JavaScript is required to use Bungie.net

ヘルプ

keyboard_arrow_up
2020/06/18
Destinyのアカウント制限と禁止に関する方針
Xbox 360
Xbox One
PlayStation 3
PlayStation 4
PC

Destinyを管理する行為規範ライセンス契約に違反した場合は、Destinyの一部または全てのコンテンツやアクティビティからアクセス制限または禁止を受ける可能性があります。

Destinyのアカウント制限と禁止に関する方針の詳細情報は、以下を参照してください。



禁止を受けた理由は?


禁止を受けた理由は?


アカウントやデバイスの禁止に言及するメッセージを受け取った場合は、そのメッセージに記述されるアクティビティへのアクセスを永久に失ったということになります。
  • アクセス禁止のメッセージには、禁止対象のアクティビティ、禁止が課せられたのはアカウントなのかデバイスなのかが記載されています。
  • アカウントが禁止された場合は、今後該当アカウントで禁止されたDestinyアクティビティをプレイすることはできません。
  • デバイスが禁止された場合は、今後該当デバイスでDestinyアクティビティをプレイすることはできません。
  • 個人アカウントの禁止ステータスに関係なく、禁止されたデバイスではいかなるアカウントを使用してもDestinyアクティビティには参加できません。
  • アクセスを禁止されたハードウェアまたはPCを中古で購入した場合、そのハードウェアまたはPCからDestinyに接続することはできません。




不安定な接続


Destinyをプレイする時に一貫して接続が不安定なアカウントがある場合は、Bungieは他のプレイヤーへの悪影響を考慮しそのアカウントのアクセスを制限したり禁止することがあります。

ネットワークや接続の質を安定化させる方法については、ネットワーク修復ガイドをご参照ください。

ネットワーク修復ガイド




頻繁な放棄や接続不良による離脱


Destinyのクルーシブルまたはギャンビット対戦で頻繁に放棄または離脱が見られる場合は、制限や禁止が課されることがあります。




サードパーティのPCアプリ


PCでもDestiny 2を公正に楽しくプレイしてもらえるように、サードパーティのアプリケーションがゲームクライアントにコードを挿入できないようにしています。これにより、Destiny 2のPC版と一般的に使われているサードパーティのアプリケーション機能との間の互換性が失われる可能性があります。

Destiny 2のPC版と互換性がない可能性がある機能の例は、Destiny 2のPC版とサードパーティのアプリケーション機能の互換性記事をご参照ください。

Destiny 2のPC版とサードパーティのアプリケーション機能の互換性




行為規範またはライセンス契約への違反


Destinyを管理する行為規範ライセンス契約に違反する行為があったとBungieが判断した場合、Destinyの一部または全てのコンテンツやアクティビティからアクセス制限または禁止を受ける可能性があります。

例として、以下のようなものが挙げられます(これらに限定されるものではありません)。
  • 以下のいずれかを使ってDestinyのゲームサービスに接続:
    • 手が加えられたゲームのソフトウェア
    • 手が加えられたゲーム資産
    • 手が加えられたハードウェア
    • 手が加えられたファームウェア
    • エミュレータや仮想マシンなどのファイルが含まれた、手が加えれらたオペレーティングシステム
  • 外部プログラムを用いたDestinyのゲームソフトウェア動作の変更または分析 - 例:
    • トレーナー、改造、不正行為、エイムボット、オートファイア
    • ユーザーモードやカーネルデバッガー
    • グラフィックのハッキング
    • 悪意のあるネットワークトラフィックをDestinyサーバーまたは他のDestinyプレイヤーに送信
  • 外部プログラムや外部デバイスを用いてゲームプレイを自動化したり、アイドリング状態の検知を回避
  • 他のプレイヤーのゲームプレイを妨害したり、ゲーム内で優勢に立つ目的でDestinyのネットワーク通信を変更したり妨害する行為
  • 上述の区分において、他のプレイヤーの行動から意図的にゲームプレイ関連の利益を引き出す行為
  • Destinyのソフトウェアやダウンロードコンテンツへの無許可のアクセス(ゲームの著作権侵害)
  • Bungie、Microsoft、Sony、Blizzard、Valve、Activisionの社員になりすます行為
  • 他のプレイヤーのゲーム体験を損ねるようなオンライン上の挙動 - 例:
    • 憎悪発言、嫌がらせ、メッセージの大量発信
    • 習慣的な不公正な行動
    • マッチメイキングのアクティビティで習慣的にゲームを中断したり放置する行為
    • 別のプレイヤーのアカウントにログインし、そのプレイヤーのアイテムやキャラクターを意図的に削除する行為
  • 対戦モードのクルーシブルまたはギャンビット対戦を習慣的に途中放棄すると、クルーシブルまたはギャンビットへの30分間のアクセス制限が課せられます。

行為規範  限定ソフトウェアライセンス契約


注意!

