JavaScript is required to use Bungie.net

ヘルプ

keyboard_arrow_up

もっと専門的な修復手順: UPnP、ポートフォワーディング、NATタイプ

Xbox 360
Xbox One
PlayStation 3
PlayStation 4
PC
これは、ネットワーク修復ガイドのサブページです。ガイドの冒頭に戻るには、上の画像またはこちらをクリックしてください。

もっと専門的な修復手順: UPnP、ポートフォワーディング、NATタイプ


Destinyをプレイ中に接続の問題が発生し、ガイドの他のセクションで説明される基本的な修復手順を試しても修復されなかった場合に、ネットワーク修復ガイドのこのセクションを参照してください。以下の修復手順は専門的なもので、もっと複雑な接続の問題の解決策を提案しています。

内容


UPnP設定

UPnPは、プレイヤーのネットワーク上の機器にルーターやモデムの設定をさせ、自動的に必要な接続を可能にするネットワーク技術です。UPnPは、Destinyに接続するための最もシンプルな方法です。
  • 可能であれば、UPnP設定を使うことをお勧めします。
  • ポートフォワーディングは、UPnPの使用が不可能な状況でDestinyがプレイできない場合にのみ使用してください。
  • UPnPとポートフォワーディングの両方を同時に有効にすることはお勧めしません。
  • UPnPは、同じネットワーク上で、1台以上のハードウェアを使って同時にDestinyをプレイする場合に必要です。

UPnPの設定


警告: ルーターで間違った設定に変更すると、インターネットへのアクセスを失いかねません。ルーターの設定を変更する時は十分に注意してください。このプロセスを開始する前に、機器の説明書などを参照することをお勧めします。

  1. ルーターの管理コントロールパネルにログインする。
  2. 通常、ウェブブラウザーでルーターのインターネットIPアドレス(例: http://192.168.1.1)を打ち込むことで可能です。
  3. コントロールパネルにアクセスするには、ルーターやモデムの説明書を見てください。
  4. 通常「LAN」や「ファイアウォール」項目下に位置している「UPnP」設定を見つける。
  5. UPnP設定を見つけるには、ルーターやモデムの説明書を見てください。
  6. UPnPを有効にして変更を保存する。
  7. ネットワーク上の機器を全て切断して再接続する。

トップに戻る

NATタイプ

NATタイプ は、ネットワークがハードウェアとインターネットとの間の接続をどれくらい厳しくブロックするかを表し、UPnPとポートフォワーディングの設定に直接影響を受けます。
  • NATは「ネットワーク・アドレス変換」のことで、ルーターの機能です。
  • SonyとMicrosoftは、それぞれのハードウェアのネットワークテストでNATタイプを説明する時に、異なる用語を使用するのでご注意ください。
  • オープンまたはタイプ1のNATが一番規制が緩く、Destinyが必要な接続の成立に最適ですが、大半のプレイヤーはモデレートまたはタイプ2でも問題なくプレイできます。

一般的な問題

UPnPまたはポートフォワーディングを設定してNATタイプを変更すると、以下の問題を解消できます。
  • 頻発するエラーコード: beaverflatwormleopard
  • 自分のファイアチームのメンバーのボイスチャットの声が聞こえない
  • 頻繁に空の状態でロードされるソーシャルスペース
  • マッチメイキングのアクティビティでゲームが見つからず、エラーコード「mongoose」や「時間内にマッチが見つかりませんでした」のメッセージが発生する
  • 「ダブルNAT」に関する詳細は、このガイドの一般的なハードウェアの問題の部分を確認してください。

NATタイプの選択

ゲーム機のプレイヤーの場合は、SonyとMicrosoftで用語とその意味が少し異なります。これらのハードウェアにおけるNATタイプの説明は以下を確認してください。

NATタイプ

タイプ1 ハードウェアがルーター、またはルーターとモデムなしにインターネットに直接接続されている状態。ハードウェアと他のプレイヤーとの間で、全てのネットワーク接続が許可されています。
タイプ2 大半のゲームをプレイするのに必要なネットワーク接続設定が施されているルーターに接続されている状態。他のプレイヤーを見つけられない場合は、UPnPやポートフォワーディングを設定する必要があるかもしれません。
タイプ3 他のプレイヤーやサービスとの接続をブロックしているルーターに接続されている状態。Destinyをプレイできる前にUPnPやポートフォワーディングを設定する必要があります。

Microsoft/XboxのNATタイプ

オープン ハードウェアと他のプレイヤーとの間で、全てのネットワーク接続が許可されています。どのプレイヤーとも一緒にプレイやチャットができます。
モデレート ハードウェアと他のプレイヤーとの間で、大抵のネットワーク接続が許可されていますが、一部の接続はブロックされている可能性があります。NATタイプがオープンまたはモデレートのプレイヤーとプレイやチャットができますが、ストリクトのプレイヤーとは接続できません。
ストリクト ハードウェアと他のプレイヤーとの間で、最小限のネットワーク接続しか許可されていません。多数の接続がブロックされます。NATタイプがオープンのプレイヤーとしかプレイできません。

