JavaScript is required to use Bungie.net

回収したアイテム
1840 / 2587
ビークル // シーズン4
アエビターナル XXII
ヘラス盆地の発掘で回収された、保存状態が非常にいい黄金時代の標本。
ケルの死
スパイダーにとってケルとは何か?
アンファイナルシェープ
「私のは最終形ではない。彼女がそれを教えてくれた」——エリス・モーン
感染捜索者
それを見ると時は、すでに手遅れだ。
ハートのクイーン
「彼女のは袖に巻いてあった。俺のは彼女の手に握られてたよ」——ケイド6
小型ガレー船パラス
小惑星の間をすり抜けるのに適した小回りの利くリーフ船。
疎遠
「煙。葉っぱ。戦友。思考。命。土埃り。何にもしがみつこうとするな」——放浪者
エルミンTAC-717
この太陽系に持ち込まれた、失われた非凡なブループリントから作り直された。
来世
「この未知の国の小川から帰ってきた旅行者はいない… 今までは」
星の道
道なきところへ行け。
無礼な仲間
「いろいろ言われてきたが、「礼儀正しい」と言われたことなんてないし、これからもないだろうな」——ケイド6
自制の月
「飛ぶことは息を吐くようなものだった。自然に身についたよ」——アマンダ・ホリデイ
美しき重力
「昔は「世界の重さ」なんて言ったりしたな」——クオンティス・リー
星々がぶつかる場所
「星が息を引き取るところを見たことがあるか?」
二分心の約束
私の夢は石に刻み込まれている。
最後の夕日
二度と来ないようにしろ。
画期的な地図製作者
「宇宙の隅々まで記録するのが我々の仕事だ」
物語の中心
「そこにいたい」
土星の宝石
アマンダ・ホリデイ特製の高度な改造装置。
くすぐられた大惨事
気を付けたほうがいい。
アステラ・ブレード
伝説を作る船。
バックソーン・アプローチ
「これが星空を舞い上がるなんてちょっと不気味かもしれないけど、心配しないで。ちゃんと飛ぶんだから」——アマンダ・ホリデイ
マーマレーション
誰も1人では飛ばない。
このコンテンツはご覧いただけません。
preload icon
preload icon
preload icon