JavaScript is required to use Bungie.net

Bungie週刊ニュース - 2016年1月21日

Bungieでは今週、Destinyに関する話し合いを再開した。

最後に週刊ニュースを発行したのは、スパローレース開催最中の年末だった。最後のレースが記録ブックに記録されると同時に、この週刊ニュースも冬期休暇に入った。あれ以降、プレイヤー達がいろいろコメントを出し合っているのを、裏方で作業しながら静かに見ていた。

今日はDestiny初のバレンタインデー企画を発表できるので嬉しい。スケールとしては死者の祭りと同じくらいで、開始は間もなくだ。ただ、開始前に確保しておいてほしい日付がいくつかあるので、以下を見ながらカレンダーにマークしよう!



一緒にプレイするカップル

今年の2月、現実世界では幸せいっぱいのカップルが満員になったレストランでじっと見つめ合いながらプレゼントを贈るだろう。Destinyの世界では、ガーディアンが戦いの中だけで見出せる特別な交友関係をお祝いするだろう。そう、タワーで勇敢なる者達に真紅の日々と呼ばれる儀式が始まる。



企画中は空気中に愛が蔓延することだと思う。この企画は2月9日から1週間続く。

2月の更新には他の更新や修正も含まれている。真紅ダブルと呼ばれる2対2のクルーシブルモードだ。特別な「ひねり」があり、戦いを切り抜け、星々を探索した恋人達だけが理解できる新しいゲームプレイだ。このモードをプレイするには、自分の戦闘スタイルを光らせてくれるパートナーが必要だ。2人で一緒に、クルーシブルでいい戦利品をもらえるかもしれない。このプレゼントをもらうには、普段のいがみ合いをさておいて、一緒に協力して戦う必要がある。



私はというと、もう既にある相手をパートナーと決めた。自分自身が優勢に立てるように、シニアデザイナーのリーフ・ジョハンセンに一緒にプレイしてもらうことにした。もしかすると、Bungieバウンティのターゲットにさえなってくれるかもしれない。リーフはこの新しい対戦モードの製作を率いたので、どうすれば勝てるのかいろいろ計画を立てているに違いない。プレイヤー達にも勝てるチャンスがあるように、来週の週刊ニュースでこのゲームタイプの詳細や、チームメートと共有できるヒントなどを公表したいと思う。

それ以外では、リーフは独り占め!真紅の日々を一緒にプレイするパートナーは自分で見つけること。ただ、パートナーは1人だけでなければいけないというルールはないので、心惹かれる相手にそのうち会うことができればと思う。



「スパークを取った!」

楽しいデートに出かける前に、まずサラディン卿に話しに行く必要がある。アイアンバナーが戻ってきた。今までとは一味違う。



開始: 1月26日(火)の午前10時(太平洋時間)
終了: 2月2日(火)の午前12時(太平洋時間)

ゲームは暁光だ!

自分のチームがスパークを運べれば、強力なアイテムを獲得してさらにパワーアップできる。(まだ320に達していないプレイヤーの場合は)

フュージョンライフル


スカウトライフル


タイタンアーマー


ハンターアーマー


ウォーロックアーマー


PlayStationアーマー(期間限定の特殊アイテム)


サラディン卿から入手可能:
ランク3: クラスアイテム、PlayStationクラスアイテム
ランク4: チェストアーマー、スカウトライフル
ランク5: フュージョンライフル

ゲーム後のドロップで入手可能:
ランク2: ブーツ
ランク3: チェストアーマー、PlayStationヘルメット、スカウトライフル
ランク4: フュージョンライフル

スパークのチャージが開始するのは来週だ!



戦え

チームメートを見つけることに関連して、対戦相手がどのように選ばれているか詳しく見てみよう。もちろん、これはマッチメイキングについてだ。様々な数式を駆使し、競い合うDestinyのプレイヤーを組み合わせていく過程。



ガーディアンがどのようにマッチメイキングされるかについては、頻繁に話し合われている。オンラインで見られるコメントを読んでいると、最近はこのマッチメイキングをするのが難しくなってきているようだ。それを解決するため、デザインリーダーのラーズ・バッケンに数学的なことを話しに来てもらった。

いったいどうなってるの?最近はクルーシブルがかなり激戦みたいなんだけど?

ラーズ: はい、最近はかなり... 汗が滲むほどになっています。1年目で受けた意見で1番多かったのが、クルーシブルでかなり釣り合いの取れていない対戦に入るというものでした。プレイヤーが接戦を極められるように、長い目で見た解決法として、スキルベースのマッチメイキングシステムを大改造するというのを常に考えていますが、「降り立ちし邪神」でそういった対応ができるまで、応急処置として圧勝防止やコールド規定のようなシステムを追加しました。

プレイヤーのスキルはどうやって計られる?

