JavaScript is required to use Bungie.net

今週のBUNGIE – 2022年4月14日

Bungieは今週、ルラクが冷静さを取り戻したことや、レイドや迷宮の新しい楽しみ方について語ります。  

もう4月半ばだなんて何かの間違いでは? 夏に向けて駆け足で時が過ぎてゆく中、私たちは宇宙を旅するヒーローたちの未来を見据えて取り組みを続けており、Destiny 2に来るさらなる変更を早く皆さんに発表したくてワクワクしています。これから数週間の間に、武器サンドボックスの変更点やその他のトピックについてお話する予定です。本日は、レイドや迷宮など、ゲーム内の高難易度アクティビティの新しいローテーションシステムについてお伝えします。  

さて、準備はいいですか? さっそく見ていきましょう!  

迷宮とレイド 

片目を閉じて、さらにもう片方の目を細めて見たら…

レイドや迷宮の変更点の説明に入る前に、大声で言わせてください。難易度「達人」の「門弟の誓い」が来週解禁されます! さらに威力を増したルラクの蹴りを顔面に受けることができるようになるのです。難易度アップの詳細として、パワーレベルは1580になり、そこから+30がシーズンの上限です。壁が高いほど燃えるタイプ? それなら、難易度「達人」で挑戦を完了すれば、レイドの印獲得に近づくことができますよ。また、各戦闘を完了すると、特定のレイド武器の「新」バージョンがドロップする可能性があります。 

より難易度の高いDestiny 2コンテンツをクリアすれば、相応の報酬が待っているということです。「門弟の誓い」(達人)は来週4月20日に解禁されるので、必要なレベル上げを済ませて装備を万全の状態に整えておきましょう。難易度「達人」を甘く見てはいけませんよ。  

ですが、これだけではありません。 

プレイヤーが玉座の世界を探索し、目撃者の影響の本質が明らかになるにつれ、過去にリリースされたレイドや迷宮のコンテンツに戻る理由を求める声が聞こえてくるようになりました。Destiny 2のレイドや迷宮の体験に新鮮味を与える一つの方法として、シーズン17から特定コンテンツの新たなローテーションシステムを導入します。これは、一つのシーズンを通してレイドや迷宮をより魅力的なコンテンツにすると同時に、フレンドやクランメンバーと様々なアクティビティに飛び込む際に、いろんな形でプレイを楽しめるようにするためのものです。  

新しいローテーションシステムにはシーズンと週間の2つのカテゴリーがあり、プレイヤーが毎週のパワー上げに励む際にも少し新鮮味を感じられるようになっています。まず、シンプルで分かりやすいシーズンローテーションから説明します。  

毎シーズン、新しくリリースされるレイドや迷宮では、すべての戦闘で最高峰報酬が付与されます。例として、シーズン17の「門弟の誓い」と近日公開の迷宮「[編集済み]」が挙げられます。これ以外では、レイドローテーションと迷宮ローテーションがあり、それぞれ完了時には最高峰報酬が得られます。

週間ローテーションでは、シーズンローテーションのリストに入っていないすべてのレイドや迷宮が登場する可能性があります。救済の庭園にいるベックスにまた会いたい? どうぞ! あの非常に印象的な(そして私のようなパニックになりやすいプレイヤーにとってはとてつもなくストレスを与える)リベンとの最終対決にまた臨みたい? 変わっていますね… ですが、それならばその思いのままに進んでください。幸運を祈ります。 

報酬は何がどう変わるのか? 週間ローテーションでは、特定のレイドや迷宮の最後の戦闘を完了すると、週間の挑戦から最高峰報酬が付与されます。「ガラスの間」(達人)のように、より高い難易度が用意されているレイドや迷宮の場合は、その難易度も選択できるようになります。  

あ、そういえば、ファーミングが好きだって言ってましたよね? 新しいローテーションシステムではそれも可能です。レジェンダリー装備の戦闘報酬ロックアウトがなくなり、レイドと迷宮の両方ですべてのレジェンダリーアイテムのファーミングが可能になります。ローファイミュージックをかけ、温かい飲み物を片手に、心ゆくまで欲しいアイテムを追い求めてください。もちろん、やるかやらないかはあなた次第です(そこがポイントです!)。  