Bungieは、不正を繰り返すことが確認されたDestinyアカウントやプレイヤーのハードウェアを永久的にアクセス禁止する権利を有します。アクティビティ禁止や制限について、複数の不正行為が確認された場合にはデバイス禁止に発展することがあります。さらにBungieは、利用規約に対する重大な違反であると判断された場合には、初めての違反であってもDestinyアカウントやプレイヤーのハードウェアを永久的にアクセス禁止する権利を有します。




装備、アイテム、コンテンツに対するアクセス制限


特定のアクティビティのアクセス制限を受けた場合、そのアクティビティに関連する装備やアイテムにもアクセスできなくなることがあります。例として、以下のようなものが挙げられます(これらに限定されるものではありません)。
  • 武器、アーマー、ゴースト
  • 消費アイテム、改造パーツ
  • バウンティ、ミッション、クエスト
  • アドベンチャー、マイルストーン、週のエングラム 
  • シェーダー、船、エンブレム、スパロー
  • ガイド付きゲーム
  • 拡張コンテンツ
  • シーズンパス


注意!

プレイヤーは、アクセス禁止または制限を受けたアクティビティに関連する全ての装備にアクセスできなくなる可能性があります。これは、ベンダーからの購入、週のクランエングラムからの獲得など、アクティビティに無関係の方法で入手した装備も含まれます。




禁止に対する異議申し立て


禁止や制限を受けた場合、禁止または制限に対する異議申し立てフォームを利用して決定に異議を申し立てることができます。お問い合わせフォームからチケットを発行する前に、このページを最後までよくお読みください。 

  • 永久的なアカウント禁止や一時的制限は、必ずトレーニングを受けたBungie社員による徹底調査を行った上で施行されています。異議申し立ての処理プロセスは、利用規約と行為規範に違反するプレイヤーを検出して罰則を科すためのツール改良に役立てることを意図して考案されたものです。 

  • 制限は一時的なものですが、制限期間終了まで制限を取り消すことはできません。永久的禁止は、同じ行為の繰り返しまたはこの方針への極端な違反に対する制限拡大の結果です。 

  • BungieはプレイヤーにとってのDestinyの快適なプレイ環境維持を目的としてアカウント制限を行っており、アカウント制限を軽視することはありません。アカウントに対して制限が課せられた場合、分別のある人ならばその不正行為が故意に行われていたと誰でも結論付けるような証拠があったことを意味します。

  • プレイヤーは各自、オンラインアカウント、ゲーム機ハードウェア、Destiny世界での行動に対して責任を負います。他のユーザーに自分のDestinyアカウントの使用を許可する時には十分ご注意ください。

禁止または制限に対する異議申し立てフォーム


トップに戻る



制限を受けた理由は?


制限を受けた理由は?


アカウントやデバイスの制限に言及するメッセージを受け取った場合は、そのメッセージに記述されるアクティビティへのアクセスを一時的に失ったということになります。
  • アクセス制限のメッセージには、制限対象のアクティビティ、制限期間、制限が課せられたのはアカウントなのかデバイスなのかが記載されています。
  • アカウント制限を受けたプレイヤーは、制限期間が終わり次第、制限を受けていたDestinyアクティビティを再開することができます。
  • デバイス制限を受けたプレイヤーは、制限期間が終了するまでそのデバイスで制限を受けたDestinyアクティビティをプレイすることができません。




不安定な接続


Destinyをプレイする時に一貫して接続が不安定なアカウントがある場合は、Bungieは他のプレイヤーへの悪影響を考慮しそのアカウントのアクセスを制限したり禁止することがあります。

ネットワークや接続の質を安定化させる方法については、ネットワーク修復ガイドをご参照ください。

ネットワーク修復ガイド




頻繁な放棄や接続不良による離脱


Destinyのクルーシブルまたはギャンビット対戦で頻繁に放棄または離脱が見られる場合は、制限や禁止が課されることがあります。




サードパーティのPCアプリ


PCでもDestiny 2を公正に楽しくプレイしてもらえるように、サードパーティのアプリケーションがゲームクライアントにコードを挿入できないようにしています。これにより、Destiny 2のPC版と一般的に使われているサードパーティのアプリケーション機能との間の互換性が失われる可能性があります。

Destiny 2のPC版と互換性がない可能性がある機能の例は、Destiny 2のPC版とサードパーティのアプリケーション機能の互換性記事をご参照ください。

Destiny 2のPC版とサードパーティのアプリケーション機能の互換性




行為規範またはライセンス契約への違反


Destinyを管理する行為規範ライセンス契約に違反する行為があったとBungieが判断した場合、Destinyの一部または全てのコンテンツやアクティビティからアクセス制限または禁止を受ける可能性があります。