ラーズ: プレイヤーのスキルを計ったり、対戦相手としてのレーティングを計算する超機密な数式を使っています。対戦が終わるごとに絶えず査定されており、またプレイしているプレイリストによって異なるスキル計算も使われています。例えば、アイアンバナーのプレイリストのレーティングは、通常のコントロールのものと違います。

これはいつからやってる?

ラーズ: 「降り立ちし邪神」をリリースした時に、対戦をどう優先させるのが最善かについての情報を集められるスキルシステムに大きな変更を施していました。この作業は10月にコントロールのプレイリストで開始されました。それから時間をかけてこのシステムをクルーシブルの他のアクティビティにも導入しました。12月の時点では全プレイリストで使用されていました。

どうして報告してくれなかったの?

ラーズ: この変更を本当の意味で試すには、先入観が全くないデータが必要でした。その結果、どうすれば向上させられるか学ぶことができました。

今回こういう発表があったから、これからいろいろな話し合いが見られるようになると思う。こういった変更はまた入る?

ラーズ: クルーシブルをプレイヤーにとってよりよい場所にできることなら常に実装する努力をしています。そういう変更を施す時は、プレイヤー達にきちんと報告されているようにする必要がありますね。

次は本当に教えてくれる?

ラーズ: もちろんです。実は、近未来にレイテンシー(遅延)を減らせるようにいろいろと変更が入ります。今新しいデータを全て見ていっていて、その点を向上できるように計画を立てています。

ということだ!クルーシブルのマッチメイキングや全般的なプレイの更新情報は、引き続きここから確認できる!



先輩は大忙し



Bungieブログが最近静かだが、Destinyプレイヤーサポートチームはそれでも休まず#Helpに載せられる問題解決に励んでいる。

Destinyプレイヤーサポートチーム: お久しぶりです!過去の週刊ニュースで、クルーシブルのクエスト「武器マスター」で発生している問題を調査中と報告していました。もし読んでいないという場合は、一部のプレイヤーに実際に発生しているバグの様子を以下にリスト化しました。
    • 銃器技師の頭上に緑色のマークが表示されているのに、クエストの最後の過程を受理してくれない
    • メインウェポンの各タイプで10キルずつ必要な「もっと弾薬を」の過程を完了できない

この問題が解決するまで、次のクエスト過程はタワーのシャックス卿から受け取ってください。「山の頂上」を探してください。詳細はこのヘルプ記事から確認できます。

最近Destinyをプレイし始めたプレイヤーは、最近更新されたネットワーク修復ガイドを一読することをお勧めします。最適な接続状況を維持した状態でDestinyをプレイできるように、様々なネットワーク設定に対する修復情報が記載されています。

今週、一部のプレイヤーがPlayStation 3でDestinyをプレイできない問題を調査しました。サインインしようとすると、「Buffalo」のエラーコードが表示されます。この問題は既に解決しているようですが、PlayStation 3で依然「Buffalo」のエラーコードが発生する場合は、お知らせください。

Destinyプレイヤーサポートチームのメインページはhelp.bungie.net/jaです。ゲームのプレイを妨害する問題の修復情報は、ここで探すのが最善です。



携帯電話のマナーモードをオン



Cozmoは、知らない人と「邪神、滅びる」をプレイしていない時、動画の査定をしている。今週もいい動画が見つかったようだ。

Cozmo: Bungie週刊ニュースが帰ってきたということは、「今週の動画」が帰ってきたということです。コミュニティ中で作成された素晴らしいDestiny動画をまた共有できるので嬉しいです。今日の勝者と特別賞には、希少価値の高い「今週の動画」エンブレムが贈られます。自分の作品も査定してほしい、というプレイヤーは作品ページに提出してください!

今週の動画: サンブレーカー作戦


特別賞: Destinyを振り返る


特別賞: AFK FTW




今週の週刊ニュースも終わりに近づいた。

たくさんのプレイヤーが2月のイベント以降について知りたがっている。次はどんな挑戦を引っさげてくるのか楽しみに想像を膨らませてくれている。Bungieはそういうプレイヤー達が大好きなので、毎日いいゲームを作ろうと頑張れる。

間もなく、2月以降に到着予定の2番目の大きなゲーム更新について共有できるようになるだろう。2016年の予定についてはまだまだ機密が多いが、詳細が入り次第、プレイヤー達と共有したいと思う。2月の更新についても、公表できる状態になるまでは、「作業中」の札が降りることはない。

私はチームが作業しているコンテンツを見せたいと気持ちが逸るが、チームもプレイヤー達に見てもらいたいと強く思っているらしい。作業が終わればリリース。今のところは真紅の日々のリリースが先だ。来週、リーフと一緒にこちらの詳細を語ろうと思う。

あともう1つだけ...


訳: DeeJ、週刊ニュースの最後にゴールデンレトリバーの子犬の写真を載せてくれない?

ルーク・スミスにメープルを紹介してもいいか聞いてみた。

このコンテンツはご覧いただけません。
preload icon
preload icon
preload icon