JavaScript is required to use Bungie.net

強さが[やっぱり]物を言う

サラディン卿がタワーへの帰還準備をしている時、クルーシブルの多数のガーディアンから今でも力が物を言うのかという質問を受けた。「降り立ちし邪神」でDestinyのプレイのし方が変わる際、アイアンバナーにも変化が訪れた。要約すると、ゲームクリア後のクルーシブルで強い光ほど怖いものはない。この事に関して詳細を語るには、シニアデザイナーのデレック・キャロル適任だ。正確な戦略的解析を支える数学的要素を教えてくれるだろう。

数字が出てきて少し読みにくいかもしれないが、どうか辛抱を!



こんにちは。デレックです。今日は「目の保養」になる画像を持ってきました。

アイアンバナーが2年目初で帰ってきます。そして、クルーシブルのプレイリストは全て一新されたパワー分布になります。

パワー分布は、様々な光レベルのプレイヤーに対してどれだけのダメージを発生させるかを計るツールです。ゲームの裏側には秘密の数式が多数あり、ダメージ計算をしています。詳細は述べませんが、簡単に言うと、下のグラフの光10個分がレベル1つ分と思えばいいと思います。例えば、私の光レベルが280で、光レベル300の人を攻撃すると、私が負けている差分は2になります。

グラフ:



過去の分布を比較するこのグラフを見て、「ちょっと待て、最初のアイアンバナーの分布はいまいちだった!「降り立ちし邪神」の分布がそれにかなり似ているじゃないか!何で!?」と思うユーザーもいると思います。

その質問には多数の回答がありますが、今週のクルーシブルに最も関連がある回答は、分布の一番下が依然10%ということです。これはレベルが低いプレイヤーのプレイを困難にする重要な要素です。「降り立ちし邪神」には新しいプレイヤーとゲームをクリアしたプレイヤーとの間にかなりの差があるため、このように差が激しくなっています。

グラフの上部分にズームインしてみましょう。



グラフのこの部分に、熟練度の高いプレイヤーの大半がいます。つまり、「降り立ちし邪神」のパワー分布は、最初の3レベルに関しては過去のリリースよりもかなり好戦的であることが分かります。つまり、対戦に参加しているプレイヤーが全員ほぼ最大レベル(または自分と同じレベル)に達していると仮定して、力の小さな差異が今までよりも深刻になります。マッチメイキングがあるので同じくらいの熟練度のプレイヤーとプレイすることになると思うので、力ベースのプレイリストをプレイする時は、使用している装備によって優劣が決まると思います。

この記事を読んでさらに質問が増えたかもしれませんが、これで過去の分布未来の分布との間に違いを見出してもらえたらと思います。

それでは、お楽しみください!



ちょっと難しい話だったが、興味深くもあった!

つまり、光レベルを上げろということだ。

幸運を、ガーディアン!
このコンテンツはご覧いただけません。
preload icon
preload icon
preload icon