例として、以下のようなものが挙げられます(これらに限定されるものではありません)。
  • 以下のいずれかを使ってDestinyのゲームサービスに接続:
    • 手が加えられたゲームのソフトウェア
    • 手が加えられたゲーム資産
    • 手が加えられたハードウェア
    • 手が加えられたファームウェア
    • エミュレータや仮想マシンなどのファイルが含まれた、手が加えれらたオペレーティングシステム
  • 外部プログラムを用いたDestinyのゲームソフトウェア動作の変更または分析 - 例:
    • トレーナー、改造、不正行為、エイムボット、オートファイア
    • ユーザーモードやカーネルデバッガー
    • グラフィックのハッキング
    • 悪意のあるネットワークトラフィックをDestinyサーバーまたは他のDestinyプレイヤーに送信
  • 外部プログラムや外部デバイスを用いてゲームプレイを自動化したり、アイドリング状態の検知を回避
  • 他のプレイヤーのゲームプレイを妨害したり、ゲーム内で優勢に立つ目的でDestinyのネットワーク通信を変更したり妨害する行為
  • 上述の区分において、他のプレイヤーの行動から意図的にゲームプレイ関連の利益を引き出す行為
  • Destinyのソフトウェアやダウンロードコンテンツへの無許可のアクセス(ゲームの著作権侵害)
  • Bungie、Microsoft、Sony、Blizzard、Valve、Activisionの社員になりすます行為
  • 他のプレイヤーのゲーム体験を損ねるようなオンライン上の挙動 - 例:
    • 憎悪発言、嫌がらせ、メッセージの大量発信
    • 習慣的な不公正な行動
    • マッチメイキングのアクティビティで習慣的にゲームを中断したり放置する行為
    • 別のプレイヤーのアカウントにログインし、そのプレイヤーのアイテムやキャラクターを意図的に削除する行為
  • 対戦モードのクルーシブルまたはギャンビット対戦を習慣的に途中放棄すると、クルーシブルまたはギャンビットへの30分間のアクセス制限が課せられます。

行為規範  限定ソフトウェアライセンス契約


注意!

Bungieは、不正を繰り返すことが確認されたDestinyアカウントやプレイヤーのハードウェアを永久的にアクセス禁止する権利を有します。アクティビティ禁止や制限について、複数の不正行為が確認された場合にはデバイス禁止に発展することがあります。さらにBungieは、利用規約に対する重大な違反であると判断された場合には、初めての違反であってもDestinyアカウントやプレイヤーのハードウェアを永久的にアクセス禁止する権利を有します。




装備、アイテム、コンテンツに対するアクセス制限


特定のアクティビティのアクセス制限を受けた場合、そのアクティビティに関連する装備やアイテムにもアクセスできなくなることがあります。例として、以下のようなものが挙げられます(これらに限定されるものではありません)。
  • 武器、アーマー、ゴースト
  • 消費アイテム、改造パーツ
  • バウンティ、ミッション、クエスト
  • アドベンチャー、マイルストーン、週のエングラム 
  • シェーダー、船、エンブレム、スパロー
  • ガイド付きゲーム
  • 拡張コンテンツ
  • シーズンパス


注意!

プレイヤーは、アクセス禁止または制限を受けたアクティビティに関連する全ての装備にアクセスできなくなる可能性があります。これは、ベンダーからの購入、週のクランエングラムからの獲得など、アクティビティに無関係の方法で入手した装備も含まれます。




制限に対する異議申し立て


禁止や制限を受けた場合、禁止または制限に対する異議申し立てフォームを利用して決定に異議を申し立てることができます。お問い合わせフォームからチケットを発行する前に、このページを最後までよくお読みください。 

  • 永久的なアカウント禁止や一時的制限は、必ずトレーニングを受けたBungie社員による徹底調査を行った上で施行されています。異議申し立ての処理プロセスは、利用規約と行為規範に違反するプレイヤーを検出して対処するためのツール改良に役立てることを意図して考案されたものです。 

  • 制限は一時的なものですが、制限期間終了まで制限を取り消すことはできません。永久的禁止は、同じ行為の繰り返しまたはこの方針への極端な違反に対する制限拡大の結果です。 

  • BungieはプレイヤーにとってのDestinyの快適なプレイ環境維持を目的としてアカウント制限を行っており、アカウント制限を軽視することはありません。アカウントに対して制限が課せられた場合、分別のある人ならばその不正行為が故意に行われていたと誰でも結論付けるような証拠があったことを意味します。