今後の変更点 | パッチノートのプレビュー

シーズンも中盤に差し掛かってきました。つまり、少し整理をする時期が来たということです。今回は、「源泉: 襲撃」でオブジェクトを持ち運ぶ際のちょっとしたフェイルセーフシステムの追加、レイド「門弟の誓い」におけるルラクとその仲間たちの微調整や、放浪者がさらに誇らしくなるようなギャンビットの変更に取り組んでいます。 

小さなパッチプレビューをご用意しました。4月20日にDestiny 2に実装予定の調整の一部をここでご紹介します。  

源泉: 襲撃:  

  • 源泉(達人)において、タイマーが数秒しか残っていない状態で目標を達成した場合、チームが誤って全滅させられてしまうことがある問題を修正。  
  • 源泉の儀式フェーズとボスフェーズの両方で、持ち運び可能なオブジェクトが環境外にスポーンしないようフェイルセーフシステムを追加。 

幻影の祭壇:   

  • 幻影の祭壇が適切に表示されないため、証拠ボードのクエスト「報告: 幻影の祭壇」を完了することができない問題を修正。 
    • 幻影の祭壇が適切に表示されるようになりました。  

レイド「門弟の誓い」:   

  • ルラクが突然恥ずかしがり屋になって最初のフェーズに正しく移行しなくなり、結果としてプレイヤーの進行が妨げられる問題を修正。  
  • 世話人の体力バーのUI表示に一貫性がない問題を修正。  

オシリスの試練:   

  • 不敗達成後の勝利時に得られるはずの報酬が付与されない問題を修正。  

テキストチャット:   

  • コンソールのテキストチャットでバーチャルキーボードが使用可能になりました。  
  • テキストチャットのメッセージをより読みやすくするための改良が施されました。 
    • システムメッセージがイタリック体で表示されるテキストフィールドを追加。 
    • 差別化を図るため、ローカルチャットを白色からオレンジ色に変更。
    • ゲーム内色覚モード設定のチャット色の区別を明確化。  

武器作成:   

  • 成分の数を確認できる消費アイテムを追加。 
    • このアイテムはレリック導管から入手可能です。  
    • アイテムの数に制限はないので、いつでも破棄・再入手ができます。 

アーティファクト:   

  • 25個のアーティファクト改造パーツをすべて解除したプレイヤーは、グリマーの追加コストなしでアーティファクトをリセットすることができます。  
    • 25個のアーティファクト改造パーツをすべて解除すると、その時点からリセットは無料になります。 

スキル:   

  • 複数の標的を素早く連続で倒した場合、吸引のバフ時間が短くなることがある問題を修正。 
  • 敵が放ったアクシオンボルトの追尾弾に対する照準補佐標的捕捉を追加。自分や味方を追いかける弾を狙いやすくなります。 

今回のパッチでは、安定性やクラッシュに関する問題や、シュールが扱う商品のステータスの問題が修正されます。また、ラフールの惑星材料がリセット時に再びローテーションするようになります。  

今日ご紹介したのは、4月20日のパッチノート配信で予定されている調整のほんの一部に過ぎません。 


プレイヤーサポートレポート

モスマンとモスプラン。

 

毎週恒例、プレイヤーサポートチームからのお知らせのコーナーです。プレイヤーサポートチームが、既知の問題や最近の変更点など、注意すべき点を読みやすくまとめて伝えてくれます。  

何より、彼らは本当にクールなんです(私の偏見かもしれませんが)。  

今週の報告は以下のとおりです。 


PC版Xbox Game Pass

2022年4月12日をもって、Destiny 2および拡張コンテンツ(孤独と影パック、「影の砦」、「光の超越」)はMicrosoft StoreのPC版Xbox Game Passでの配信を終了しました。PC版Xbox Game Passを通じてDestiny 2のDLCにアクセスしていた場合、今後もアクセスを維持するためには各拡張コンテンツを購入する必要があります。 

「メッセージが多すぎます」

2022年4月14日にゲーム内テキストチャットの変更が実施され、「メッセージが多すぎる」という内容の警告が予想より早く発生することにつながった最近の変更が調整されました。この修正により、ゲーム内通信をより多く使用できるようになりました。特にレイド「門弟の誓い」のように複数の声かけを必要とする場面で、ファイアチームのメッセージをより効率的に使用できるようになります。 

