JavaScript is required to use Bungie.net

あと1日

5年前、私たちは共に旅を始めました(Bungieの数名にとっては、Destinyがまだ着想でしかなかった頃から続く旅です)。あり得ないほど素晴らしい日々もあれば、暗い暗黒の日々もありました(ディレクターズカット - PART IIIの最後で触れています)。2014年9月9日からのこの5年間で、本当に多くの変化がありました。プレイヤーの皆さん、私自身、Bungieチーム、Destiny、そしてその世界。 

2019年は、これまでなかったDestinyの明確なビジョンを描き、共有してきました。プレイヤーの皆さんが思い出を作り、有意義に変化させることができる単一の世界の構築という、私たちが思い描いていたDestiny 2の実現に向けて動いています。今年、私たちのチームはその責任の重さをひしひしと感じてきました(散々なゲームをした日のプレイヤーでも、私たちほど自らに厳しく当たる人はいないでしょう)。ですが今私たちには1つの目標があります。使命です。 

10月1日はDestiny 2の目指す未来に向けた第一歩です。この秋に起こる全てには大きな意味があります。Destiny 2は根本的に進化し、ある意味生まれ変わります。「影の砦」、「新たな光」、クロスセーブ、プレイヤーの皆さん、私、そして仲間。全てです。 

単なるDestiny 2の次章ではなく、私たちの次なる章です。 

明日、私たちを含む多くの人にとっての旅が始まります。この数か月は、皆さんのおかげで素晴らしい時間になりました。夜を照らす光のような皆さんに感謝しています。皆さんはDestinyの星です。新しく仲間入りするガーディアンのこともどうか光で照らしてあげてください。彼らはタワーをうろついたり、公開イベントに独りで参加したり、クルーシブルに初挑戦したり、レイドの仕組みを知ろうとするでしょう。あなた方なら目を閉じていても容易いでしょう。誰にでもそんな時代があったはずです。 

お互いを助け、思い出を作り、月に戻ってそこでの過去5年間を振り返りましょう。5年経ってから言うのも奇妙な感じがしますが、ここからが始まりです。 

それでは、また。 

ルーク・スミス

このコンテンツはご覧いただけません。
preload icon
preload icon
preload icon