  • プレイヤーは各自、オンラインアカウント、ゲーム機ハードウェア、Destiny世界での行動に対して責任を負います。

禁止または制限に対する異議申し立てフォーム


トップに戻る



制限や禁止を受けないために

制限や禁止を受けないために



ゲームを普通にプレイしているだけで罰せられることは決してありません。タワーでベンダーの頭に乗って踊ったり、クルーシブルの対戦中にグレネードを使いまくったり、荒野の崖の上に何時間も座ってきれいな景色を眺めたりと、Destinyを各自の方法で楽しんでいただきたいと思っています。Destinyの楽しみ方は人それぞれです。一般的に言えば、単にゲームをプレイしているだけであれば、この文書で説明されているような執行問題に遭遇することはありません。

さらに、Bungieは以下の行為は問題ないものとみなしています。
  • データファイルから抽出されたゲームデータを見る目的でデータフォーマットを解析調査するために静的解析を実行する行為。注: 起動時間分析は許可されておらず、アカウントまたはデバイスの禁止に繋がる可能性があります。
  • Destinyやそのゲーム資産に関する情報の非営利的な方法での公開や共有行為。
  • Bungie.netやコンパニオンウェブAPIに多大な負荷をかけない方法での、これらサービスのユーザー向け機能へのアクセス行為。

トップに戻る



不正行為の疑い報告

不正行為の疑い報告



Bungieでは不正行為に関する報告を深刻に受け止めています。これらの報告や自社ツールを使用して、自分のまたは他のプレイヤーの接続を改ざんしたり、その他不正とみなされる行為を行うプレイヤー、またBungieの利用規約に違反するプレイヤーについて調査を行います。

不正行為の疑い報告ページで、Destiny、Bungie.net、またはお問い合わせフォームからプレイヤーを通報する方法をご確認ください。

不正行為が発生したと思ったら報告


トップに戻る



重要な情報

重要な情報


アカウント制限と禁止に関して、詳細は以下を参照してください。

  • Steam Play Proton: DESTINY 2 はSteam PlayのProtonには対応していません。

  • PCのサードパーティのアプリ: PC版Destiny 2と互換性のないサードパーティのPCアプリを起動している場合、ゲームプレイに影響したり、ゲームが正しく起動しない恐れがあります。Discord、XSplit、OBS、RTSS、およびDestiny 2のPC版とサードパーティのアプリケーションに見られる機能の互換性ガイドで説明されるその他アプリなど、一般的なサードパーティのアプリケーションを使用したことを理由に、Bungieがプレイヤーのアクセスを禁止または制限することはありません。ただし、プレイヤーがサードパーティのアプリケーションを使って行為規範、または前述のDestinyを管理するライセンス契約に違反するような行為を行った場合には、Bungieはそのプレイヤーのアクセスを禁止または制限する権限を有します。禁止と制限は自動的には課されません。アカウントやデバイスに禁止または制限を課す前に、Bungieは違反行為と思われるものを全て調査しています。

  • ゲームのバグを利用した裏技: ゲーム内でバグを利用した裏技を見つけた場合は、#ヘルプフォーラムに報告してください。裏技を見つけても、アクセス制限や禁止を心配する必要はありません。裏技を見つけたプレイヤーにBungieが罰則を与えることはありません。全プレイヤーのプレイ体験が損なわれないためにも、ゲーム内でバグを利用した裏技を見つけた場合には報告をよろしくお願い致します。

  • プレイヤーの通報: ネットワーク接続やコンテンツを操作していると思われるプレイヤーを見つけた場合は、ゲーム内の通報ツールを使用してください。何らかの理由でゲーム内の通報ツールが使用できない場合は、お問い合わせフォームを使って通報してください。

  • weasel エラー: Destinyログイン中にアクセス禁止または制限を受けた場合、そのプロセスの一環としてDestinyサービスから切断され、エラーコード「weasel」が表示されます。この挙動は意図的で、単なるエラーコードと関連する切断によって禁止または制限されたわけではありません。さらに、エラーコード「weasel」は、Destinyサービスへの接続切断を引き起こす可能性のあるあらゆる問題に使用されるコードであることをご理解ください。エラーコード「weasel」が表示された場合でも、必ずしも禁止または制限が課されるわけではありません。

  • Destinyリリース間のアクセス制限: Destiny 1でアクセス制限または禁止を受けた場合でも、Destiny 2で禁止または制限を受けない限りは、Destiny 2は禁止の対象ではありません。ただし、Bungieのゲームでアクセス禁止または制限を受けたことがある場合は、リスクの高いプレイヤーとしてみなされます。リスクの高いプレイヤーは、今まで禁止または制限を受けたことのないプレイヤーと比べて、禁止や制限を受ける基準が厳しくなります。

トップに戻る
このコンテンツはご覧いただけません。
preload icon
preload icon
preload icon