トップに戻る

ポートフォワーディング

ポートフォワーディングは、ルーターを通して接続を可能にするための、手動でルールを定義するプロセスです。UPnPを使用しない場合、Destinyが必要な接続を全て可能にするにはおそらくポートフォワーディングを使用する必要があります。

警告: これは技術的プロセスで、各ルーター、モデムによってやや異なる可能性があります。ルーター上で間違った設定に変更すると、インターネットへのアクセスが失われたり、場合によってはルーターのコントロールパネルへのアクセスが失われることがあります!ルーターの設定を変更する時は、十分に注意してください!

ポートの開き vs フォワーディング

ポートを開くというのは、内向きと外向きのトラフィックを許可するという意味です。
  • ポートを開くと、ネットワーク接続の一部の問題を解決することができます。
  • ルーターがこれらポートでトラフィックをブロックしたり遅らせている場合は、ブロックを解除する必要があります。

ポートをフォワーディングするというのは、使っているハードウェアに向けられるように特定のポートの内向きのトラフィックにルールを設定するという意味です。
  • Destinyが内向きのトラフィックに使用するポートは、ポートフォワーディングする必要があるかもしれません。
  • フォワーディングは内向きのトラフィックのみに影響するので、以下のリストされているポートはどれも内向きのポートです。
  • また、フォワーディングしたい先のポートも開いている必要があります。ブロックされている通信をフォワーディングしようとしてもあまり意味がありませんから!

ポートを開く

  • ルーターまたはモデムのファイアウォール設定がデフォルトでトラフィックを許可している場合、必要なポートでトラフィックをブロックするファイアウォールのルールがないことを確認すれば、ポートを開いたも同然です。
  • ルーターまたはモデムのファイアウォール設定がデフォルトでトラフィックを未許可にしている場合、ポートを開くには新しいファイアウォールのルールを作成して必要なポートでのトラフィックを許可する必要があります。

ポートフォワーディングの設定

  • 各ルーター、モデムはそれぞれ別のやり方があるため、ポートフォワーディングの設定方法に関する詳細はルーターまたはモデムの説明書を確認してください。
  • ハードウェアに固定IPアドレスを指定してポートフォワーディングをより簡単に設定することをお勧めします。
  • 同じネットワーク上で、1台以上のハードウェアを使って同時にDestinyをプレイしようと思っている場合は、ポートフォワーディングを使用時に接続の問題が発生します。同じネットワーク上で、1台以上のハードウェアを使って同時にDestinyをプレイする時は、、UPnPが必要です。

開いたりブロック解除するべきポート

ハードウェアTCPのポート番号UDPのポート番号
PlayStation 480, 443, 1935, 3478-3480
7500~7509
30000~30009
2001, 3074~3173, 3478~3479
Xbox ONE53, 80, 443, 3074
7500~7509
30000~30009
53, 88, 500, 3074, 3544, 4500, 1200~1299, 1001
PC80, 443, 1119~1120, 3074, 3724, 4000, 6112~6114
7500~7509
30000~30009
80, 443, 1119~1120, 3074, 3097~3196, 3724, 4000, 6112~6114
PlayStation 380, 443, 5223, 3478~3480, 8080
7500~7509
30000~30009
3478~3479, 3658
3074, 1001
Xbox 36053, 80, 443, 3074
7500~7509
30000~30009
53, 88, 3074, 1001

内向きにフォワーディングするべきポート

ハードウェアTCPのポート番号UDPのポート番号
PlayStation 41935, 3478-34803074, 3478-3479
Xbox ONE307488, 500, 1200, 3074, 3544, 4500
PC該当なし3074, 3097
PlayStation 33478-3480, 5223, 8080
3074, 3478-3479, 3658
Xbox 360307488, 3074

トップに戻る

ネットワーク修復ガイドのディレクトリ


これはネットワーク修復ガイドのサブページで、Destinyのゲームプレイに影響を及ぼしているネットワーク接続問題の修復手順を推奨することで、プレイヤーをサポートしています。ガイドの冒頭に戻る、または他のページを読むには、以下の該当ボタンをクリックしてしてください。
エラーコード ネットワーク設定 一般的なハードウェアの問題
接続の最適化 もっと専門的な修復手順 冒頭へ戻る

これらの手順が問題解決につながらなかった場合、ヘルプページに戻って解決法を探してください。

このコンテンツはご覧いただけません。
preload icon
preload icon
preload icon