JavaScript is required to use Bungie.net

自らを戸惑わせるもの

火星

「お前の過去には目をつむろう」

真紅の光が揺れ、発散し、短い間隔で岩壁を横切り、波紋のように押し寄せている。神聖視された企みが審判に晒され揺れている。

「信用というのは簡単には手に入らない」オシリスの目がウォーマインドの光に洗われる。彼はサラディンの言葉を思い出した。そしてかつての名を思い出していた。彼はその光の流れに対し、再び自らの小ささを感じている。孤独だ。

オシリスはラスプーチンの評価の重要性を感じている。律動的な暗号が押し寄せ、複雑な動きの中に投射物を表示する。オシリスの顔が複数の黄金の層に分かれ、その情報を飲み込んだ。目はあらゆる方向を向いており、過去を隈なく探している。ラスプーチンが太陽系のモデルを生成し、太陽の影響下の端に存在する異常信号をハイライトしている。オシリスの精神はそのデータを特定の目的のためにふるいにかける。 

彼は導かれた。

ついてくる者は誰もいない。

追いかける対象も存在しない。

酸化した塵が離着陸場を磨き上げる。オシリスがバンカーを出てジャンプシップに乗り込むと、サギラが彼を迎え入れた。

「どうでしたか?」

「予想より良かった」

「アナに挨拶はしましたか?」

「彼女は忙しい。手がかりを手に入れた」

オシリスが操縦桿を握る。彼の視線は中空をさまよい、複数の対象物の間を漂っている。

「本当に今すぐ出発しなければならないのですか?」サギラが彼の視線を遮った。「セイントならきっと――」

2人の目線は噛み合わない。

「長い旅になる」

サギラが折れた。彼女の声が鋭くなる。「どれぐらいですか?」

カイパー・オールト拡大

||カイパー・スリングショット完了: コース修正; ネガティブ; ブレークライン軌道失敗||

||警告: 重力異常: 船首|| 

オシリスがヘリオポーズを横切る間、太陽の暖かさは剥がされ真空へ霧散していく。彼の顔が無の静寂に包まれる。  

「これは何でしょう?」

オシリスは異常を目にし、安堵の溜息をつく。

「答えだ」

「何か… 違和感を覚えます」サギラがオシリスの肩の周回軌道から離れ、その声は干渉を受けて割れている。

「船から離れないほうがいいかもしれません」

「どうせならもっと良い提案をしてくれ」

オシリスは小声で不満を漏らすとエンジンを切った。「長くはかからない」

||コース修正;ネガティブ;ブレークライン軌道失敗||

「ありえません」サギラは歪んだ静寂をスキャンする。「ここには何も存在しません、オシリス」

「それなら心配する必要はない」

サギラは彼に向かって虹彩を細める。「トランスマットする場所さえ見つかりません」

「問題ない」

「え?」サギラは異常を見つめた。「何を証明しようとしているのですか?」

オシリスはヘルメットにバイザーを固定し、ベルトに座標ビーコンを取り付ける。シューッという音を立てながら、彼の頭が圧力を強める大気圏の中を泳ぐ。

「どこかに導いてくれるはずだ」ヘルメット無線が干渉を受けた。
サギラはがっかりしてうなだれる。「どうです?」

オシリスが彼女を覗き込む。その目は不機嫌で重々しい。そしてうなずいた。

彼らの目の前で巨大な口が開き、不快なあくびをした。鮮やかに広がる、不透明な誘惑の層。彼らは漂う。深淵の心地よさが肌を震わせ、実体のある静寂を生み出す。無音の静的な停滞が、意識の縁で沸き立っている。

||衝突警告: 船首 | コース修正;ネガティブ;衝突物接近||

異常な口がこちらを歓迎している。それは食道であり、満たされることのない飢えであり、奥では現実が花弁のように分かれ、太陽を飲み込もうとしている。その深みは歪んでいる。甘い香りが辺りを漂っている。それは彼を包み、動くことなく下降し、穏やかな認識によって恐怖を追い払う。広がり、歪み、押し込む。

||衝突警告: 右舷;船首;側面;ラジアル;船尾;船首;側面;左舷:船尾;ラジアル;左舷:船首 | コース修正: ネガティブ;軌道失敗;衝突: 失敗|| 

全てを飲み込むまで、前方と遙か彼方の空間を縫うように進む。ある地点まで。波のような拡張のまっただ中の孤独と硬直。遠くへ、端へ、前方へ、ただひたすらに深く。

旅する目撃者、オシリス。反抗的な後継者。真実となった破られし約束。生命の玉座に求められる外殻。ツタを切り落とす大ばさみ。空虚の番人。高揚し意気消沈した精神。追求することだけを求める滞在者。

彼が戻ってくる。彼の船の中にある影となった天蓋からサギラの光を明滅して見える。星のない歪みが、光り輝く記憶の海を通して、紡がれ破壊される。遙か彼方の地点へと流れる。

その地は痩せ衰え、手を伸ばせば、指先でその壁を払いのけられそうだ。オシリスは暗く静かな安らぎの中に立っている。彼は落ち着いた様子で歩く。遙か下方と上方で、白く軋んでいる青白い川に平行して流れている深淵の中を泳いだ。 

彼は自らのエコーを送り込む。エコーたちはその食道の中で何も見つけることができない。エコーは彼の指先にある壁を押し、希望の道を探した。彼らは何も感じなくなるまで漂流する。そのもつれは途切れることも残ることもない。

彼の前で、歪んだ場所は和らぎ、分断され、権威の座を花開かせる。光の海の中にある玉座の中心に、金属の種がぽつんと置かれている。ネクサスだ。彼はそれを引き上げた。その滴がまばゆい光を生み出し、それが速度を上げながら全体に広がり、食道を洗い流す。

暗闇は冷たく輝く合金に取って代わった。 

そして論理と無形の粒子となる。 

権威の座は予言に困惑し、調和を模した鈍い調べを鳴り響かせる。それらはオシリスに向かって叫ぶ。彼の精神に向けて。いつまでも諦めることなく、彼固有の因果を渇望する。断続的に成長するだろう。死から死へと、永遠に。
希望の道は融合を始める。 

オシリスはサギラの瞬く光の中へと逃れる。食道が振動し、感覚を伴ったクロムのような光の中を歩く彼を追い立てた。サギラを呼ぶ。船を開くために。彼につきまとう偽りの光の波を打ち消すために。そして――
「考えを改めてくれてよかったです」 

オシリスのジャンプシップが太陽のほうに向き直る間、サギラのシェルがコックピット全体に光を反射する。「準備はいいですか?」

||カイパー・スリングショット・ジャンプロック: 軌道クリア; グリーンライン||
「サギラ…」彼は冷たい金属の種を握りしめた。「そうだな」

インクの海の中、ぼやけた太陽が遠くに浮かんでいる。その欠けていく光がオシリスの目の焦点を焦がす。他は何も見えなくなり、揺れる。エンジンが期待を胸に音を立てている。船体は角張った影の中にその体を浸していた。

このコンテンツはご覧いただけません。
preload icon
preload icon
preload icon