JavaScript is required to use Bungie.net

今週のBungie – 2018年6月7日

今週、Bungieは「孤独と影」を発表しました。 

Destiny 2の2年目は、9月4日に新たなストーリーとともにスタートします。皆さんを新たな場所へと連れて行き、プレイの仕方を変えるような大規模な計画を用意しています。まだご覧になっていない方は「Destiny 2: 孤独と影」発表のViDocをぜひチェックしてみてください。



私達ははDestiny 2のあらゆる楽しみ方を強化することに専念し、2年目それを実現するための多くの変更を予定しています。前述のViDocを放映した後は、9月に計画している内容に関するライブインタビューを行いました。リアルタイムでご覧になれなかった方のために、いつでも見られるアーカイブを用意しています。



動画の内容を、以下に簡単にまとめます。
  • 「孤独と影」は、すこしダークなトーンで描かれる、無法地帯を舞台にした新たな物語です。
  • 入り組んだ岸辺は、小惑星と謎から成る、新たなロケーションです。
  • 夢見る都市は初めてのゲームクリア後ロケーションで、最大の挑戦の舞台となります。
  • スコーンは新たな敵であり、あなたはリーダー格のバロン8体を追うことになります。
  • 新しい武器システムが実装され、自分の戦闘スタイルをカスタマイズしやすくなります。
  • ランダムロールを追加し、改造システムを改善することで武器のカスタマイズを強化します。
  • 新登場のマスターワークスタイルシステムで、武器を徐々にレベルアップできるようになります。
  • ガーディアンは新たなスーパースキルを習得し、新たな戦略を生み出せるようになります。
  • 新しい武器タイプ、弓が登場します。
  • PvEとPvPを組み合わせた競争型の協力アクティビティ、ギャンビットが登場します。
  • 夢見の都市に、新しいレイドが登場します。
  • 新登場のコレクション機能によって、入手可能なアイテムをすべて確認できるようになります。
  • 新登場のトライアンフ機能によって、達成した実績と伝承をすべて確認できるようになります。

新たなストーリーについて、詳しい説明はE3で行います。また、ギャンビットはE3とGuardianConで試遊できます。

また、今週予定表も更新し、Destiny 2全てのプレイヤーが9月にプレイできるようになる内容についての詳細をお伝えしています。また、6対6のクイックプレイやランブルのプレイリストの常設を含む、夏の更新への追加もあります。更新1.2.3ではプレステージのレイド・ゾーンも登場しますが、プレイするにはそれぞれが配信された拡張コンテンツを所持している必要があります。




年間パス

ストリームで取り上げたもう一つの話題は、年間パスでした。年間パスはオシリスの呪いやウォーマインドといったコンテンツが含まれていた拡張コンテンツの進化版で、熱心なプレイヤーにより多くの敵と戦い、戦利品を収集し、キャラクターをカスタマイズする手段を提供するための新たな計画です。ゲームディレクターのクリストファー・バレットが、今回の目的について詳しくお話しします。
 
クリストファー:Destiny 2の2年目は「孤独と影」でスタートする。開発チームはこの2年目を通じてプレイヤーがDestinyに戻ってきたくなるようなコンテンツの配信に専念する予定です。つまり、新たなアクティビティ、ゲームクリア後チャレンジ、成長システム、魅力的な報酬ということです。年間パスのコンテンツは冬、春、夏の3回配信する予定で、2年目全体を通して以前より頻繁にコンテンツを配信したいと考えています。

「孤独と影」および年間パスのあらゆる新要素に加え、今後もシーズンは継続し、Destiny 2の全てのプレイヤーにアップデートを配信していきます。各シーズン、全てのプレイヤーが獲得できる新たな報酬、新たなクルーシブルマップおよびモード、ゲームプレイ機能の改善、繰り返し発生するアクティビティ、特別イベントなどを期待してくれていい。

この画像は、我々が2年目で予定している内容全てを図にしたものです:



Destiny 2の2年目を本当にワクワクした気持ちで迎えています。「孤独と影」、そして年間パスが正式に配信される9月までの数週間、数ヶ月で変わっていくことについては、まもなく詳しく説明させていただきます。


研究室レポート



先週、研究室レポートを公開し、開発中のクルーシブルコンテンツについて少しお見せしました。これは研究室での最初の実験でしたが、これが最後ということは絶対にありません。シニアクルーシブルデザイナーのアンドリュー・ウェルドンが我々の決定についてご報告します。

アンドリュー:こんにちは、ガーディアン!

先週クルーシブル研究室のデビューに参加してくれた皆さん、ありがとうございました!