更新4.0.1

来週4月20日(水)、Destiny 2 更新4.0.1がリリースされます。メンテナンス時間については、以下のスケジュールをご覧ください。(以下すべて日本時間)    
  • 午前1時: Destiny 2のメンテナンス開始。   
  • 午前1時45分: Destiny 2がオフラインになります。    
  • 午前2時: Destiny 2 更新4.0.1の配信が全プラットフォーム、全地域で始まります。    
  • 午前3時: Destiny 2のメンテナンス終了。 
以下は、更新4.0.1で修正予定の問題のリストです。 
  • 勝利の道のり「シナプティック・ファナティック」が一部のキャラクターで解除されない場合がある。 
  • 玉座の世界にいるルーセント執行者が日替わりでローテーションせず、花開く運河から動かなくなっており、勝利の道のり「バウンティハンター」を進行することができない。 
  • ゴースト改造パーツ「コンボ探知機」と「ウォンボ探知機」が玉座の世界のクレートを追跡しない。 
  • 装備から新規アイテムであることを示す輝きが消えない。 
  • シーズンのショットガン「無謀なる危機」を分解した場合、コレクションから再取得できない。 
  • 複数の敵を倒した場合と1体の敵を倒した場合のウォーロックの吸引のタイマーに一貫性がない。 

エンブレム「クリーバー」の付与 

レイド「門弟の誓い」を競合モードが有効な間に完了したプレイヤーにエンブレム「クリーバー」を付与する作業を行っています。エンブレムは、4月20日からの1週間以内に順次お届けする予定です。 

メールが届かない問題について 

このページに記載されているトラブルシューティングの手順を踏んでもメールが届かないという問題が発生しています。現在、問題の解消に向けて調査を行っています。  

進展があり次第、改めてお知らせいたします。 

既知の問題 

Destiny 2の重大な問題に関する詳細情報は、既知の問題記事でご確認ください。他の問題に遭遇した場合は、ヘルプフォーラム(#Help)に報告してください。 


ミームとフリースタイルラップがバーにやってきて…

このジョークを知っていたら、待ったをかけてください。

 

映画はお好きですよね? ハンターがボイド3.0で大変身して話題になっているので、私もタイタンに活躍の場を与えなければと思い、ファンメイドの動画をひとつピックアップしました。タイタンが輝くのに、素晴らしいフリースタイル以上の方法があるでしょうか? 紫色のキャプテン・アメリカのように、無造作に物をパンチしたり、盾を投げたりする以外に。  
 
2つ目の作品は、聖書が関係するミーム動画です(どんなジョークかは見れば分かると思います)。  

では、お楽しみください! 

今週の動画: タイタンとフリースタイル


今週の動画: 聖書的に正確なDestiny 2のゴースト(やや汚い言葉遣いがあります)





この美しい芸術を目撃せよ

 

アートも忘れてはいけません! 私たちが今週ピックアップしたお気に入りの作品をいくつかご紹介しましょう。メカチームとモンスターチームが切磋琢磨する様子が伺えます。  

今週のアート: メカチーム 


今週のアート: チームモンスター 


コンペだけに独占されるわけにはいきませんよね。そこで… ボーナスラウンド! Leyla作のこのアートは、古典的な芸術と脚線美が融合しています。 
 
今週のアート: 門弟の作品


これからも、皆さんのクリエイティブな作品をお待ちしています! Destiny 2のアートや動画を投稿する際は、「#Destiny2Art」、「#AOTW」、「#MOTW」のタグを付けるのをお忘れなく。
 

結果発表! 

最後にもうひとつ! モンスターとメカが対決した結果、勝ったのはどちらだったのでしょうか? 先日、今年後半に開催される死者の祭りで登場するアーマー装飾を決めるため、プレイヤーの皆さんに投票をしていただきました。モンスターは2年連続での挑戦でしたが、どうやら世界中のガーディアンの心を掴んだのはメカのデザインだったようです。それでは、結果を詳しく見てみましょう。メカチームが52%の票を獲得し、僅差で勝利しました。モンスターチームも48%の票を獲得し、圧倒的な存在感を示しました。 





甦生のシーズンが進むにつれ、物語は次の展開へと急速に近づいています。今後どんなことが待っているのか、ガーディアンの皆さんにお伝えできることを楽しみにしています。武器の変更や新しいギャンビット研究室など、今後の展開については毎週お送りする「今週のBUNGIE」記事をご確認ください。  

次回まで、みんなに親切にして、水分補給を怠らず、誰かのために何か良いことをしましょう。ではまた、Destinyの世界でお会いしましょう! 


「行かなくちゃ」
<3 ヒッピー
このコンテンツはご覧いただけません。
preload icon
preload icon
preload icon