離が短くなっていました。攻撃時に標的に十分近づけなかった場合、または標的がプレイヤーから離れていっていた場合は、近接は当たりません。新しく修正を入れたことで、アークブレードとショルダーチャージが前よりずっと一貫すると思います。修正は入れましたが、敵が自分から離れていっているなどの状況は依然発生するので、全ての攻撃が絶対に当たるわけではありません。

プログラマーの話を聞いている時は、数学の抜き打ちテストを言い渡される時のように冷や汗が流れてくる... ただ、あの抜き打ちテストも難なくこなした生徒がいたからこそ、こうしてDestinyのようなゲームが存在すると思うと、冷や汗をかきながらも感謝をしたくなる。

この近接攻撃に関する修正は、更新2.2.0.2のリリースに含まれないので注意。

サンドボックスに変更を加えると、ゲームの世界がガタガタになってしまう恐れがあるので、ゆっくり時間をかけながら、細心の注意を払いながら行いたいと思う。

その手順は以下の通り:
  • 更新2.2.0.2は日本時間の5月4日(水)の午前2時頃からリリースを開始予定。
  • 週末中に安定性の基礎更新を監視。
  • 日本時間の5月11日(水)の午前2時に、新しい近接コードを手動で作動。
  • その様子を監視し、サンドボックスの感想を収集。

この予定はまだ最終決定したものではないが、今のところはこの手順と日程で進めることになっている。実際に作動させる前に、事前の警告をプレイヤーに送るつもりだ。変更がリリースになった際、もしバグが多発するようなことがあれば、すぐにこの「修正」を入れる前のバージョンに戻すことができるので、何がおかしな挙動が見られた場合は、すぐにご連絡を。というのはお願いするまででもないが、すぐに対応できる体制を整えておくということだけ...

プレイヤーのゲームプレイの妨げを最小限に抑えられるようにしたいと思う。



ガーディアンを守る隊



タワーから旅立つ時、プレイヤーを支えてくれるのは?ファイアチームのメンバー!はもちろんのこと、ゲームの裏側も含めると、Destinyプレイヤーサポートチームも大きな役割を担っている。

Destinyプレイヤーサポートチーム: アイアンバナーのクラッシュが現在開催されています。終了は5月3日(火)の午後6時です。このライブイベントに関する詳細は、こちらのヘルプ記事を確認してください。

アイアンバナーが日本時間の4月27日(水)の午前2時に開催された時、以前獲得したアイアンバナーの評価がすぐにリセットされないことに気がつきました。全プレイヤーの評価がリセットされたのは、日本時間の午前2時半でした。評価をリセットすることで、全参加者がランク3と5で獲得可能なアイアンバナーの評価報酬パッケージを受け取ることができました。これらパッケージの中身は更新2.2.0で変更になったので、アイアンバナーの帰還時にプレイヤーがこれら報酬を受け取れるようにしたいと思いました。この時間中に評価を獲得できなかったことに対してお詫び申し上げます。

さらに、Destinyコンパニオンアプリでのサラディン卿とアイアンバナーの評価の表示に関する問題を解消しました。なので、レジェンドで獲得した評価を見てもらえるようになり、またサラディン卿の在庫もデータや特殊効果も合わせて見てもらえるようになりました。

最後に、週間クルーシブルの煌く宝を獲得するには、カオスのランブルのプレイリストで1対戦を完了する必要があります。ナビゲーターのクルーシブルのアイコンからアクセスできます。週間クルーシブルのレジェンダリーの紋章もこのプレイリストで獲得できます。



撃ってスコア



Destinyのコミュニティ管理者はバリクスほどに忠実で、いつもどのプレイヤーが1番に躍り出たかを見ている。

Cozmo: エルダーの挑戦の2週目で、トップ3のハイスコアを記録したのは以下の3つのファイアチームです。グレネードの投げ具合が正確で見事に敵を仕留めていました。その結果、ボーナスポイントをガッポリ稼げたようです。

ハイスコア - 112,595
  • RainDog56
  • Crunchytime
  • ianskills1995
  • Bladed_Wolf (控え)

2位のスコア - 90,560
  • sc Slayerage
  • EPICOOKIEZ
  • Eavr

3位のスコア - 84,455
  • TheUltraSaint
  • PickaxeSwinger2
  • Nutley99

今週はとにかく近接キルです。ボーナスポイントは、敵に接近して倒すという危険な状況を生き抜いたことに対して与えられます。注意: 「力の代償」が作動していて、各ラウンドで一定時間シールドが発生します。この戦闘条件で最高スコアを達成したのが誰かは、また来週お知らせします。



できたてホヤホヤの動画



倒した敵の数だけが英雄を決めるわけではなく、アーティストとしてその名を轟かせるプレイヤーもいる。

Cozmo: 新しい動画が届きました。たくさん見させてもらいましたが、その中でも特に際立ったものを公開します。いつも通り、勝者にはその動画作りの才を祝って、神聖なエンブレムを報酬としてお贈りします。このお宝がほしいというプレイヤーは、作品ページに投稿してください。それでは、どうぞ!

今週の動画: Destinyは素晴らしい。


特別賞: パキューン、パキューン、パキューン。


特別賞: Wiiリモコンで完璧プレイ。




今週はこの辺で。間もなくパッチに関する詳細を公開する予定なので、ニュースの確認をお忘れなく。




あともう1つ。「レジル・アジール」というユーザーの投稿について情報が行き交っているが、あれはBungie社員ではなく、このレジルが残したナゾナゾを裏付けるどころか、Bungieでも解けないという状況。面白い投稿ではあるが、全くの謎状態... 「何?何の話?」と分からないプレイヤーは、そのまま気にせずに。分かったプレイヤーは、このナゾナゾが何なのか、そのまま引き続き楽しむのもいいと思う。

念のため、Destinyのニュースはここ、またはここで公開されるまでは何も決定していないのでご注意を。
preload icon
preload icon
preload icon
このコンテンツはご覧いただけません。