皆さんの多くはショーダウンの開発状況、および研究室への登場についての意思決定プロセスを知りたがっていることと思います。これらの決定と、それが研究室の初公開にとってどのような意味があったのか、この研究室の始動が今後にどう役立つのかについて、少しお話しします。

Destinyで皆さんがプレイしてきたあらゆるモードは設計、反復、テストプレイ、さらなる反復、さらなるテストプレイ、洗練、そして最後のバグ修正の産物です。これにはスタジオ内の複数の部門にまたがる多くの時間と努力が必要な工程で、プレイヤーである皆さんは、それが終わってゲーム内または報道イベントの特集や公開ベータまで実物を見ることはできません。

研究室は、この開発プロセスをコミュニティに公開することで、みなさんがもっと早い段階から我々と一緒に開発に参加することができます。ただ、研究室のような機能にリスクがないわけではありません。我々の配信基準に満たない未完成品を皆さんにお見せすることになりますので、当然修正が必要な問題もある場合もあります。

最初の研究室のプロジェクトはある程度こちらでコントロールしつつ用心深く進める必要がありました。今回の第1ラウンドの主な目的は、研究室そのものを機能させることであり、「真紅の日々」や「ダブル」を通して既にある程度配信に慣れていたショーダウンは、シンプルかつ最適なテストケースでした。研究室の公開には成功したので、今後は新たな競争型のモードからお遊び要素の強いモードまで、徐々に選択肢を増やせるようになるはずです。

基本的に、研究室に登場するモードは…
  • 具体的な配信予定やスケジュールが決まっていません
  • 配信が決定している機能や更新の開発を妨げません(例えば、夏の更新や孤独と影などのことです。研究室のモードは、既に配信が決定している機能以外の追加モードです)
  • 半公開設定で反復される場合があります
  • 開発が成功すれば、プレイリストまたはローテーションで完全版が公開されます
  • 失敗すれば二度と登場しない場合があります

この状況下でのショーダウンへの幅広いフィードバックにより、改善の余地がたくさんあることが分かりました。ですがそれで問題ありません! 皆さんが気に入ってくれているDestinyのモードの中には、プレイテストの段階ではゲームに残せるか分からないような酷い結果だったものもあります。期待していたモードが、我々が望んだ方向に進まず断念せざるを得なかったこともあります。今回皆さんをご招待した開発プロセスにおいては非常によくあることですので、このモードだけでなく今後も、皆さんの意見や感想や批評を歓迎します。

今週いただいたフィードバックに基づいた変更をされたショーダウンを今後目にするかもしれません。また、夏のアップデートに向けた新たな研究室モードもいくつか用意しています。時間をかけて徐々に精度を高め、皆さんに最高の体験をお届けできるためのベストなプロセスや手順をがっちり固めていきます。ぜひ、今後もお付き合いください!


夜は暗い



Destinyプレイヤーサポートは、ゲームのスムーズな運用に欠かせない列車のようなものです。列車の数はそう多くありませんが、ゲームに影響する問題や修正時期について最新の情報をお伝えしています。 

今週の報告は以下の通りです。

ナイトフォールの特有の報酬
今週、Destiny臨時修正1.2.1.1が配信されました。ナイトフォールの特有の報酬がドロップしない問題が解決しています。現在、ストライク「可能性の木」を2018年6月19日の週のナイトフォールに登場させるための調整を行っています。今後の更新については@Bungieでお伝えします。

ファクションラリー
更新1.2.0のリリースにより、ファクションラリーに名声システムが搭載されました。ファクションに忠誠を誓うと、公開イベントまたはパトロールを完了するか、ロケーションで重要な標的を倒すことにより、名声を獲得することができます。忠誠を誓ったファクションのフルアーマーセットを着ていると、獲得できる名声が増えます。なお、名声を失う行動も存在します:
  • 敵に倒される
  • ファストトラベルする
  • オービットに行く
  • ゲームからログアウトする
名声およびファクションラリーの変更点に関する詳しい情報については、help.bungie.netのファクションラリーガイドをご確認ください。

以下の問題は確認済みで現在調査中です:
  • 一部のファクションラリーの装飾が、水星の失われたセクターを完了しても進行しない場合がある。
  • 近接スキルでハイヴを倒す必要のある装飾が進行しない場合がある。
    • これはアークストライダーの「戦士の道」で発生することが多い現象です。
名声またはファクションラリーの装飾の進行に影響する問題に遭遇した場合は、bungie.netの#Helpフォーラムまでご報告ください。


おまけ



では、ムービーを見てみましょう。毎週、作品ページから私達のお気に入りをピックアップし、世界中にシェアしています。それでは、今週の勝者を発表します。

今週の動画: ラ・ラ・ラスプーチン





今週は非常に楽しい1週間でした。今まで取り組んできたものをようやく公開できることは、私達にとってなによりの喜びです。まだまだお知らせすることがたくさんあります。来週のE3で、遠征チームから「孤独と影」についてのさらなる情報を皆さんにお伝えする準備をしています。その後、みなさんからいただいた質問をひと夏かけてお答えしていきます。

選んだファクションを支援しましょう。火曜日のリセット後に、誰がトップになったかお知らせします

<3 Cozmo

このコンテンツはご覧いただけません。
preload icon
preload icon
preload icon